レバノン全土で停電。ハイパーインフレ、そして預金封鎖。日本も他人事ではない

経済

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

カルロス・ゴーンさんが住んでるレバノンで、全土停電が起きてしまいましたよ。

 

世界のあちらこちらで燃料不足。

ただ、レバノンは燃料を買うお金がない。

なぜなら、昨年3月にデフォルトをしちゃってますからねぇ。

しかも、ベイルートの爆発事故から、当時の政権が総辞職。

レバノンでは宗教や宗派が入り乱れ、閣僚のポストを狙って、勢力争いが繰り広げられていたそうで。

そんなことしちゃってたので、政治の空白期間が長引いちゃって。

新政権がなかなか発足されないので、国際援助もできないというねぇ。

今までも計画停電はしていたようですし、ちょいちょい停電は起きていたみたいですよ。

ようやく今年の9月中旬に新政権を発足したというのに、今回はレバノン全土で停電ですからねぇ。

今回は軍がなんとかしたようですけどね。

 

火力発電用の燃料もいつまでもつのでしょうかねぇ。

そう長くは持たなそうですが。

 

レバノンは停電だけではなく。

預金封鎖にもなってしまいました。

 

強制的に、預金没収。

なんてこった。

レバノンの失業率は昨年の8月時点で、30%、40%と言われていますからね。

今はもっと酷い状況かもしれません。

もちろん、ハイパーインフレなので物価は高すぎる。

極めつけが預金封鎖だもんなー。

すでに、国として崩壊している状況。

国が国民を殺しにかかってきてますわ。

恐ろしい。

実に恐ろしいですよ。

ゴーンさんはどうしているのでしょうかねぇ。

スポンサーリンク

 

日本も他人事ではないですからね。

経済崩壊すると、こんな事態に陥るんですよ。

この事態は、どこの国もあり得る話し。

経済に殺されるという状況を、まざまざと見せつけられてます。

 

中国ではすでに停電が起きており、ヨーロッパも停電の可能性が出てきている。

そして、インドでは計画停電が始まっている模様。

 

世界がエネルギー不足の中、日本は円安が急激に進んでますの。

 

ユーロも軟調気味なようで、資源国ではない国の通貨が売られているようですよ。

円安となって、日本経済もデフレ脱却という期待もあるようですけど。

給与が上がらないと、全く無意味。

単なるスタグフレーションになってしまいますからね。

現在もそんな感じがしますけど。

 

そして。

首相のキッシーはこんなこと言ってます。

 

法人税を減税して、所得倍増・・。

法人税をまともに支払っている大企業はほぼないというのに。

そして、今まで法人税を下げてきて、給与に還元されたのではなく、株主への配当金に還元されてきたわけで。

今回、法人税を下げたところで、また株主への配当が増えるだけでしょう。

そしてまた消費税を上げるのでしょうねぇ。

結局、日本政府は国際金融資本家の皆さんにお金配りをしているだけ。

そして、日本国民をますます貧乏にして、生きづらくしていくというねぇ。

ったく、誰が首相になってもこんなのが続いていくんですわ。

 

んで。

キッシーは現金給付は実現したいとのこと。

 

なんで子供に配る??

おカネで苦労しているのは大人だというのに。

子供は大人に養われているわけですからね。

意味が分からん。

まぁ、1度きりの現金給付で国民を誤魔化そうというしているんでしょうけどね。

どうせ配るのなら、全員に配った方が手っ取り早いだろうに。

せこいことしやがって。

 

日本政府がこんな感じなので。

これからの日本人はますます貧乏になっていく感じでしょう。

もしかしたら、このツイートの通りになってしまうかもしれません。

 

ということなので、日本もレバノンを他人事として見ていてはいけないのであ〜る。

もしもの対策としたら、以前からちょいちょい書いているビットコインかもしれません。

https://twitter.com/bitmexsen/status/1447485444455735297

 

キプロス危機の時には、現金をビットコインに変えていた人々は、資産を守れたという有名な話しがありましてね。

しかも、その時はビットコインの価格が急上昇したんですわ。

ビットコインも今後はどうなるかは分かりませんけどね。

もしもの時のために、少しでもビットコインを買って、リスク分散してもいいかもしれません。

万が一の時に、役立つかもしれませんよ。

 

報道でビットコインなどの仮想通貨を叩く記事がありますけどね。

ビットコインの時価総額はすでに100兆円超え。

仮想通貨全体の市場は250兆円を超えている。

そんな市場をぶっ壊すことは、恐らくないでしょう。

国際金融資本家の人々も、自分の資産を守るのにビットコインを利用しない手はないはず。

って、マコちゃんは妄想してますがね。

ただ、ビットコインを買うときは自己責任ですからね。

それをお忘れなく。

という事で、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました