パンデミックで株価暴落。日銀の破綻が現実味。年金も溶けて、ヤバイよ、ヤバイよ〜。

経済
スポンサーリンク

 

んちゃ。

ようやくWHOがパンデミックという判断をしましたね。

 

 

テドロス、言うのが遅いんだよ、お前は。

まったく、習近平やら、国際金融資本家から脅されているのでしょうけも。

で、パンデミックって、言っちゃって大丈夫なの?

テドロス、君、奴らにボッコボコにされない?

なんて、チョビっと心配してますけども。

まぁ、今回のことで、WHOという機関も闇の勢力の魔の手に染まっているのがよく分りましたわ。

 

 

さて、タイミング良く日本が『緊急事態宣言』を可能とする法案が衆議院で可決されましたよ。

 

 

 

明日までに、日本でも『緊急事態宣言』が可能となる法案は成立するようで。

日本でも新型コロナウイルスの感染者拡大を続けているので、来週には、シンゾーが緊急事態宣言をするかもしれませんね。

 

ただ。

心配なのが経済状況。

パンデミックでダウも史上2番目の下落。

 

日経平均も19,000円を割りました。

 

 

日経平均が19,000円を割ってしまったので、

 

日銀がヤバイ!!

 

日銀は一生懸命、お金を刷って株や投資信託を買ってきましたからね。

でも日経平均19,500円を割ってしまうと日銀は含み損が発生してしまうようで。

このまま日経平均が下落を続ければ、日銀は債務超過になってしまうのですよ。

 

こんな中央銀行は、

世界に一つだけ。

世界に一つだけの銀行。

 

ナンバーワンにならなくても良い、

もともと特別なオンリーワン。

 

それが

 

日本銀行。

 

いやいや、特別なオンリーワンになってる場合じゃない。

今の世界情勢からすると、今後も株価の下落は止まらないでしょう。

そうなると、日銀の債務超過は免れない。

んじゃあ、どうするの??

こうするしかないのでしょうねぇ。

スポンサーリンク

 

日銀が大変だぁ〜。

政府が新規国債を出す。

日銀がそれを受け取り、お金を刷る。

日銀は刷ったお金を政府に渡す。

政府はそのお金を日銀の債務に充てる。

 

 

確かに。

 

なんじゃそれ!?

 

ですよ。

こうなってくると『円』の信用が無くなって、円の暴落になるんか!?

よく分からなくなってきますけど。

いっそのこと、日銀は投資信託も株式も全て売却してしまえば良いのかといえば、そんなことすれば日経平均は大暴落。

日本発の大恐慌になってしまうかもしれない。

そして、GPIFが持っている株式が暴落。

そうなると、日本国民の年金がトロトロに溶けていってしまうというね。

 

んも〜、

どうにもならんじゃんねー。

 

もう分かっているとは思いますけども、投資信託や株式は売却しておかないと、とんでもない大損してしまいますよ。

 

今後、日経平均が2万円を超えてくるなんてことはまず無いでしょう。

多分。

おそらく。

 

今までは日銀やGPIFが買い支えてきてましたけど、もう限界状態。

このまま、投資信託、株式をガチホし続けても、将来の値上がりは期待できない。

やはり、投資信託、株式はさっさと売る方が懸命かと。

 

あ。そう言えば。

年金2000万円問題なんてものがありましたよね。

その時に、iDeCoやNISAを始める人たちが多くなったそうですが。

きっと、

 

やんなきゃ良かったぁ〜、

 

と、後悔している人が大勢いるでしょう。

iDeCoなんて、60歳までお金引き出せませんからねぇ。

しかも口座維持手数料も取られますし。

とりあえず掛金を最小にしておいた方が良いのかもしれません。

NISAは解約するか、やはり掛金を最小にしておいた方が良いのかもしれませんよ。

まぁ、最終的には自己判断ですが。

日銀がこんな状態だと、シンゾーも

 

緊急事態宣言

 

なんて、言い出すのも躊躇しちゃうかもなぁ。

でも、緊急事態宣言出せるようにしちゃったもんねぇ。

ただ、緊急事態宣言を出した場合、

確実に日本の経済は今以上に制限されてしまうわけなので、ますます株価は下がっていくことになるでしょうね。

来週もクロちゃん、シンゾーから目が離せないじゃんねー。

 

 

そして、パンデミックになってしまったので、カタストロフィー債は大幅に元本割れ。

カタストロフィー債に関しては、コチラ。

WHOがパンデミック宣言しない理由はカタストロフィー債(CAT債)が原因!?
世界が新型コロナウイルスで感染拡大している中、WHOがなかなかパンデミックの宣言をしません。その理由として、カタストロフィー債が理由なのではという憶測が飛んでいます。カタストロフィー債(CAT債)は世界銀行は発行した債権。高利回りの代わりに、パンデミック宣言されると、大幅に元本割れするという債権。

 

国際金融資本家の皆さんも、大損しちゃった感じです。

だいぶ債権市場も危険な状態なようなので、

 

タンス預金

 

が1番のリスク回避なんかなぁ〜。

とにかく、食品関係、生活雑貨の備蓄に励みましょう。

もう、何が起こるかわからん状態ですからね。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました