経済制裁で中国潰し。2020年中にチャイナショックくるか!?

経済
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

新型コロナウイルスが全国的に増えてきてるじゃんねぇ〜。

大阪もスッゴイじゃんねぇ〜。

 

埼玉も。

 

愛知も。

 

福岡も。

 

ほ〜〜〜〜ら。

東京だけじゃないじゃんねぇ〜。

これだけ全国的に新型コロナウイルスの感染が広まっているんだったら、Go To キャンペーンは延期したらぁ〜?

な〜んて、思ったりしちゃいますけど。

ただ。

よくもまぁ、こんなにタイミング良く全国的に感染拡大するもんですわ。

感染拡大というのは、そういうものなのですかねぇ。

仕組んだとかそういうのじゃないでしょうねぇ?

 

日本で新型コロナウイルスの感染拡大で盛り上がっている中、こんなニュースが。

 

いやいや。

これはやめれ。

やめてくれ。

シンゾー、きっと闇の誰かから命令されているのかとは思うのだけど、これだけはやめておこう。

これ以上日本人を危険に晒してはならんぞ、シンゾー。

シンゾー自身の心も身体もデリケートなんだから。

特に、中国はイカン!!

段階も何もない!!

中国はイカンよ!!

 

ホントかどうか知らんけども、中国人が日本に旅行しに来たがってるというじゃんかぁー!!

 

北京での新型コロナウイルス感染拡大が収束したという報道があるけども。

 

信用できんわぁ〜。

ホントは、北京での新型コロナウイルスは未だに収束してないんじゃないの??

北京で感染拡大した新型コロナウイルスは感染力も致死率も高いとか、YouTubeか何かで見たぞ。

中国では、洪水、バッタ、新型コロナウイルス、経済不況など色々とあるのだが、なんせ国民がポジティブ過ぎる。

貪欲過ぎる。

人口も多過ぎる。

日本への観光旅行が解禁になった途端に、どっと中国人観光客が押し寄せる、な〜んてこともあり得ますわ。

なんだかんだで、マコちゃん、中国由来の新型コロナウイルスにビビってんだよ〜!!

マコちゃんの妄想では、海外のコロナウイルスと日本のコロナウイルスは違うような気がするのよな。

まぁ、日本での感染者はほとんどが外国籍の人とかいう話しもネットでチラホラ見るけども。

日本政府は外国からの観光客を呼び込んで、またインバウンドを狙う方向で、飲食店やホテル、観光業などを復活させようとでも考えてんのかなぁ。

スポンサーリンク

 

だがしかし。

以前からブログにも書いてあるかと思いますけど、そろそろ中国発の経済不況が来るのではないかと、マコちゃんは妄想しておりますよ。

中国版Amazonと言われているアリババという会社がありますね。

昨年に引退した創業者のジャック・マー氏。

実は彼、つい最近アリババ株を大量に売って、現金化したのですよ。

その額、約60億ドル。

株を売って現金化したのは、ジャック・マー氏だけではなく、アリババ副会長のジョセフ・ツァイ氏も所有してるアリババ株を売却し、約17億ドルを現金化。

そして。

WeChatで有名なテンセントCEOポニー・マー氏も所有しているテンセント株を売却し、約7億7000万ドル現金化しているのでした。

これだけ、中国の超富裕層たちが株式を売却しているということは。

今が売り時ということ。

買いではない。

売り時ということでしょう。

 

以前、ブログにも書きましたけども、中国政府は中国国民に対して、絶好の株式投資のチャーンスと煽ってます。

その影響もあってか、7月に入ってから株価が急上昇。

その時に中国の超富裕層は株式を売却していたというねぇ・・。

つまり。

中国国民の現金を超富裕層が吸い上げるということになるわけですわ。

今はアメリカなどの金融資本家たちが中国株を買って、中国国民をそそのかしている段階なのでしょう。

つい最近、ガラがくるかと思いきや、復活しましたからね。

 

ちなみに。

アリババは昨年の11月に香港市場に上場してます。

そして上場して以来、アリババの株価は45%も上昇。

そこでジャック・マー氏はアリババ株を売却してますからね。

な〜んか、仕組まれてそう。

 

ですが。

どんなに妄想しても、今の中国は最悪な状態でしょう。

洪水は拡大する一方。

しかも三峡ダム決壊危機もあって、武漢、南京、上海も危険にさらされている。

食糧不足はほぼ確実。

失業率は20%を越えているとも言われているし。

新型コロナウイルス、豚インフルエンザ、その他のウイルス、感染症。

コロナショックで株価を下げてから、ジワジワ株価が上がっていき、7月に入ってから急上昇。

非常に不自然。

 

そろそろ中国発のチャイナショックが来ちゃうんじゃないの!?

確か、昨年末に

 

チャイナショック来るぅ〜

 

というような事をブログに書いていました。

2020年 中国発の世界恐慌の可能性。
アリババのジャック・マー氏が、中国の企業家向けの経済フォーラムで、今の中国は経済がだいぶ悪いが、2020年はもっと悪くなると発言。中国では地方銀行が次々と倒産しており、ゴーストマンション、ゴーストタウンがあちらこちらで見られる。日中貿易摩擦の影響は2020年から本格的に始まる。2020年は中国発の世界恐慌の可能性が高い

 

マコちゃんの妄想では、そろそろではないかと。

9月までにはチャイナショックきちゃうのではないかと。

そうなると。

株を買っていた中国庶民から中途半端な富裕層は、アメリカなどの金融資本家たちから現金を吸い取られるということになるのでしょうね。

そうなってしまっては、日本に観光旅行など行っている場合じゃない。

ん??

あ。

そう考えると、安心しても良いのか・・。

中国人観光客は、そんなに日本に来ないかぁー。

来れないかぁー。

 

ん!?

待てよ。

でもあれだ、チャイナショックになれば日本経済も大打撃ですからね。

それはそれで困ったもんだわ。

 

んで。

最近はますます米中が対立していますけども。

他の国々も中国との対立を深めている感じ。

 

 

 

このまま経済制裁で中国を潰していく感じなのでしょうかねぇ。

つい最近、日本では、経団連にHUAWEIが加入しましたけども。

イギリスからこんな事を要請されてますよ。

 

そしてアメリカがこんな事しちゃったので、日本はどうするのでしょうかね。

 

日本の経済界にも、政界にも親中派のみなさんが多いですからね。

どうするのでしょうかねぇ。

すぐにでも身の振り方を考えないと、大変なことになりそうですが。

 

アメリカなどの国々は、経済戦争で中国を潰し、中共を崩壊させようと計画しているのかもしれません。

ミサイルや爆弾だとかいった戦争はなんとしてでもやめてもらいたいですけど、経済戦争となると、結局は庶民が被害を被るんですよねぇ。

 

なんだかんで、表向きはアメリカをはじめ、他の国々と中国が対立をしているかのように見せておいて、わざと経済に混乱を起こし、経済の混乱が起きる前に超富裕層は株式を売却して、現金化。

株価がズド〜〜ンと下げ切ったところで、また超富裕層が株を買っていく。

そんなシナリオになっているのかもしれません。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました