新型コロナ、通貨安、トルコ西部でM7.0の地震。トルコ、デフォルト近い?

海外
スポンサーリンク

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

トルコの地震、かなりの被害が出ている模様です。

 

久しぶりに津波の映像を見ると、実に恐ろしい。

海沿いに住むのをたまに妄想するのですが、こういうの見ると、一気にシャットダウンしちゃいますの。

今のところ、今回の地震で800人以上の負傷者が出ているようですけど、今後はもっと増えていくのでしょうね。

スポンサーリンク

 

んで。

日本ではあまり報道されませんが、トルコは通貨危機に陥っているんですねぇ。

来年あたりには、デフォルトしてしまうのかなぁ〜と、マコちゃんは妄想しています。

2018年には、トルコ通貨危機でトルコショックが起こったのですが、それがまた起こってしまうのかも。

 

トルコの基幹産業は観光業。

でも、新型コロナウイルスの影響で、観光業は最悪な状況。

ドル建ての借入も多く、それに加えて通貨安。

そして今回の地震ですよ。

トルコは踏んだり蹴ったり、そしてウエスタンラリアートされてダウン寸前。

 

しかも。

外貨準備金がすでに4兆円を切ってしまったそうで。

外貨準備金は、輸入品の代金決済、借入の支払いが困難になった場合に使われたり、為替介入をする際に使われたりするんですね。

まぁ、あと4兆円残っているとはいえ、半年ほどで使い切ってしまうとか言われているようで。

まぁ、そうなるとどうなるかというと。

トルコの通貨、リラ安が今まで以上に、急速に進んでしまうのであ〜る。

外貨準備金がないわけですからね。

そうなると、為替介入ができない。

トルコがこれ以上リラが安くならないようにリラを買おうとしても、外貨準備金がない。

トルコ政府は、トルコリラが安くなっていくのを涙しながら見ているしかないのです。

 

こうなってしまうと。

トルコはデフォルトに一気に近づいてしまうわけでねぇ。

トルコ国債、それに関連するデリバティブをEU各国が大量に保有しているそうで。

トルコがデフォルトとなれば、EU各国も、

 

ア〜レ〜

 

な状態になってしまうのであ〜る。

でも今のEUはそんなことにかまってられない。

だって、新型コロナウイルスで大変なんですもの。

 

パリから脱出するのに、交通渋滞が・・。

 

トルコは、EU加盟国ではないですからね。

ギリシャ危機の時は、EUは必死にギリシャを支援しましたけど、トルコを支援することはないでしょう。

ちなみに。

ギリシャのGDPが約22兆円。

トルコのGDPは80兆円。

およそ4倍。

世界各国のGDPランキングでは19位。

ギリシャ危機の時でもあれだけ大騒ぎしましたからね。

トルコがデフォルトとなれば、EUはけっこうな影響を受けるでしょうし、そうなればアメリカ、日本への影響も出てくるでしょう。

世界各国、コロナショックで弱っているというのに、近いうちにまたトルコショック。

案外、結構な打撃になってしまったりして。

 

それにしても。

地震の負傷者、行方不明車が一刻も早く救済されるといいですけどねぇ。

まだ余震が続いているようですし。

最近は海外で立て続けにけっこう大きな地震が起きてます。

 

そういえば。

ビル・ゲイツが言ってましたもんね。

ウイルスよりも深刻なのが、自然災害だって。

ビル・ゲイツが言うってことは、今後は自然災害で世界をめちゃくちゃにする気か!?

そんな妄想しちゃいます。

 

日本では、横須賀、横浜で異臭騒ぎが続いていますからね。

地震と関連があるのか分かりませんが、マコちゃんの妄想ではそうなってしまう。

まぁ、いずれにしても、防災意識は常に高めでいきましょう。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました