アメリカ

スポンサーリンク
経済

衝撃!!米の4月-6月のGDPが−32%越え。世界景気後退が本格化。

世界各国のGDPが前年度比マイナス成長の中、アメリカが衝撃的な数値を叩き出しました。年率−32.9%。史上最悪の数値。リーマンショックの時のGDPを遥かに凌ぐ数値。いよいよ世界の景気後退が本格化してきた模様です。
海外

米中戦争が現実味。中国領事館にFBIが突入。米領事館には狙撃手を配備。

米中対立が激化する中、アメリカはヒューストンにある中国領事館を閉鎖。中国領事館にはFBIが突入した模様。一方中国は、成都にある米国領事館の閉鎖を要求。米領事館前には狙撃手まで配備しているとか。米中対立が激化し、米中戦争が現実味を帯てきている。
海外

アメリカのデモは戦争、超監視社会へのきっかけ作り!?

アメリカのデモが劇化し、ワシントンでは軍隊が出動。多くの人々は恐怖し、自己防衛から催涙スプレーや銃がバカ売れしているという。治安の悪化から、多くの人が他人を信用できなくなり、多くの対立を生むようにもなってきている。これはデモから戦争、超監視社会へのきっかけ作りなのかもしれない。
海外

世界中のデモにAntifaが出没。テロ組織に指定されたAntifaとは。

全米でのデモが収拾つかない感じになってきています。トランプ大統領は、デモは極左団体Antifaの仕業だとして、テロ組織に指定。Antifaは世界中のデモに出没し、暴力的な行動を起こしている。今回のアメリカでのデモもAntifaが関わっていると見られる。
海外

全米でデモが暴徒化。アメリカは内戦状態に発展するのか。

アメリカでは、警察が無抵抗な黒人の首を締め付け死亡する事件が発生。それをきっかけに全米ではデモが勃発。そしてデモが暴徒化し、全米では大変な状況に陥っている。トランプ大統領は軍の出動も辞さない構え。今後、アメリカでのデモが内戦に発展するのか、今後も注目である。
海外

緊急事態条項を急ぐ理由は、アメリカと中国の開戦が近いから?

安倍首相は新型コロナウイルス感染拡大を受けて、緊急事態条項を含む改憲を成し遂げて行くと表明。安倍首相が言うほど、日本は医療崩壊も、感染拡大もしていない。なぜ、安倍首相は緊急事態条項を急ぐのか。それは、アメリカと中国の開戦あが近いからなのかもしれない。
海外

アメリカ軍人の年金積立金が、危うく中国軍需産業に投資されるところだった件。

主にアメリカ軍人のための連邦政府職員向け確定拠出年金(TSP)の積立金が、危うく、中国軍需産業に投資されそうになっています。TSPの運用を任されているのは、MSCI。元海軍長官、リチャード・スペンサーによって明るみになったこの件について、トランプ大統領は、なんとしてでも投資を阻止する意向を示した。
海外

中国、新型コロナウイルスの損害賠償請求額、1200兆円を超える。

日本ではほとんど報道されていませんが、中国は新型コロナウイルスで、多くの国々から損害賠償請求をされています。その総額、すでに1200兆円を越えています。アメリカのミズーリ州はすでに中国相手に提訴していますが、今後、アメリカは国として中国を提訴。損害賠償の請求金額はまだ上がりそうです。
海外

失業者の急増、原油先物マイナス、アメリカ経済が大ピンチ。今後、戦争へのシナリオか?

アメリカでは新型コロナウイルスの感染者拡大で、各地でロックダウンが行われていますが、経済の停滞により、失業者が急増。そして、原油先物が史上初のマイナスにまりました。その影響で、益々アメリカ経済は衰退していく可能性が。この経済不況から脱却するには、やはり戦争へのシナリオを想像してしまう。
社会

中国は世界各国から損害賠償請求されるのか。アメリカ、最悪、戦争を想定?

新型コロナウイルスの感染者が世界各国で増える中、死亡者数も増えている。アメリカすでに、中国に対して損害賠償を求めて、集団訴訟の準備に入っている。恐らく、他の国々もアメリカに追随していく可能性もある。ただ、中国はそれに応じるとは思えない。最悪、アメリカは戦争を想定しているのかもしれない。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました