異常気象

スポンサーリンク
自然災害

亡霊の怨念か?7月なのに北京で雪が降る異常気象。六月飛雪とは。

中国では連日の大雨で洪水が多発、三峡ダムの決壊も危ぶまれている中、今度は北京で雪が降る異常気象があった。さすがの中国でも真夏に雪が降るというのは、異常な事態。この異常気象を受けて、中国では六月飛雪というワードがトレンドに。六月飛雪の意味とは。
海外

北京、昼間なのに真っ暗闇の異常現象。中国も気象兵器を手に入れたか?

21日、中国・北京では、午後3時ごろから暗闇に包まれ、稲妻や雷鳴が轟き、北京市民は恐怖したようです。異常気象として、片付けられそうですが、すでに中国は気象兵器(HAARP)を手に入れているのかもしれません。2年前には、南沙諸島でHAARPの建設に着手したとの報道もありました。
自然災害

大雨、高温、雹。異常気象なのか。気象兵器のせいなのか。

陰謀論の有名な一説には、気象兵器なるものがあるとか。それがHAARP。このHAARPの装置を使うと、気象をコントロールでき、大地震、火山噴火も起こすことも可能なんだとか。だからHAARPは気象兵器とも言われているんだわね。何か政治的な問題があったりすると、不思議と異常気象が起きたりしてね。どうしてかねぇ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました