経済

スポンサーリンク
経済

小売店、飲食店閉店ラッシュ。自殺者も急増。本格化してきたコロナ不況

コロナショックの影響で、飲食店、小売店の閉店ラッシュが続いている。他の業種でも売上、収益も減少。コロナ不況が本格化してきた。その影響からか、自殺者も急増。生活苦の人が続出している。
経済

米、株価が暴落。日本は大幅安にならず。その理由とは。

ヨーロッパの新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4日連続、アメリカの株価が暴落している。しかし、日本の株式市場は、小幅安が続く程度。さほど影響を受けていない。その理由は、日銀とGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が買い支えているからだ。
経済

菅政権、中小企業は救済しない?来年は大失業時代に突入か。

菅首相は、政府の成長戦略会議にデービット・アトキンソン氏を起用。彼は、「生産性の低い企業は『退出』させなければならない」と考えている。新型コロナで経営が行き詰まっている中小企業は今後、政府からの救済は期待できないかもしれない。来年は大失業時代に突入か。
経済

中国発の世界恐慌で、世界経済をグレート・リセットか!?

中国国内の経済状況は、中国共産党によって隠蔽されている。自然災害、食糧難、米中貿易戦争、世界からの孤立化によって、経済は相当に悪い状況と推測される。来年のダボス会議の議題はグレート・リセット。中国発の世界恐慌で、既存の経済システムから新しい経済システムへ移行するのか。
経済

コロナショックでANA破綻寸前!?でも、富裕層は資産大幅増。

コロナショックの影響で、ANAは経営難に陥っている。賞与なし、給与3割減、新卒採用8割減、希望退職者募集。破綻寸前なのかもしれない。富裕層は金融緩和の影響で富裕層は資産を大幅に増やしている。一方、世界の7億人を超える人たちが1日200円で生活しているのだ。
経済

タピオカブーム=景気後退シグナル。タピオカバブルが崩壊した模様。

タピオカドリンク専門店の閉店ラッシュが続いているそう。タピオカブームが訪れると、その後、景気後退するというジンクスがある。つまりタピオカブーム=景気後退シグナル。コロナショック の影響でタピオカバブルが崩壊。いよいよ本格的な景気後退が始まる!?
経済

新幹線、飛行機、観光地も未だにガラガラ状態。閉店ラッシュも本格化。

東京除外のGO TO キャンペーンが始まっても、新幹線、飛行機、観光地はガラガラ状態。閉店ラッシュもいよいよ本格化してきている。IMFは、世界恐慌以来、最悪の景気後退と言っている。コロナショックの影響がいよいよ本格化してきた。
経済

住宅を買うなら2022年以降が良い?2022年に不動産が暴落か?

コロナショックで住宅価格が下がると思いきや、新築マンションの価格が上がっている。ただ、今後、株価の暴落が確実と言われている中、不動産の暴落もほぼ確実だろう。そんな中、追い討ちをかけるように、2022年には宅地が一気に市場に供給される。2022年問題だ。
経済

株価が暴落すればインフレ、最悪、預金封鎖も。新紙幣は未来を予言している?

世界各国で金融緩和を実施し、お金を刷りまくっている。そのおかげで株価は上昇。しかし実体経済は酷いありさま。近いうちに株価は暴落し、株価は低迷するだろう。そしてインフレへという流れに。最悪預金封鎖の可能性も。そんな未来を新紙幣が予言している。
経済

NYダウ、一時下げ幅1000ドル超え。アメリカ経済崩壊か。

NYダウの下げ幅が、一時1000ドルを超えた。FRBがインフレ率2%を一時的に許容。FRBがインフレ率をうまくコントロールできるのかどうか。インフレ率が上がれば、金融機関は利上げをし、増税もすることになる。それは金融崩壊を招く可能性が高くなる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました