コロナショック

スポンサーリンク
経済

コロナショックでANA破綻寸前!?でも、富裕層は資産大幅増。

コロナショックの影響で、ANAは経営難に陥っている。賞与なし、給与3割減、新卒採用8割減、希望退職者募集。破綻寸前なのかもしれない。富裕層は金融緩和の影響で富裕層は資産を大幅に増やしている。一方、世界の7億人を超える人たちが1日200円で生活しているのだ。
経済

タピオカブーム=景気後退シグナル。タピオカバブルが崩壊した模様。

タピオカドリンク専門店の閉店ラッシュが続いているそう。タピオカブームが訪れると、その後、景気後退するというジンクスがある。つまりタピオカブーム=景気後退シグナル。コロナショック の影響でタピオカバブルが崩壊。いよいよ本格的な景気後退が始まる!?
社会

コロナショック は、リーマンショック30倍以上の衝撃。

4月中旬、IMFが世界経済成長率を−3%と発表。リーマンショックの時が−0.1%なので、今回のコロナショック はリーマンショックの時の30倍の衝撃ということ。今後はリストラはもちろん、大企業の倒産も十分に可能性がある。そして、懸念されるのが、失業者の増加と共に増加する自殺者だ。
経済

日銀、FRBが破綻して、ハイパーインフレの可能性!?

日銀が国債の無制限購入、そして、社債、CPの買い入れ枠を20兆円と、また度肝を抜くような事を行うそう。FRBもいわゆるジャンク債の買い入れを行う。日銀、FRBは下手したら今回のコロナショックで破綻の可能性も。そして、国内はハイパーインフレという状況に陥るかもしれない。
健康

マスク、防護服が足りない?新型インフルエンザ対策の備蓄はどうした?

日本では医療機器が叫ばれる中、マスク、防護服の不足が連日報道されています。ただ、疑問なのは、だいぶ前に新型インフルエンザが騒がれていましたが、新型インフルエンザ対策のための備蓄はないのか。そして、東京オリンピックのバイオテロ対策として、防護服などの備蓄はあるのではないか。
社会

コロナショックは、ショック・ドクトリン。これから時代が大きく変わる合図。

コロナショックで、多くの人々は恐怖心が高まっている。市場原理主義者たちは、世の中を変化させるとき、戦争や災害などの人々が恐怖で何も考えられない状況を作り出す。その間に、市場原理主義者たちにの都合の良い経済改革や、法案を通すのである。これをショック・ドクトリンと呼び、ある意味、大きく時代が変わる合図と言っても良い。
お金

コロナショックで、年金がいよいよ大変なことに。現役世代は覚悟必須。

今回のコロナショックで、世界中の株価が大幅な値下がり。年金資金を運用しているGPIFも創設以来、最大の損失を計上。しかも、今まで現役世代の年金保険料収入と、税金で賄っていた受給者への年金が、今年は難しくなってきた。いよいよGPIFの資産に手をつけることになりそうだ。
社会

コロナショックで、都内のマンションは空き家だらけになるかも!?

新型コロナウイルスの影響で、中小企業の倒産、リストラが始まっている。そんな中、住宅ローンを抱えている人は注意しておかないといけない。今後、修繕積立金、管理費、固定資産税の値上がりが考えられる。そうなった場合、特に都内のマンションは空き家だらけになる可能性もある。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました