健康

健康

新型コロナワクチン、接種間隔が3か月に短縮。ノーマスクは宿泊拒否できるよう、法改正。

新型コロナワクチンの接種関学が5か月から3か月に短縮する方針となった。宿泊施設側は、ノーマスクの宿泊客に対して、宿泊拒否できる旅館法改正をする方針。
健康

ヨーロッパで死者が急増。アメリカではガン患者が急増。原因はアレか?

日本では、今日からオミクロン対応のワクチン接種が開始された。来月には1日100万回接種を目標にするそう。モデルナが日本で工場を検討。ただ、日本政府との10年契約が前提とのこと。アメリカではガン患者が急増。ヨーロッパでは死者が急増している。原因はやっぱりアレか?
健康

WHO、パンデミック終息視野に。米大統領、癌のムーンショット計画を発表。ついに本番か。

WHOのテドロス事務局長は、パンデミックの終息が視野に入ったと発言。そのタイミングと同時に、バイデン米大統領は癌による死者半減を目指した、癌のムーンショット計画を発表。癌のmRNAワクチンの研究開発には、多くの被験者の協力が必要。その準備が整ったということか。ついに本番か。
健康

ワクチン接種で、発癌リスクが1433倍!?韓国では、がん患者が2倍増加。

大紀元が新型コロナワクチンを接種すると、発癌リスクが1433倍高まるという報道がされた。Twitterにはちょいちょいそのようなツイートもあり、韓国ではがん患者が1年で2倍にも増加したとのツイートも。高知大学では、ワクチン接種者の副反応で、皮膚病変からスパイク蛋白質を検出。皮膚病変に何らかの関与がある可能性。
健康

BA5対応ワクチンは、ネズミ8匹だけの治験のみ。人での臨床試験はしてない!?

日本では、2回接種の新型コロナワクチン接種率が80%を超える。しかしながら、感染者が増える一方で、ワクチンに効果があるかどうかを疑問視する声も多数上がっている。そんな中、日本政府はBA5対応ワクチンの導入を前向きに検討している。しかし、BA5対応ワクチンは8匹のマウスの治験のみ。人での臨床試験は行っていない。
健康

米国、サル痘感染1万人越え。NY、下水からポリオを検出。中国はヘニパウイルス。

アメリカではサル痘の感染者数が1万人を越えた。ワクチン不足も解消されていない中、子供へのサル痘ワクチン接種の緊急許可が下りた。NYでは下水からポリオが検出。今度はポリオが蔓延か?中国ではヘニパウイルスに35人が感染した。海外はコロナは終了。しかし新たな感染症の流行の可能性が。
健康

新型コロナ、感染者が急増。ワクチン接種の促しか?韓国も新型コロナ感染者拡大。

新型コロナの感染者が再び急増している。第7波の可能性との指摘もされている。しかし、重症患者も少なく、それほど大騒ぎするようなものでもないはず。3回目接種の接種率が悪いためか、ワクチン接種の促しか?韓国も日本同様、新型コロナの感染者が拡大している。
健康

南半球でインフルエンザが流行。中国でも季節外れのインフルエンザが流行。

南半球ではインフルエンザに感染する人が増加。オーストラリアではインフルエンザに感染する人が急増している。そして、中国では季節外れのインフルエンザの感染者が急増。この感じだと日本でも今年はインフルエンザの感染者が急増するのかもしれない。コロナとインフルのツインデミックの可能性も。
健康

ワクチン2回目接種後7〜9ヶ月で、免疫がマイナス領域に。超有名な医学雑誌が掲載。

世界五大医学雑誌の一つであるLancetに、ワクチン2回目接種後、7ヶ月〜9ヶ月で、免疫力がマイナスになるという論文が掲載された。免疫がマイナスになるということは、ワクチン接種をする前よりも免疫が下がるということ。新型コロナワクチンを接種したら、ワクチン接種をし続けなければならないということになる。
健康

日本政府、天然痘のワクチンを生産備蓄。テロ対策の観点・・と、後藤厚労相。

サル痘の感染者が20カ国以上で、感染者の人数が200人にのぼることがWHOによって報告がされた。日本の対応はというと、サル痘にも効果があると言われている天然痘ワクチンを既に生産備蓄してあるとのこと。テロ対策の観点とも後藤厚労省は発言していた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました