JAバンク、ゆうちょ銀行が倒産危機か?預金はタンス預金がベスト?

お金
スポンサーリンク

 

んちゃ。

さて、日本のメディアではなかなか経済が

 

ヤバミィ〜〜

 

みたいなことは、ほとんど報道しないのですが。

まぁ、東京オリンピックを前にしてますからねぇ、経済のネガティブな話しはなるべく報道しないのは当然でしょう。

 

さて、マコちゃんが今年大注目している世界恐慌。

以前に中国の銀行が倒産していることを書いたのですがね。

 

2020年 中国発の世界恐慌の可能性。
アリババのジャック・マー氏が、中国の企業家向けの経済フォーラムで、今の中国は経済がだいぶ悪いが、2020年はもっと悪くなると発言。中国では地方銀行が次々と倒産しており、ゴーストマンション、ゴーストタウンがあちらこちらで見られる。日中貿易摩擦の影響は2020年から本格的に始まる。2020年は中国発の世界恐慌の可能性が高い

 

日本も他人事じゃないのですよ。

 

で、ヤバイ金融機関。

ずばり、

 

JAバンク、

ゆうちょ銀行。

 

この2つの金融機関、全国的に利用している日本国民多いじゃんねー。

 

何がヤバイかっていうと。

預金者のお金を使って、ヤバイのを買ってるんですわ。

まぁ、強めのお薬とかではないですけど。

ハイリスクな金融商品を大量に購入しているのですよ。

預金者のお金を使ってね。

もう一度言っておきますよ。

預金者のお金を使って、ハイリスクな金融商品をを買ってるんですよ。

 

どんな金融商品を買っているのかというと、

それは

 

CLO

 

という金融商品。

 

CLOというのは何かというと。

主にアメリカではレバレッジド・ローンとい融資があるんですね。

そのローンを利用するのは金融機関から信用がない、融資を受けられない企業。

つまり、信用力のない企業に融資するローンが、レバレッジド・ローン。

そのレバレッジド・ローンを利用している企業集めて、ひとまとめにパッケージし、証券化した金融商品を

 

CLO

 

というのだそう。

証券化されたものなので、もちろん売買が可能。

 

まぁ、信用力のない企業ばかりが集まった金融商品ですからね。

ちょっと経済が悪くなれば、当然、次々と企業が倒産していリスクがあるわけでね。

そうなると、最終的にCLOという金融商品は紙くずになる可能性が非常に高い。

ちなみに、CLOの市場規模がつい最近、100兆円を突破したとか。

どうしてそんな危ない金融商品を購入しているのかというと。

ハイリスクだけども、

 

ハイリタ〜ン

 

だから。

世界的に国債は利回りが低いですからねぇ。

やっぱり利回りで稼ぐのであれば、ハイリスク、ハイリタ〜ンというわけなのでしょう。

 

ただ、CLOという金融商品。

アメリカ勢、ヨーロッパ勢は手放している。

どうして手放しているかというと、

 

そろそろヤバそうだから。

 

ヤバそうというのは、そろそろ世界経済がヤバイ。

経済崩壊が始まる気配がビンビンしている。

 

で、それでも購入し続けている金融機関が

 

農林中金

 

すなわち、

 

JAバンク。

 

じゃあ、どれくらいCLOを買ってるのか。

 

約6兆8000億円

※2018年12月末時点

 

ちなみに、ゆうちょ銀行は

 

約1兆円

※2018年12月末時点

 

約1年前でこんな金額ですからね。

おそらく、現時点でもCLOの保有が減っている可能性はないでしょう。

なぜならCLOを売れば自分たちの首を締めることになるから。

すでに欧州勢はCLOを手放しているわけですからね。

欧州勢が手放したCLOは農林中金、ゆうちょ銀行が買っているわけですし。

農林中金、ゆうちょ銀行がCLOを大量に売り始めても買い手がいない。

買い手がいなければ、CLO市場が暴落するわけですね。

ひょっとしたら、農林中金もゆうちょ銀行もCLOを買い増ししている可能性がある。

というか、買ってるんじゃないのかねぇ〜。

 

ただ、安心材料として。

農林中金、ゆうちょ銀行も

 

AAAの格付けのCLOしか買ってない!!

 

と、おっしゃっている。

 

・・・。

 

いやいや、フツーに考えてだね。

 

CLOにAAAも何もないんじゃないの!?

 

って、ことです。

 

おそらく、ゆうちょ銀行も農林中金もヤバイ商品、最終的にはとんでもない結果になることは分かっているでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

じゃあ、どうしてCLOを買ってしまうのか。

 

ここからはマコちゃんの妄想ですよ。

きちんと、マコちゃんの妄想として理解してくださいよ。

 

郵政民営化したのは誰ですかね。

そう、

 

小泉純一郎氏。

 

公務員を減らすだとか、郵政の資金を個人や企業の民間に回すだとか、言ってましたけども。

実際は、ゆうちょ の100兆円を超える預金をアメリカの金融資本家たちが狙って、純ちゃんに民営化するように脅してきた・・いやいや働きかけてきたわけです。

そして純ちゃん、無事に郵政民営化に成功。

ただ、郵政民営化しても、な〜んも経済的に良い影響がない。

逆に、保険の押し売りやら、投信の不適切販売が横行。

民営化してからは悪いこと続きなのであ〜る。

そして、今回のCLO。

おそらく、ゆうちょ銀行が破綻しかけると、外資の金融機関がゆうちょ を買収するというシナリオなのでしょう。

 

そして、

 

『農林中金はいらない!!』

 

なんて、発言した人物を覚えているでしょうかね。

ほとんどの人は知らないかもしれないですが。

そう、

 

小泉進次郎氏。

 

進次郎氏は自民党農林部会長を努めていました。マスメディアを引き連れて福島の農家に赴いたりしてましたけども。

進次郎氏は父上に似て、自己アピールはそこそこなようで。

ただ種子法廃止の件で、農家からも国民からも大ブーイング。

と言っても多くの国民は森友学園の件で、この種子法の件についてはほとんど知らずに終わってしまっているのですね。

種子法廃止に関してはまた機会があればということで。

 

農林中金の資産は100兆円を超えているわけです。

そりゃあ、アメリカの金融資本家たちは農林中金のお金を狙わないわけないでしょう。

農林中金が破綻しかけるとき、これまた外資が入って農林中金を買収するというシナリオとなるのかもしれません。

 

ちなみに、小泉親子はジャパンハンドラーズと呼ばれる人たち。

日本という国を、アメリカの言うとおりに運営管理していくお役目を担っているわけです。

 

ジャパンハンドラーズについてはこちら

小泉進次郎氏、滝川クリステル氏の結婚は政略結婚か??
小泉進次郎さんと滝川クリステルさんが結婚したようで。政略的にしか感じなのですが。進次郎さんは関東学院大学を卒業後に、コロンビア大学の大学院に進学。大学院修了後、ワシントンにある戦略国際問題研究所(CSIS)に就職。このCSISは別名、ジャパン・ハンドラーズとも呼ばれているのですよ。要は、日本を影で操る存在という事。

 

要するに、アメリカの金融資本家から日本国民の預金が狙われているということなのでしょうね。

 

まぁ、あくまでマコちゃの妄想ですよ。

とっても真実味がありそうに思えますが、マコちゃんの妄想です。

ただ、

 

妄想が真実だった

 

な〜んてこともありますけどねぇ。

そして、つい先日にこんなニュースがありましたね。

農林中金が本店ビル売却で第一生命と交渉、「リストラの覚悟」アピール
農林中央金庫が本店ビルの売却に向けて、第一生命保険と交渉していることが16日、分かった。複数の関係者によると、早ければ2年後の売却・移転をにらんで、数百億円に上る売却額などを詰めている。マイナス金利政策の長期化で運用環境が悪化する中、J A(農協)などに対してリストラの覚悟を示す狙いもある。

 

あらら。

そろそろ農林中金ヤバイ感じじゃんねー。

念のため、JAバンク、ゆうちょから預金を移動させた方が良いのかも。

と言っても、どこに移せばいいのやら。

やっぱりなんだかんだで、タンス預金かなー・・。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

タイトルとURLをコピーしました