米国国防総省の機密文書がSNSに流出。韓国政府関係者の盗聴記録も。

スポンサーリンク
社会
スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

米国国防総省の機密文書が流出しちゃいましたよ。

 

んも〜、また面白そうなことをやらかすんだからぁ〜。

アメリカさんはちょっと都合の悪いことがあると、とりあえずロシアのせいにしたり、中国のせいにしたり。

機密文書が部分的に編集されているとかって、言ってるようです。

CNNはツイッターやテレグラムで出回っている画像の一部を調査したものの、本物なのか加工された画像なのかは確認できていない。複数の米当局者は問題の文書について、国防総省が毎日作成している情報セットの一部であり、本物のスライドだが、部分的に編集されているとみられるとの見方を示した。

国防総省のシン副報道官は文書の正当性について言及しなかったが、声明で「SNS上の投稿に関する報道は認識しており、調査を進めている」とした。

ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問はSNSテレグラムで、流出したとされる文書の背後にはロシアがいるとの見方を示した。拡散している文書は本物ではなく、「ウクライナの本当の計画とは無関係」で、「大量の偽情報」に基づくものだとしている。

一連の文書の浮上を受け、ウクライナの反攻がいつ始まるのか、またウクライナとロシアが双方の準備状況について何を知っているのかに注目が集まっている。

ロシアのテレグラムで出回り、CNNが調査した画像の一つは、「米国、同盟国およびパートナー国 UAF 戦闘力構築」と題された文書のハードコピーを撮影したもの。文書は2月付で、極秘と記されている。ウクライナが現在保有する特定の西側兵器の量や、見込まれる追加兵器の引き渡し、ウクライナが完了もしくは完了予定の兵器運用訓練について記載している。

2番目の文書は「ロシア/ウクライナ 統合参謀部 J3/4/5 日次更新情報 (D+370)」と題され、極秘と記されている。J3は米軍統合参謀部の作戦部門を指す。J4は補給や工兵作業を扱う。J5は戦略や計画、政策案を提案する。「D+370」は文書が作成された時期、つまりロシアの侵攻初日から370日が経過したことを示している。

3番目の文書は3月1日時点の戦況を示す地図で、機密に分類されている。地図にはロシア、ウクライナ両軍の大隊の位置や規模、両軍の推計総死傷者数のなどが記載されている。当局者はこの文書の死傷者数について、改変されたものだと見ている。ロシアの実際の損失は、文書に記載されている「戦死者1万6000~1万7500人」よりはるかに多いという。

文書ではウクライナ側の戦死者数について6万1000~7万1500人と記載。当局者によれば、この数字も編集されているとみられ、米国防総省の推計よりも多くなっている。

 

機密文書はウクライナのことだけではなく。

イスラエル、中国、韓国などの情報も流出してるんですって。

その機密文書はテレブラムとTwitterで拡散されていて。

米国国防総省がマスクおじさんに、

 

削除して!!

 

という要望があったんだそうですけど。

マスクおじさん、国防総省に喧嘩売っている感じです。

 

機密文書の詳しい内容は分かりませんが。

ロシアメディアのスプートニクが、こんなツイートしてましたの。

SNS上に現れた米国防総省の秘密文書から、米国が韓国政府関係者の話を盗聴していたことが明らかになった。米紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じている。
同紙によると、以前米政権に砲弾を売却することに同意した韓国政府は、砲弾の「最終消費者」は米軍であると主張していたが、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の側近は、米国がその砲弾をウクライナ政府に渡すのではないかと懸念していた。
秘密文書によると、当時、李文熙(イ・ムンヒ)外交秘書官は国家安全保障室長を務めた金聖翰(キム・ソンハン)氏に対し、韓国政府は砲弾の「エンドユーザーが米国にならないのではないかという不安にさいなまれている」と伝えたという。
報道によると、この文書は電子情報データに基づくものだという。それは「米国がアジアにおける主要な同盟国の一つをスパイしていた」ことを示唆するものだと同紙は指摘している。
 

 

あらあら。

いまだにアメリカさんは盗聴癖が治ってないのかー。

困った、困った。

以前にもNSAが世界の首脳たちを盗聴してましたね。

 

きっと韓国が盗聴されていたということは、日本も盗聴されている。

キッシーが言っているアメリカさんの悪口も、全て筒抜けなのでしょう。

な〜んて。

スポンサーリンク

 

んで。

今度は米軍の戦闘機が宮古島に緊急着陸したんですって。

 

あら〜。

EMP(電磁パルス)攻撃を受けたんでしょうかね。

 

誰が?

 

って、なると。

 

中国

 

って、妄想しちゃう人たちが多いでしょうけど。

どうなんでしょうねぇ。

自衛隊のヘリコプター墜落事故で、色々と情報が出てきてますね。

 

ヘリコプターが墜落した後、すぐに救助に向かっているように見えますけどね。

何か隠しているのは間違いなさそう。

そして。

マスコミはタイミングよく、こんな報道をしてくれています。

 

現在、台湾の蔡英文総統はマッカーシー下院議長と会談するために訪米してるんですね。

その威嚇で台湾周辺で中国は軍事演習をしてるんだそう。

 

このタイミングでヘリコプターの墜落、んでもって、米軍戦闘機の緊急着陸。

できすぎてるでしょ〜。

このタイミングで中国軍がこんなことしちゃう?

アメリカさんは盗聴が大好きだからなぁ〜。

日本の内情もよく知ってるでしょうしねぇ。

もちろん、自衛隊のこともよく知ってるのでしょうねぇ・・。

どーも、どっかの輩が日本をドンパチ大会に早く参加させたくて仕方ないように思えるんよなぁー。

マスコミの偏向報道を信用しすぎないように、注意しましょうね。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました