新型豚インフルエンザはすでに人に感染。北京では新型コロナの変異型が。

海外
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

んちゃ。

さて、数日前に中国で新型豚インフルエンザが出たというニュースがありました。

 

中国で新型豚インフルを確認、パンデミックの可能性も

【6月30日 AFP】中国の研究者らは29日、新型の豚インフルエンザが確認され、パンデミック(世界的な大流行)が起きる可能性もあると、米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した。

「G4」と名付けられた新型豚インフルエンザの株は、遺伝的に2009年に流行した豚インフルエンザH1N1に由来するという。発表した中国疾病予防抑制センター(Chinese Center for Disease Control and Prevention)と同国の複数の大学の研究者らは、「高度に適応して人間への感染力を持ちやすい全ての本質的な特徴」を備えているとして警鐘を鳴らしている。

 研究者らは2011年から2018年にかけて、中国10省の食肉処理施設と動物病院1か所で、豚の鼻腔から綿棒で3万点の検体を採取し、179株の豚インフルエンザウイルスを分離した。その大半が2016年以降に豚の間で流行している新型だったという。

 これら分離されたウイルスを用い、人間と似た発熱、せき、くしゃみといったインフルエンザ症状を示すフェレットを使ったものを含むさまざまな実験を行ったところ、G4は感染力が強く、ヒトの細胞内で複製を行った他、フェレットでは他のウイルスよりも深刻な症状が観察された。

 また実験では、季節性インフルエンザへの感染で獲得される免疫は、G4に対する防御効果がないことが明らかになった。

 養豚関係者を対象に実施した抗体検査では、10.4%が過去に感染したことがあるとの結果が出ている。同じ検査で、養豚関係者以外の一般の人々の抗体保有率は4.4%となっている。

 そのため、豚からヒトへの感染がすでに起きていることは明らかだが、科学者らが最も懸念するヒトからヒトへの感染が起きるかどうかについては証拠がまだない。

引用元:

中国で新型豚インフルを確認、パンデミックの可能性も
【6月30日 AFP】中国の研究者らは29日、新型の豚インフルエンザが確認され、パンデミック(世界的な大流行)が起きる可能性もあると、米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した。

 

 

また中国・・。

これ、ホントに本当??

な〜んか、怪しい感じするもんなぁ〜。

中国はさっさと対応してくれるかと思いきや・・

 

やっぱ、中国共産党。

期待を裏切らないわぁ〜。

新型コロナウイルスの時は、隠蔽してパンデミック。

新型豚インフルエンザは、重大視しないで

 

パンデミック!!

 

な〜んてならんでしょうね?

どーもこの中国発のウイルス関連は、仕組まれた感がムンムンするんだわなぁ〜。

んで。

日経はこんなツイートをしてる。

 

人から人に感染しなければ広がらない・・。

ん??

それ、新型コロナも季節性インフルも同じだろ。

なに言ってんだか。

ひょっとしたら、この新型豚インフルエンザ、パンデミック起こしちゃうんじゃないの!?

ひょっとしたら、ひょっとするでしょ。

新型コロナウイルスの時は、心配いらないようなこと言っておいて、あっという間に世界中に広まりましたからね。

前振りなんじゃないの?

新型コロナウイルスの次は、新型豚インフルエンザですよっていう。

 

スポンサーリンク

 

そして。

報道はされていませんが、北京はカオスな状況なようですよ。

●北京はもはやカオスの状況

 6月27日午前5時までのデータは以下の通り。北京市のコロナウィルスの確認感染者数は2万6342人、死亡者数は2756人。現在は公安による「疑似患者狩り」が始まっていて、301病院(※)では80人超えの感染者が確認されました。

 現在は周辺の省までに感染が拡大しており、このデータは北京のすべての病院ではなく、およそ約7割くらいのものと思います。この数字は真実です。

(※301病院)人民解放軍の軍医病院であり、中南海の高官、習近平指導部である俗に言う“チャイナセブン”が病気になったら通院、入院する所謂“御用達病院”のことです。

 6月26日の夜に、私の同僚は「夜襲」を受けました。国家安全局(公安)の要員たちが急に病院に入ってきて、私たちの通信機器を検閲しはじめました。スマホ、パソコン、USBメモリなどのストレージ等々。中身の内容を全てチェックされました。その後は5人の同僚が拘束され、翌27日の午前中になっても未だ釈放されず、連絡すらありません。拘束の理由は、同僚たちがパソコン内の患者数データを写真で撮ったか、また中国製の医療用マスクはほぼ不合格だ。KN9(※)シリーズのマスクとN9シリーズのマスクは別物の偽物だ、というメモが見つかったためだと思われます。

(※KN9マスク)日本のAmazonでも中国人が出品しているKN95というブランドのマスクは保護効果のない偽物です。

●クーデターも発生か!?

 6月23日の夜に北京市内に発砲音が鳴り響きました。目撃情報がありす。その後、ある警察専用の病院に十数人の怪我人が搬送されました。その内4人は病院で死亡。年齢は27~32歳の人民解放軍近衛兵と武装警察です、しかし病院が(指示を受けて)患者の職業、身元を病院のパソコンに登録しませんでした。

 多くの北京市民が外に逃亡し、逃げ遅れた人たちは豪雨、洪水に備えるため、食料品の買いだめが始まりました。

●北京でコロナウイルスの突然変異と国民監視強化

 病院内部に確認したところ、コロナウイルスの変異がすでに始まっています。従来のPCR検査キットが既に無効化してしまいました。何とその精度はわずかに30%です。広い範囲のPCR検査は、感染者の特定が目的ではなく、人々のDNAを採集するためです。理由は、現在、北京市民にマスク着用が義務化づけられていて、街中の監視カメラの市民を監視する効力が大幅に低下したからでしょう。現在は、クーデターを防ぐ目的で、北京市内の人間を監視して、ビッグデータ化を推進しているのです。

 このところ北京市内は気温上昇が原因で、感染が拡大しました。新型コロナウイルスは低温の場合は物の表面に留まると生存時間が長くなり、繁殖力が落ち込みますが、高温の場合は物の表面に留まると生存時間が短くなる一方、繁殖力が高くなります。

 北京の感染拡大は5月末の全人代(全国人民代表大会)が開催された最中です。まさに3000人もの代議員が全国から集まる全人代こそが、パンデミックを誘発したといっても過言ではありません。しかし、感染の拡大は習近平が6月11日、寧夏回族自治区を訪問するまで隠蔽しました。夏至(6月21日)になったらさらに感染が広がっています。秋になると少し抑えられるかもしれません。

 

引用元:

北京は今や混乱状態!変異コロナのパンデミックからクーデーターまで!? | オピニオンの「ビューポイント」
 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。  日本のメディアは、今中国が危険な事態になっていることをろくに報道もしません。どういうことかと言えば、三峡ダム決壊寸前、長江流域大洪水、武漢水没、北京感染拡大、そしてクーデーター発生…等々、今や中国は明らかに大変な事態に瀕しています。  このままでは、中国に進出している日本の企...

 

新型コロナウイルスの変異型が北京で・・。

やはりチャイナセブンは、新型コロナウイルスの変異型を恐れて、雲隠れしているのかも。

中国国内はなんだか怪しい動きか色々ある模様ですねぇ。

 

昨日、日本では習近平の国賓来日中止を求める決議案をまとめたようで。

 

これって、習近平が来日できないんでしょ、多分。

中国政府は自民党の中止案に、パフォーマンスと反発しているようですけど。

習主席の国賓来日中止を 自民決定に中国政府が反発|テレ朝news
 自民党が中国の習近平国家主席の国賓来日を中止するよう政府に求める方針を固めたことに対し、中国政府は「パフォーマンスだ」と反発しました。  中国外務省・趙立堅副報道局長:「彼らの反中パフォーマンスは中国にとっては全く意味がなく、我々は彼らに関わる暇もないし、興味もない」  中国外務省は3日の会見で「日本の一部の人は、...

 

今頃、習近平は安全な場所に避難中なのだと、マコちゃんは妄想しています。

自民党が気を利かせて、来日を中止にしようとしてあげてる。

中国、今も大変ですし、これからはもっと大変な状況になるでしょうからね。

 

ネットでは、ヨハネの黙示録が現実化しているようなことがけっこう言われていますが。

確かに、サバクトビバッタ、食糧不足、新型コロナウイルス、水害、地震・・

ということは、最終的に中国は滅亡するということ!?

そして中国滅亡後には、新たな時代、新たな国ができあがるというわけなのか・・。

 

この世を支配する皆さんは、世界をシナリオ通りに事を進めると言われていますけども。

聖書のヨハネの黙示録のような展開を現実世界に起こして、新たな時代に、

 

チェーンジ!!

 

しようとしているのかもしれません。

でも、世界をそのシナリオ通りに進めるのに、一般庶民が犠牲になるのはやめていただきたいんですけど。

でも奴らは人口削減を狙ってる・・という都市伝説がありますが。

都市伝説や陰謀論止まりにして欲しいものですが、果たして・・。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました