フランスでまたまた暴動。暴動のきっかけはまたも黒人差別。茶番か?

海外
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

スポンサーリンク

 

んちゃ。

またまたフランスでは暴動が起きているようですよ。

警察による黒人暴行事件がきっかけのようです。

 

んで、こういう報道がされると、フランスではこうなる。

https://twitter.com/Mediavenir/status/1332707532205416450

 

まーた、黒い服の集団ですよ。

んもー、毎度毎度。

世界のどこかで暴動があると、必ず黒い服の人々が大暴れ。

今回もおそらく、Antifaの皆さんが参加しているのでしょう。

 

以前もフランスでは、Antifaが張り切って暴動を起こしておりましたよ。

6月のパリはこんな感じ。

https://twitter.com/jerome_riviere/status/1272938386098204672

 

パターンとして。

警察による黒人への暴行、射殺などが報道されるとデモが起き、黒服の人々が登場。

暴動に発展するというパターン。

毎度同じパターンじゃんか!!

 

BLM運動のきっかけになったのは、アメリカの警察官による黒人暴行、殺人。

ジョージ・フロイドさんの死によって、アメリカ国内はデモから暴動に発展したわけなのですが。

ただ、SNSなどでは、ジョージ・フロイドさんの死を怪しむ人たちが。

以前、このブログにも載せました。

https://twitter.com/kie_pai/status/1270847164105650176

 

真実はどうなのか分かりませんけどねぇ。

ただ、マコちゃんの妄想では、黒人差別を利用してAntifaが暴動できる雰囲気にしているような。

そんな妄想をしてしまいますの。

スポンサーリンク

 

今回のフランスの暴動も。

被害者を暴行したのは、本当の警察官なのか。

今の時代、至る所に防犯カメラがあるのは警察は一般庶民よりも承知しているでしょう。

特に建物内であれば尚更。

今回の防犯カメラの動画も、茶番なのでは?

な〜んて、妄想をしちゃうんだよなぁ。

結局、主要メディアも闇の連中のコントロール下にあるわけです。

そもそも、黒人差別のニュースを流せば、暴動に発展することはマスコミは分かってますからね。

そういうのを分かっていて、報道しちゃうしねぇ。

フランス政府だって、報道規制をかけることも可能でしょう。

でも、それをしないしねぇ。

 

ちなみに。

どういうわけか、報道されるのは黒人男性なんですよね。

黒人女性が被害者という報道がないんだわなぁ。

マコちゃん個人的には、これもな〜んか、不自然。

 

まぁ。

きっと、ジョージ・ソロスさんあたりがまた動いているのかもしれません。

SNSなどを見ていると、バイデンをはじめ、民主党界隈が焦っているとの情報も。

どーも、トランプ陣営が確たるヤバ谷園の証拠をたくさん持っているようで。

闇の連中は、とりあえず、ヨーロッパを混沌とさせる作戦か。

んもー、年の末にマコちゃんのサードアイをわし摑みしちゃうんだからなぁー。

ワクワクドキドキが止まらんじゃんねー。

 

年末に向けて、闇の皆さんたちもラストスパート。

一生懸命に世界を混乱に陥れようとしているのかもしれません。

でも、ちょっとやり口がワンパターンすぎるような、分かりやすいような。

まぁ、そんなこんなで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

タイトルとURLをコピーしました