ロシアのウクライナ侵攻も茶番だった!?世界はグレート・リセットに向けて、まっしぐら?

社会
スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

ロシアは世界からフルボッコ状態。

ウクライナ国民もかわいそうなのですが、ロシア国民もかわいそう。

ロシア排除の動きは止まりません。

 

スポーツと政治は関係ないと思うんですけどねぇ。

まぁ、こうやって政治とは関係ないところでもロシア排除の動きを見せて、ロシア国民のプーチンさん批判を高めようとしているんでしょうかね。

 

ロシアの銀行をSWIFTから排除する制裁をしたので、ルーブルは暴落からの持ち直し、そして急落。

 

そんでもって、ロシアのデフォルトも言われておりますよ。

 

もう、ロシア国民は不安しかない。

ということなので。

ロシア国民の皆さん、とりあえずATMへ。

 

そして、ビットコインの価格が上昇。

 

まぁ、こうなりますわな。

ビットコインに資産を移しておくのが、手っ取り早いですからね。

ウクライナ侵攻前に、プーチンさんが仮想通貨を認めるようになったのは、このためと多くの人が言ってます。

資産の逃げ場所としても利用される仮想通貨ですけど。

ウクライナへの寄付にも利用されておりますよ。

 

仮想通貨、大活躍です。

んでもって。

VISAやMaster、Apple PayやGooglePayの利用もできなくなっちゃったので、今後もビットコインなどの仮想通貨の需要が見込まれます。

https://twitter.com/coinspace_/status/1498901609492877312

 

仮想通貨に関しても、アメリカさんはロシアに対して制裁を検討しているとか。

 

でもまぁ、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、どこの国にも属してませんからね。

ロシアだけ限定してビットコインを遮断・・な〜んてことはできません。

なので、仮想通貨の制裁は無理でしょう。

やるなら、西側全体で仮想通貨に関することは全て禁止にするくらいじゃないと。

でも、さすがに仮想通貨に関すること全て禁止ってことはしないでしょうけどね。

もしそんな事をやれば仮想通貨市場は大暴落。

西側はブロックチェーンの技術開発は衰退しちゃうでしょう。

もしかしたら。

ロシアやそのお仲間の国々は、仮想通貨を受け入れて、うまいこと仮想通貨の経済圏を作ることになっっちゃたりして。

ビットコインを法定通貨に取り入れたエルサルバドルは、今、こんな感じになってます。

https://twitter.com/coinspace_/status/1495965542766854147

 

欧米メディアのウォール・ストリートはこんなことを書いてますけどね。

 

近い将来、世界恐慌が訪れるでしょうから、その資産逃避先が金しかないってのもねぇ。

お金持ちの皆さんも困るでしょうし。

でもあれか、スーパー金持ちにはそんなの関係ないのか。

そこら辺はよく分かりませんけど。

でもまぁ、SWIFTから排除されたロシアは、仮想通貨を利用して、うまいことやっていくのかもしれませんね。

 

んで。

ウクライナ政府はこんなことまで言ってますの。

 

いやいやいや。

それはさすがにダメでしょう。

多くのロシア国民の資産と命を奪うことになりかねませんからね。

取引所にもそんな声が寄せられているようですけど、取引所は拒否しているようです。

 

まぁ、たとえ取引所がアカウントを凍結したとしても。

買ったり、取引したりができないだけで。

自分でウォレットを作って、そちらに仮想通貨を移しておけば、仮想通貨の保全はできます。

ウォレットがあれば、普通に決済とかもできちゃうしねぇ。

仮想通貨のやり取りに困ることはない。

仮想通貨、最強じゃんねぇー。

 

ある意味。

今回の件でもやっぱりビットコインの取引量は上がって、ビットコインの価格は上昇しました。

やっぱり、有事の際の資産逃避先にビットコインなどの仮想通貨は良いのかもしれません。

仮想通貨取引所や販売所のアカウントは簡単に取得できるので、アカウント作成だけでもしておくと良いと思います。

でも、買う買わないの判断は自己責任ですからね。

それは忘れずに。

スポンサーリンク

 

日本を含めた西側が、張り切ってロシアに制裁をしてますけどね。

一番困るのは、庶民なんですよねぇー。

このロシアとウクライナのドンパチが長引けば、世界中の多くの皆さんが経済で苦しめられる。

今は、

 

ウクライナの皆さんが可哀想!!

