2020-07

スポンサーリンク
経済

衝撃!!米の4月-6月のGDPが−32%越え。世界景気後退が本格化。

世界各国のGDPが前年度比マイナス成長の中、アメリカが衝撃的な数値を叩き出しました。年率−32.9%。史上最悪の数値。リーマンショックの時のGDPを遥かに凌ぐ数値。いよいよ世界の景気後退が本格化してきた模様です。
自然災害

亡霊の怨念か?7月なのに北京で雪が降る異常気象。六月飛雪とは。

中国では連日の大雨で洪水が多発、三峡ダムの決壊も危ぶまれている中、今度は北京で雪が降る異常気象があった。さすがの中国でも真夏に雪が降るというのは、異常な事態。この異常気象を受けて、中国では六月飛雪というワードがトレンドに。六月飛雪の意味とは。
雑談

少年占星術師が2020年下半期を占う。占星術が未来を的中させる理由とは

新型コロナウイルスを的中させて、一躍有名になったアビギャ・アナンド君が、2020年下半期の占いをYouTubeにアップしたようです。下半期は疫病、戦争、経済崩壊、自然災害などといったワードが並ぶ。ただ、占星術や占いが未来を的中させてしまうのには、理由がある。その理由とは。
陰謀論

世界はシナリオ通りに動いている?それともただの陰謀論?

2020年に入ってから数々の出来事が起こっている。陰謀論では、世界は闇の支配者たちの書いたシナリオ通りに動かされていると言われている。果たして、それはただの陰謀論なのか、それとも真実なのか。ただ、今現在起きている出来事は、仕組まれている感じがする。
健康

米、新型コロナウイルス対策の中心人物がマスクなし、密で談笑。

アメリカの新型コロナウイルス対策の中心人物であるアンソニー・ファウチ氏。ファウチ氏は、メージャーリーグの始球式に参加。無事に始球式を終えると、観客席に移り、野球観戦。しかしながら、ファウチ氏を真ん中に両隣の人と密で談笑。しかもマスクは顎にひっかけたまま。
海外

米中戦争が現実味。中国領事館にFBIが突入。米領事館には狙撃手を配備。

米中対立が激化する中、アメリカはヒューストンにある中国領事館を閉鎖。中国領事館にはFBIが突入した模様。一方中国は、成都にある米国領事館の閉鎖を要求。米領事館前には狙撃手まで配備しているとか。米中対立が激化し、米中戦争が現実味を帯てきている。
経済

ゆうちょ銀行が倒産間近?ゆうちょ預金100兆円を手にするのは外資?

コロナショック の影響で、日本郵政をはじめ、日本郵政グループ各社の株価が大幅に下落、低迷している。倒産間近とも言われだしている。ゆうちょ銀行にある100兆円の預金を狙って、外資の金融資本家がゆうちょ銀行の買収を企ている可能性も。
経済

経済制裁で中国潰し。2020年中にチャイナショックくるか!?

米中の対立がますます高まっている中、他の外国勢も中国に対して厳しい経済制裁をし始めている。アメリカや諸外国は、経済制裁で中国潰し、中共崩壊を狙っているのかもしれない。中国はこのまま経済制裁を続けられれば、2020年中にチャイナショックが起きるかもしれない。
海外

中国、洪水回避で堤防爆破。三峡ダム、原爆直撃しても壊滅しないと豪語。

中国では、連日の大雨、三峡ダムの放水により、多くの長江支流では警戒水位を越えている。中国当局は安徽省の長江支流、ダムの堤防を爆破し、河川の水位を下げる処置を行った。フランスメディアによると、中国の専門家が三峡ダムは原爆が直撃しても壊滅しないと豪語していると伝えている。
自然災害

地震よりも噴火の方が恐ろしい。内閣府が富士山噴火の警告シミュレーション。

新型コロナウイルスの最中、内閣府は、富士山噴火の警告シミュレーションを発信していた。実際に富士山が噴火すると、地震以上に噴火の方が被害が大きいのだそう。火山灰が降り積もることで、交通インフラは利用することができず、火力発電も発電することができなくなるという。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました