中国の終末か。天使のラッパ、アポカリプティックサウンドが鳴り響く。

海外
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

インドと中国の国境付近から、ようやく中国が撤退し始めてたようですよ。

 

まぁ、これで落ち着くかどうか・・分かりませんけども。

それにしてもインド、中国との戦争をも想定している感じ。

やる気満々な感じがしないでもない。

 

インド政府は、国境地域に道路や橋といったインフラ事業を3倍に増やすそう。

そして。

インド国防相はミサイル550発、ロシアのミグ29戦闘機21機を購入。

総額50億ドルですって。

やっぱ、やる気しか感じられない。

 

ん・・待てよ。

そう言えばシンゾー。

アメリカからF35戦闘機100機買ってたわ。

しかも、1兆円。

そうそう、シンゾーは憲法改正して、自衛隊を軍にするつもりでいるからな。

シンゾーもやる気が違うんだよな、やる気が。

なー、シンゾー。

 

で、話を戻して。

インドは、weibo、WeChat、TikTokなど、59の中国製アプリを排除。

そして、インドの5Gネットワーク構築に中国企業ファーウェイ、ZTEの参入を認めるか審議中・・って、言いながら認めないでしょうね。

インドの高速道路事業には、中国企業の参入は認めないことが決まったそうで。

インドは中国からの電子関連機器の輸入も厳しく制限。

 

こりゃあ中国も国境から撤退した方が賢明ですわな。

インド、激オコですし。

 

中国はアメリカ、中国、オーストラリア、その他の国々諸々とやりあってますしねぇ。

さすがに国境と接しているインドとは、今はちょっと・・な、感じでしょうね。

インドの軍事力は、今や世界第4位らしいですし。

インドはミサイルを550発購入したということは、三峡ダムに

 

ズド〜ン

 

する気満々でしょ。

怖い、怖い。

 

インドに恐れをなして撤退したかどうかは分かりませんけど、中国ったら今度は世界一幸せの国、ブータンと対立しているようですよ。

 

弱いものイジメをする中国。

ヤダわぁ〜。

 

スポンサーリンク

 

それにしても。

チャイナセブンが行方不明中に、よくもまぁ、色々とやらかしてますね。

恐らく、中国軍が勝手に色々と動いているのでしょうね。

中国共産党と人民解放軍とはかなり関係が悪化しているようですしね。

クーデター騒ぎも最近あったとのツイートもありました。

 

中国国内は相当にめちゃくちゃ。

年内に中国なくなるんじゃないの!?

って、マコちゃんはチラチラ妄想してますよ。

 

そして。

中国では地震の前に終末音、天使のラッパが鳴り響いていたようですよ。

中国・貴州(威寧県秀山鎮堅強村) 地震前 鳴り響く謎の怪音

 

このラッパというか、金属音というか・・なんとも言えない音。

他の国々でもこの現象が起こってるのですよ。

 

Apocalyptic Sounds アポカリプティック サウンド(終末の音)2/2

 

もちろん、日本でも。

千葉県山武市 アポカリプティックサウンド Apocalyptic Sounds

この音は、アポカリプティックサウンドと呼ばれる音なのですが、ヨハネの黙示録に出てくる終末を知らせる天使のラッパから、終末音、天使のラッパとも呼ばれたりするんですねぇ。

この音の発生源は未だに不明。

NASAの見解では、放電現象の際に発生する音なのではないかとのこと。

アポカリプティックサウンドを研究している人々からは、地中から発生している音であって、地球のプレートが擦れ合っている音や、地中でなんらかの現象が起きているなどなど色々な説があるのですわ。

んまぁ、原因が分からないから、みんな勝手な妄想しちゃってねぇ。

マコちゃんは、これは完全に天使がラッパを吹いているとしか考えられませんわ。

かなり下手なラッパですけども。

一生懸命に天使さんが練習してるのですよ。

 

それにしても音が不気味すぎるから、終末感溢れてますわなぁ・・。

確かに終末音ですよ。

こりゃあ、本当に中国の終わりを知らせる音なんじゃないの!?

そして。

地震起きる前か後か分かりませんが、蛇が大量発生。

 

うおおおお!!!

こりゃあ中国終わったわ。

ヘビだもん、ヘビ。

ヘビじゃんよ〜!!

それにしてもこのオッサン、スゴイわぁ〜。

素手で何匹も投げ捨ててるもんなぁ・・。

祟りがおこらなきゃいいけども。

 

ウイルス、バッタ、地震、洪水、食糧不足、天使のラッパ、ヘビ・・

まさに中国は終末を迎えようとしているのかもしれませんよ。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

タイトルとURLをコピーしました