サンフランシスコの路上はウンコで溢れてる。宮古島もその可能性?

社会

スポンサーリンク

 

んちゃ。

アメリカのサンフランシスコでは、路上にウンコがあちらこちらに落ちているそうですよ。

以前にシリコンバレーではキャンピングカーや車で生活する人々の記事を書きましたけども。

 

 

サンフランシスコの路上生活者にとって大変なのは、トイレがないこと。

日本の場合、公衆トイレが駅や公園などにあったりするのだけども、アメリカは公衆トイレがあまりない。

なので、路上生活は大きいのを催すと、仕方なく路上で、

 

 

『う〜〜〜ん、こ』

 

 

しちゃうみたいなんだわなぁ。

あまりにも路上にウンコが多いようで、ウンコマップが作られるほど。

 

引用元:https://hornet.com/stories/san-francisco-poop-map-ew/

 

これだけ路上にウンコが落ちていると、やはり社会問題になるわけでね。

衛生的にも良くないですし、感染症の危険性も出てくるわけだから、ある意味、ウンコは危険物。

そこでサンフランシスコ市では

 

 

『ウンコパトロールチーム』

 

 

を結成。

日々、路上のウンコを探し出し、処理をするという仕事内容。

ちなみに年収

 

 

2000万円

(手当含む)。

 

 

スゲー高収入!!

でも、サンフランシスコでは家賃がものすごい高いわけで、物価も高い。

2000万円あっても案外普通の暮らしなのかもしれない。

 

そもそもなんでこんなに路上生活者が増えたのかというと、不動産価格の高騰。

サンフランシスコは、アップルやGoogleなどのIT企業が集結している。

IT企業が大きくなればなるほど、働き手も多くなり、サンフランシスコに人が集中。それに伴って、不動産バブルに。

不動産価格が上がれば、家賃も高騰、物価も高騰という具合。

 

年収1300万円あっても車やキャンピングカーでの暮らしだもんねぇ。

異常だわ。

 

スポンサーリンク

 

んで、日本でも不動産バブルが目立っているところがあるんだわね。

 

それが

 

 

宮古島。

 

 

宮古島は新しく下地島空港がオープン。

そしてリゾートホテルの建設ラッシュ。

そのせいで、宮古島バブルが沸騰中。

 

宮古島は空き家がない状態だそうで、順番待ちもしているそうで。

家賃も高騰。

新築1DKで10万円とか、3DKで20万円超えとかだそう。

都心並みじゃんねーww!!

宮古島では結婚しても実家暮らし。

故郷の宮古島に帰ってこようと思っても、家賃があまりにも高く、帰ってこれない人が続出しているそうで。

 

ちなみに、宮古島の平均年収は約260万円。

平均年収260万円で、家賃が10万円となると、かなりの生活苦。

しかも空き家もない状態となると・・。

宮古島もサンフランシスコみたいな状態になったりして?

 

そのうちに、宮古島では浜辺でテント生活している人々が増えていく。

宮古島の美しい海にウンコが浮いている。

それをつつく熱帯魚たち。

それが社会問題に。

宮古島でもウンコパトロールチームが結成される・・。

って、流れになっちゃりしてね。

ま、もちろんマコちゃんの妄想ですけども。

 

 

ただ、宮古島の不動産バブルも長くは続かないでしょうね。

世界経済も先行きは良くなさそう感じだし。

景気が悪くなり始めると、最初に打撃を受けるのが観光産業。

宮古島の不動産バブルが弾けたら、怒涛の景気後退の合図だったりしてね。

あ、これもマコちゃんの妄想ですけどね。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました