中国、新型コロナウイルスの損害賠償請求額、1200兆円を超える。

海外

 

んちゃ。

中国は相変わらず、周辺国に対して挑発行為を繰り返しておりますよ。

 

 

ったく、中国国内が大変だというのに何してんだかなぁ。

しかも軍艦内は密だというのに。

中国には3密という概念がないんですかねぇ。

このまま軍艦で挑発行為を続けていると、そのうちに自滅してしまいますよ。

新型コロナウイルスに感染する危険性をも顧みず、挑発行為をするということは、

 

中国は戦争する気満々

 

ということなのでしょう。

そして、アメリカも着々と戦争準備をしていることでしょう。

 

 

マコちゃん調べによりますと。

日本では、テレビなどであまり報道されていませんが、現在、中国は各国から次々と損害賠償請求されておりますよ。

今のところ、損害賠償請求している国々はというと。

アメリカ、イギリス、ドイツ、インド、イタリア、エジプト、オーストラリア、ナイジェリア。

ビックリしたのが、ドイツが入っているとこなんですわ。

新型コロナウイルス前は、ドイツと中国はあんなに密だったのに・・

あ、いけない、いけない。

密、密、言うから密、使っちゃうわぁ〜。

スマホゲームアプリにもなってますし。

twitterで話題の小池都知事が飛ぶ3D密ですゲームがバカおもろいw【3D密です】

 

まぁ、そんなことはどうでも良くて。

 

ドイツは新型コロナウイルスを機に、中国とお別れしようとしているのかも。

中国と密してても、良いことないですからねぇ。

またこれで密していたら、またヘンテコなウイルスに感染させられてしまいますよ。

さっさとお別れした方が良いですわ。

ですが、中国はドイツに対して激怒しているようですけどねぇ。

相変わらず、中国はすぐキレる。

独メディアの賠償請求に中国激怒、大使館が猛抗議―米華字メディア
19日、米華字メディア・多維新聞は、独メディアが中国に賠償請求すると報道したことに、中国大使館が抗議したと伝えた。写真はベルリンの中国大使館。

 

んで。

中国に対しての損害賠償の請求金額なのですが。

エジプトはなんと

 

10兆ドル。

 

日本円にして、1000兆円以上ですよ。

まぁ、エジプトは観光収入で儲けている国ですからね。

新型コロナウイルスの影響で、観光客は激減。ということは観光収入も激減。

でも、1000兆円はスゲー。

 

ちなみに。

ナイジェリアは22兆円。ドイツは17兆4500億円。

アメリカではすでにミズーリ州が損害賠償の提訴を起こしていますけど、他の州、国としても今後損害賠償の提訴をするそうですよ。

とんでもない金額を請求しそうですけど。

今のところ、中国に対しての損害賠償請求の金額は、

 

1200兆円越え。

 

ウッヒョヒョ〜〜〜!!

♪───O(≧∇≦)O────♪

 

こりゃあ、さすがの中国も支払えないでしょうよ。

てーへんだ、てーへんだ、こーしちゃいられねぇーぜ。

 

まぁ、中国を提訴したところで、中国が実際に損害賠償金を支払うかというと、支払う気など全くないでしょう。

 

そうなると。

最終的には

 

戦争

 

でしょうな。

 

 

以前にもブログでマコちゃん書いていましたよね。

各国から損害賠償請求されて、最終的には戦争だと。

あくまでマコちゃんの勝手な妄想なのですが。

 

現在、アメリカの世論では新型コロナウイルスの責任は中国だというのが約8割なのだそうで。

 

コロナに喘ぐ米国、8割の国民が「中国に責任あり」
米国議会で高まる中国政府に損害賠償を求める動き

 

現在、アメリカは失業者が急増してますね。

失業したのは新型コロナウイルスのせい。

新型コロナウイルスを隠蔽したのは中国。

 

自分が失業したのは中国の責任ということじゃんねー。

 

ということで、アメリカ国民は反中感情が高まっている模様。

まぁ、マコちゃんからしたら、うまいこと国民感情を誘導したなぁ〜と、妄想しながら納得しておりますよ。

 

どういうことかというと。

 

新型コロナウイルスの感染者数、死亡者数共にダントツトップなのがアメリカですよね。

以前にブログにのせたYouTube動画。

テレビの報道では医療崩壊が起きるほどの患者が押し寄せているかのうような映像でしたけど、実際に病院に行ってみるとそんな混乱は全くない。

いわゆる、フェイクニュースだったという動画でした。

YouTube動画がフェイクの可能性もありますけど、マコちゃんのサードアイからすると、YouTube動画が事実だと訴えておりますよ。

 

恐らく、アメリカ政府は新型コロナウイルスの感染者数も死亡者数も水増ししている。しかもだいぶ多く。

そして、マコちゃん調べによると、アメリカでは死亡者に対して、検査をしないでも新型コロナウイルスだと医師が判断した場合、死因を新型コロナウイルスとして良いとしているそう。

しかもそうした場合、医師にはお金が支払われているとか。

まぁ、この話しは真実かもしれませんし、真実じゃないかもしれないし・・ご自分で判断してくださいね。

でも、可能性はなくもない。

 

すでにアメリカの新型コロナウイルスの感染者数は100万人を越えているますからねぇ。死者数も約6万人。

 

ということは、恐らく。

アメリカは中国への損害賠償請求の金額は、とんでもない金額を請求。

それに対し、中国は

 

アイヤぁ〜〜

中国悪くないあるよ〜。

お金払わないよ〜。

いつもアメリカ調子乗ってるよ〜。

そんな態度ならやってやるあるよ〜。

アメリカ、ぶっ潰してやるあるよ〜。

アメリカ、歴史ない。

中国4000年歴史あるよ〜。

 

そうなると、すでに失業者で溢れているアメリカでは、アメリカ国民の中国への怒りが大爆発。

政府としても、難なく中国との戦争に持ち込むことができるわけですよ。

そして。

中国に対して損害賠償請求している国々、反感を持っている国々が多くいますから、アメリカとしても戦争に持ち込みやすいでしょう。

 

しかも。

 

台湾にとっては、これを機に中国共産党を潰すチャーンス。

以前ブログに書いた三峡ダムが決壊しそうだという記事を書きましたね。

 

世界最大の三峡ダム、決壊間近か。武漢、上海も水没。中国消滅の危機に。
世界最大の三峡ダムが決壊間近かもしれないとのことです。何年か前から三峡ダムは決壊するのではないかとの噂がありましたけども。もし、三峡ダムが決壊するとなると、新型コロナウイルスで有名になった武漢、上海も水没。核爆弾を落とすよりも酷い被害になるとの噂です。つまり、中国消滅の危機とまで言われているのです。

 

台湾は、すでに三峡ダムに向けて、ロケットを配備。

しかも北京に向けてもロケット配備はできているそうですよ。

台湾、中国潰すき満々。

 

ということで。

2020年下半期〜2021年にかけて、戦争の可能性がとても高いのではないかと、マコちゃんは妄想しております。

新型コロナウイルス対策、地震対策、世界恐慌対策、そして戦争対策。

2020年は対策すること多すぎるわぁ〜。

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました