三峡ダム決壊のシミュレーションが最悪。決壊したら、日本にも多大な影響が。

海外
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

三峡ダムの警戒水位が3.5メートルを超えた模様ですよ。

 

6月末くらいに、警戒水位を2メートルを超えたばかりだったのに。

散々放流しても警戒水位が上がってるって、どんだけ雨降ってるんだか。

 

三峡ダムが決壊した場合のシミュレーションを伝えている動画があったので貼っておきましょう。

三峡ダムの決壊に関する実験が衝撃的な結末 | 水利専門家が避難所をこっそり設置との噂

シミュレーションと言っても、CGを使った映像とかがあるわけではないので、伝わりにくですけどね。

決壊すればヤバ谷園を超えてくるのは誰もが分かっていますけども。

 

もし、三峡ダムが決壊したとして。

決壊直後、三峡ダムの宜昌市は壊滅的な被害になるのはもちろんなのですが、下流地域よりも先に、三峡ダムより上流にある四川がまずは水没するそう。

なぜかというと。

ダムの決壊直後に大規模な地滑りがおき、堰き止め(せきとめ)湖が形成されるからなのだそう。

川の水が水が堰き止められれば、堰き止められた上流付近は水が溜まりますからね。

そして。

そう長い時間はかからずに堰き止め湖が決壊し、一気に下流へ水が押し寄せるということに。

被害状況は、長江下流の中間都市が壊滅的な被害なのだそう。

中国南部は一面水没ということになりそうです。

スポンサーリンク

 

Twitterでは、

 

三峡ダムが決壊してしまえば良いのに・・

 

というようなツイートがけっこう見られるんですよねぇ。

まぁ、中国に対してイライラしたり、怒りたくなるのも分からないわけではないですが。

ただ、悪の根源は中国共産党であってね。

中国国民はある意味被害者でもあるわけですよ。

もっと書くと。

中国共産党の裏には、この世を操っている人たちがいたりする訳です。

 

三峡ダムが決壊してしまうと、中国国民の約半数が被害に遭う。

そして、下手したら億単位で人が亡くなってしまう、前代未聞の大惨事なわけです。

んで。

三峡ダムが決壊しても日本にはほとんど影響はないように思っている人がけっこういたりしますけど。

中国は世界第2位の経済大国ですからね。

それが、国家滅亡に瀕する三峡ダムの決壊となれば、世界中の株価は暴落。

一気に世界恐慌になるような事態が起きてしまうわけです。

 

そして。

日本は大打撃を受けると思っていた方が良いでしょう。

なぜなら、いまだに日本は中国依存が激しい。

日本の輸入先トップは、

 

中国

 

ですからね。

その中国がダメになってしまったら、日本ではどんなことが起きるのか。

早速、マコちゃんが妄想しますと。

 

まずは、株価は暴落。

その後には不動産価格が暴落。

輸入先の中国を失うことで、日本は物資不足に陥ることに。

外食産業などは、中国野菜に頼っていること多いので、中国野菜がダメとなると、他国産か、国産に切り替える場合も。

冷凍食品も中国の食材、工場に頼っていることが多い。

つまり。

食品の値上がり、食糧不足が日本でも起きるかもしれないということですよ。

他にも電子部品、生活雑貨なども中国からの輸入が多い。

製品を製造するにも、当分の間製造できなくなるでしょう。

ということは、日本全体が物資不足に陥ることに。

そうなると、やはり物価が上がりインフレに。

もちろん経済が悪くなれば、倒産する企業や、リストラされる人たちも多く出てくるでしょう。

三峡ダムが決壊すれば、日本人も

 

生活苦

 

になる可能性が高いわけです。

そんな妄想をしていると、三峡ダムが決壊するのは非常に困る。

なんとしてでも、中国政府は阻止していただきたい。

 

ちなみに。

以前書きましたけども、長江流域には原発があるんですよ。

稼働していない原発もあるのですが、河口近くにある原発は稼働中。

三峡ダムが決壊すれば、原発事故の可能性も十分にあるわけです。

そして。

長江河口近くには、人民解放軍の基地があるそうで。

三峡ダムが決壊すれば、人民解放軍の基地も壊滅する可能性が。

そうなると、被災者の救助、援助ができなくなるということに。

しかも、原発事故が起きてしまった場合、海外からの救援も難しくなるわけです。

そんな妄想をしていると、中国、悲惨すぎます。

 

中国には、三峡ダムという巨弾爆弾を抱えていて、それはいつ爆発してもおかしくない。

そして、その爆弾が爆発してしまったら、日本にも多大な影響を及ぼすことは覚えておきましょう。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました