アリババ創業者、ジャック・マー氏が行方不明中。中国で勢力争いが激化!?

海外
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


日記・雑談(40歳代)ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

 

 

んちゃ。

アリババの創業者、ジャック・マー氏がこの2ヶ月間、行方不明なんですってよ〜。

 

老人クラブ・・それは言い過ぎだよ〜、マー君。そんな言い方ないじゃんよー。

マー君だって、顔がギュッと下に凝縮してるじゃんさー。

って、前々から思ってたんですよねぇ。

マー君の顔、ギュッとしてる。

ギュッとギュギュって。

どーでもいいことなんですけどね。

 

昨年、ブログにも書いたのですが、香港市場にアリババが上場してから、株価が一気に上がって、そこでジャック・マー氏は大量の株を売却。

およそ7000億円ほど現金化したようで。

すでにこの時から身の危険を感じてたんでしょーなー。

現金化して、スイス銀行にでも預けているのでしょうかね。

 

ジャック・マー氏は江沢民派の人。

習近平らを”老人クラブ”だなんて言えるのは、バックに江沢民がいるからでしょう。

でもまぁ、習近平もそんなことを言われて黙っているわけにはいかない。

でも今頃は、病院のベットにいるか、リハビリをしているのかもしれませんけどね。

 

アメリカも対立が進んでいて、中国でも対立が進んでいる。

ん〜〜・・。

なにこれ。

仕組まれてんのか!?

中共がアメリカの分断に関与してましたけど、中国では勢力争いが激しさを増している。

もしかしたら、どっかの闇の支配者が関与していたりして。

スポンサーリンク

 

マコちゃん、年末年始もグーグル先生を使いながらネットサーフィンしたり、Twitter見たり、YouTube見たりしてたのですがね。

アメリカのBLMだとか、共和党と民主党の対立などなど。

これは全て台本通りなのかもしれません。

真実かどうか分かりませんけど。

BLM運動は、投資家のジョージ・ソロスが関与していたというのは有名な話し。

 

トランプ VS ジョージ・ソロス

 

と見せかけて、実はこれはシナリオ通りという可能性も確かに否定できない。

以前、ロスチャイルド家同士の争いなのかもと、ブログにも書いたのですが、マコちゃんの妄想の中でも、茶番というシナリオも捨てきれない。

トランプ大統領の娘婿、イバンカさんの旦那さん、ジャレッド・クシュナー氏。

彼には弟がいるのですが、その弟が設立した不動産会社にジョージ・ソロスと、ジャレット・クシュナー氏が共同出資しているそう。

マコちゃん、こんなの知りませんでした。

ジャレッド・クシュナー氏はトランプ大統領の上級顧問なんですよね。

重要なポストに、ジョージ・ソロスと関わる人を置くだなんてねぇ。

しかも、娘のイバンカさんの旦那さんですよ。

そして。

クシュナー氏はユダヤ教。

ジョージ・ソロスもユダヤ教。

なんだかな〜、繋がってるよねぇ〜。

やっぱ、茶番かなー。

 

んで。

ジョージ・ソロスは今は中国嫌いで有名。

それは、ジョージ・ソロスは習近平が嫌いなんだとか。

どうやら江沢民派は、ロスチャイルド家との関わりが強いようで、ジョージ・ソロスはデイビット・ロックフェラーに代わって、ロスチャイルド家の番人。

中国での勢力争いが増しているのも、ジョージ・ソロスが一枚噛んでいるのかもしれません。

 

なんだか複雑すぎてよく分かりませんけど。

マコちゃんが妄想してみますと。

アメリカでの2極化も、全てシナリオ通り。

トランプ大統領が正義役、バイデンを悪役と仕立てて対立させ、不正選挙なんかもしてみて、アメリカ国内に混乱を作る。

ついでに新型コロナウイルスというスパイスも振りかけましてね。

1月6日の結果によっては、アメリカ国内は内戦状態に陥ってしまったりして。

世界経済を牽引しているアメリカがヤバ谷園に陥れば、世界経済もヤバ谷園に陥る。

そして、中国でも勢力争いを激化させれば、中国国内は大混乱に。

しかも、アメリカからの制裁がこのまま続けば、中国経済も崩壊へ。

中国企業の米市場上場が相次いで廃止になってますしね。

 

2つの経済大国がドボ〜んしちゃうと、世界経済

 

ドボ〜ン!!

 

しちゃうでしょう。

すでに新型コロナウイルスで世界各国、実体経済はヤバ谷園ですからね。

そうなれば、グレート・リセットできちゃうんじゃないの!?

って、妄想しちゃいました。

まぁ、真実はどうなのか分かりませんけど。

救世主と呼ばれているトランプ大統領が、1月6日に大逆転勝利したら、また面白くなってきますけど。

これでバイデンが予定通り大統領になってしまったら、つまらんわなぁー。

今までの出来事がシナリオ通りであるのであれば、最後は面白い展開にして欲しいもの。

せめて、そうしてもらいたい!!

 

それにしても、ジャック・マー氏はどこに消えてしまったのでしょうね。

さすがに殺されているわけではないでしょうけども。

近いうち、ギュッとした元気な顔を見せてくれるといいですけどね。

2021年も、アメリカと中国がマコちゃんのサードアイを釘付けにしちゃいそうです。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

タイトルとURLをコピーしました