 

って、言っている余裕があるかもしれませんが。

そのうちに、

 

自分達が可哀想!!

 

って、時が来るかもしれません。

原油の値上げが止まりません。

 

まーた、サウジがアジア向けの原油を大幅に値上げするかもって、言ってます。

 

そしてクリプタクトのアミンがこんなことを言っちゃうの。

 

コロナで世界を弱らせてからの、戦争で世界経済をぶっこわ〜す。

って、ことなんでしょうかね。

あーあ。

ヤダヤダ。

 

ちなみにですね。

ツイッターでは、ネオナチ、ネオナチという言葉が出てきてましてね。

ネオナチってのは、ナチスの思想を敬愛しているような人たちのことで。

まぁ、社会主義とは相反する存在なんですよね。

そんなネオナチの集団がウクライナにはいらっしゃって。

ウクライナ東部のドンバス地方というとこで、ネオナチ集団のアゾフというのが親ロシアにちょっかいを出してたんですね。

 

ミンスク合意では、即時停戦を保証して、武装集団、傭兵などはウクライナから追い出すことになっていたのですが。

でもまぁ、ネオナチ集団のアゾフが大暴れしていたそう。

それに対して、プーチンさんはミンスク合意は破棄されたと言っているよう。

そのアゾフの出資者がイーゴル・コロモイスキーという人。

ウクライナで、金融、石油化学、食品工業、航空輸送などをやっている大資産家で、ユダヤの人です。

そして。

ゼレンスキー大統領もユダヤ系ウクライナ人。

そしてそして。

プーチンさんは色々と言われていますけど。

プーチンさんの後ろ盾には、やはりユダヤの人たちがいらっしゃるというのは有名な話しですよね。

結局。

これって、フィクションリアリティーショーなんじゃないの?

って、妄想しちゃうよねぇ〜。

クロちゃんがこんなツイートしてます。

 

あらーーーー。

結局そうなの・・。

結局、国際金融資本家が儲けるための戦争なわけか。

国連でもこんなことしちゃうんだもんさー。

 

どーも、大袈裟すぎるっていうかねぇー。

やりすぎだもんねぇー。

永世中立国のスイスまでこんなこと言い出してますしね。

 

スイスといえば、ロックフェラーやロスチャイルドをアゴで使う、シェルバーン一族のいらっしゃる国。

こんなことしちゃいました。

 

スイスの金融界のドン、シェルバーン一族まで、この茶番劇に参加してるってことなのかしら。

すっごいじゃんよー。

こりゃあ、世界経済がこれからとんでもないことになりそう。

やっぱり、グレート・リセットか。

そのために、こんなことやってんのか。

 

そして、日本ではこれに向けてまっしぐらなんでしょう。

 

まぁ、多くの日本人はすんなり洗脳されて、ワクチン打っちゃいましたからね。

おそらく、憲法改正もすんなりいくんでしょう。

まぁ、今のままの憲法9条では、敵国にやられっぱなしかもしれませんねぇ。

でもなぁー。

国民が思うような、都合の良い改正ではないと妄想しちゃうんだよねぇー。

徴兵制などの可能性も出てくるでしょうし。

最悪なことを想定しおかないと。

 

以前にも書きましたけど、結局、戦争なんて茶番なんですよね。

世界を暴力と金でコントロールしている支配者が、人口削減、金儲けのためにやることなんでしょうから。

その茶番劇のために、憲法改正までして戦争に参加するってのも、バカらしい、実にバカらしいと思っちゃうんですよね。

多くの人がそれに気づいてくれればなぁー。

でも、さっきも書きましたけど、コロナの状況を見ていると、そんなのに気づく人なんてほぼいないに等しいのでしょう。

仕方ない、これしかない。

 

マコちゃん、祈ります。

 

ということで、

 

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました