世界恐慌

スポンサーリンク
経済

菅政権、中小企業は救済しない?来年は大失業時代に突入か。

菅首相は、政府の成長戦略会議にデービット・アトキンソン氏を起用。彼は、「生産性の低い企業は『退出』させなければならない」と考えている。新型コロナで経営が行き詰まっている中小企業は今後、政府からの救済は期待できないかもしれない。来年は大失業時代に突入か。
経済

中国発の世界恐慌で、世界経済をグレート・リセットか!?

中国国内の経済状況は、中国共産党によって隠蔽されている。自然災害、食糧難、米中貿易戦争、世界からの孤立化によって、経済は相当に悪い状況と推測される。来年のダボス会議の議題はグレート・リセット。中国発の世界恐慌で、既存の経済システムから新しい経済システムへ移行するのか。
経済

新幹線、飛行機、観光地も未だにガラガラ状態。閉店ラッシュも本格化。

東京除外のGO TO キャンペーンが始まっても、新幹線、飛行機、観光地はガラガラ状態。閉店ラッシュもいよいよ本格化してきている。IMFは、世界恐慌以来、最悪の景気後退と言っている。コロナショックの影響がいよいよ本格化してきた。
経済

新型コロナウイルスは、世界恐慌を起こすための策略か?

東京都は新型コロナウイルスの感染者拡大を受けて、感染拡大警報を発令した。しかし、感染率、致死率に関しては低い。新型コロナウイルスの影響で、世界的に経済が大打撃を受けている。新型コロナウイルスは誰かによる世界恐慌を引き起こす策略なのかもしれない。
海外

三峡ダム決壊のシミュレーションが最悪。決壊したら、日本にも多大な影響が。

三峡ダムの警戒水位が3.5メートルを超えた模様。シミュレーションでは、三峡ダムが決壊した場合、長江上流域も水没することに。そして、下流域は壊滅的な被害になることも分かった。三峡ダムが決壊となれば、日本にも多大な影響が出ることが分かっている。
経済

新型コロナウイルスのお次は世界恐慌、というシナリオが現実味。

新型コロナウイルスの感染者も減少し、日本でも緊急事態宣言が解除され経済活動が段階的に再開。しかし、アメリカや中国では大量の失業者を出している。闇の連中はウイルスを利用して世界を恐怖に陥れ、まだ収束しない中、お次は世界恐慌というシナリオを現実にさせようとしているのかもしれない。
社会

派遣社員が大量雇い止め。不運続く氷河期世代。全世代、失業ラッシュ間近か。

コロナショックの影響で、6月末で、派遣社員が大量に雇い止めになるそう。氷河期世代は就職難、リーマンショック、コロナショックと不運続き。ですが、今回のコロナショックは前回の世界恐慌を超える経済不況になる可能性が。全世代が失業の可能性があるのだ。
社会

中国に損害賠償請求をしない日本。政治家、日本企業も中共に汚染されている。

世界各国が新型コロナウイルスの影響で深刻な事態に陥り、中国に対して、多額の損害賠償請求をしている。そんな中、なぜか日本は中国に対して、損害賠償請求をしようとしない。なぜかというと、それは、政治家、大企業のトップたちは、中国共産党に買収されている可能性が高いからだ。
経済

コロナショック は、世界恐慌を超える大恐慌の可能性。

新型コロナウイルスが未だ収束しない中、いよいよ経済が本格的に悪くなってくるようです。政府景気判断が約11年ぶりに『悪化』。今後は企業の倒産、リストラが本格化してくるのでしょう。コロナショック は、1929年の世界恐慌を超える、大恐慌になる可能性が十分にあるのです。
社会

コロナショックは、ショック・ドクトリン。これから時代が大きく変わる合図。

コロナショックで、多くの人々は恐怖心が高まっている。市場原理主義者たちは、世の中を変化させるとき、戦争や災害などの人々が恐怖で何も考えられない状況を作り出す。その間に、市場原理主義者たちにの都合の良い経済改革や、法案を通すのである。これをショック・ドクトリンと呼び、ある意味、大きく時代が変わる合図と言っても良い。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました