ついに、中国国民が動き出す。上海、武漢、北京でも大規模デモ、暴動に。

海外
スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

ついに、中国国民が動き出しちゃいましたねぇー。

メディアもようやく報道しはじましたよ。

 

ツイッターにも、デモや暴動の様子の動画が次々にアップされるようになってます。

 

武漢でも抗議と暴動が起きてます。

 

上海でも。

 

そして、なんと北京でもデモが起きてます。

 

超名門の精華大学でも白い紙で、中国共産党に抗議。

 

香港大学でも白い紙で抗議。

 

このまま中国共産党に対する抗議や暴動が激しくなれば、天安門事件みたいなことになっちゃうのかも。

中国のゼロコロナ政策は、中国国民をわざと憤慨させるように仕向けたものだと、マコちゃんは妄想してます。

中国共産党だって、ゼロコロナ政策は最初から無理に決まってると分かってるでしょう。

それでもやるというのは、何か計画があるからなんでしょうねぇ。

習近平さんが3期目になっても、まだゼロコロナ政策を続けてるんだもんさー。

厳しいロックダウンをずっと続けていれば、そりゃあ中国国民はブチギレる。

ただでさえ、キレやすいんだから。

ゼロコロナ政策をして、中国国民をキレさせて、国内を混乱に陥れる。

そんな計画が元々あったのでしょうねぇ。

あくまで、妄想ですが。

スポンサーリンク

 

んで。

今年の共産党大会では、胡錦濤元国家主席が退場させられる場面がありましたよね。

https://twitter.com/epochtimes_jp_t/status/1584035135455830016

 

これもひょっとしたら、演出だったりするのかなぁ〜・・

な〜んて、妄想しちゃいました。

あの場面は世界で報道されてますのでね。

習近平さんの独裁を世界に知らしめたようなもんでしょう。

しかも、新チャイナセブンには、上海閥、共青団もいない。

習近平さんの周りには、誰一人逆らう人たちがいない。

まぁ、表向きは、習近平さんの独裁政権ですよね。

でも、中国国内の派閥はまだ消えたわけではない。

これだけ習近平さんに権力が集中しちゃうのが、面白くない人たちもたくさんいるわけで。

上海閥も、青共団も習近平政権を倒したくてしょうがないでしょうねぇ。

そうなれば、ゼロコロナ政策で憤慨する中国国民の怒りを利用して、デモや暴動を煽る工作を仕掛けてきてもおかしくない。

このデモをきっかけに、最悪、内戦状態になっちゃうかもしれませんねぇ。

でも、それを見越しての、ゼロコロナ政策・・

ということなのかもしれません。

 

もし、これが計画的に行われているのだとしたら。

習近平さんよりも上の人たちの計画なのでしょう。

だいぶ前には、中国は4分割されるという陰謀論もありましたし。

未来人でも、中国は分割されている話しが出てきてました。

んでもって。

以前から書いてますけど、元外交官の原田武夫氏が中国の分割のことを言ってますからねぇ。

陰謀論は陰謀論ではなく、真実なことが多々ありますし。

もしかしたら、来年、再来年あたりには、本当に中国は分割されているのかもしれません。

中国の分割も、グレート・リセットの一部に入ってるのかもしれませんねぇ。

 

でもまぁ、あまり物騒なことにはならない方が、中国国民のためにも、世界のためにも良いのすけど。

このままデモや暴動がエスカレートしていけば。

中国経済にも影響が出てくるでしょうし。

昨日も書いたように、再び世界の物資不足も懸念されてしまう。

株式市場にだって影響はあるでしょう。

ただでさえ、中国の国内経済は悪化しているのに。

今回の抗議や暴動でまた、国内経済はヤバ谷園になるのかも。

ちょっと前に、日経がこんな記事を出してたんですね。

 

いつもの有料記事なので、中身は知りませんけど。

今の日本は中国がいないと、どーにもならない状況になってますのでね。

今回の中国の暴動が発展するかしないかは、注視していた方が良さそうです。

金融爆弾にも火が付いてしまうかもしれませんしね。

場合によっては、備蓄を増やしておいても良いのかもしれません。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました