人生の中で、好きなことができる時間が短過ぎることが判明。その対処法とは。

雑談

スポンサーリンク

 

んちゃ。

突然だけども、

 

 

アナタは今まで自分の好きなことが十分にできてるかい?

 

 

そう聞かれると、

 

 

『・・・。』

 

 

な、人が案外多かったりしてね。

 

 

マコちゃん、深夜にYouTube見ることが多いのだけども、久しぶりに

 

 

『わわわわぁ〜!!』

 

 

な、動画を見ましたよ。

 

それはつい最近、YouTubeで100万登録者を達成した『Naokiman Show』さんの動画なのですけど。

それがコチラ。

 

『大発表あり!』みんなの人生がどれぐらい短いのか。100万人ありがとう!!(モチベ下あり)

 

この動画を見た後、実に考えさせられましたよ。

日本人男女の平均寿命が

 

 

約84歳。

 

 

その84年の人生の中で、人はどれだけ自分の好きなことができる時間が持てるのか。

今回のNaokimanさんの動画を見て、かなり衝撃的でしたわ。

例として、以下を見てみてくださいよ。

時間にすると分かりにくいので、『年』で表しましたよ。

 

睡眠:27年

学校(小学校〜大学):約4年

仕事(40年勤務):約10年

通学(通勤時間40分):約1.5年

食事(1日90分):約5.5年

家事:約7年

テレビ:約8.5年

 

これだけでも84年の人生で、

約63.5年が以上のことに使われている。

ここまでで自由に使える時間はあと、

 

 

約20.5年。

 

 

続きは是非とも動画で確認してもらいたいのですが、

結果はかなり衝撃的だと思う。

大体の人が、

 

 

『ヤッベ。
ちょっと自分の人生見つめ直そう。』
 

 

という気持ちになるでしょうね。

 

だいたいの人は、どうせ生まれたのなら、なるべく楽しく人生を過ごしたいと思うでしょう。

でも今の世の中、なかなかそのような生活をするのが難しい。

働いてお金を稼ぐ必要があるし、生活していく上では家事はしないといけない。結婚して子供がいるのであれば、必然的に子育てはしなければならない。

家族が増えれば、それだけ自分が自由に使える時間は少なくなるでしょうね。

実際に自分が自由に使える時間はホント、少ないのですわ。

 

 

ただ、実際に自分の自由に使える時間を持つと、どれくらいの人が自分の好きなことができるのでしょうね。

実際は

 

 

『本当に自分がやりたいこと、
好きなことって、一体何??』
 

 

って、多くの人がそう感じるのでは?

結局、今の世の中、

 

深く考えずに働いて、家事して、寝て、テレビ見て、スマホ見てあっという間に1日が過ぎていく。

自分の時間があるのなら、

 

 

寝たい。
ゲームしたい。
テレビ見ていたい。
YouTube見ていたい。
 

 

まぁ、ある意味、それはそれで楽しいし、良いのかもしれないけども。

ただ、なんとな〜く、

 

 

『これで良いのか?』

 

 

なんて、思う瞬間は誰にでもあると思うのですよ。

 

でも、よく考えると、自分の好きなこと、自分のやりたいこと、どんな生活をしたいかなんて、考える余地がないような生活をしている気がしないでもない。

 

で、マコちゃんがよく閲覧するサイト『TOCANA』さんで、面白い記事がありましたよ。

スポンサーリンク

 

米・セントトーマス大学のアーロン・サケット准教授は、こうした時間の“伸び縮み”は物事に注意(attention)を傾けたときに起こると説明している。

「現在の時間の流れについて考えている場合、時間の認識に影響を与える最大の要因は”注意”です。時間の経過に注意を向けるほど、時間の経過は遅くなります。たとえば空想にふけることなどによって、時間の経過を見失う可能性が高くなります。『楽しんでいるときは時が足早に過ぎていく』と彼らは言いますが、実際には『他のことを考えているときは時が足早に過ぎていく』ようです。また、議論が白熱しているときや、大事なプレゼンテーションの直前など、あなたが間違いなく快適ではない時もしばしば時が早く過ぎます」(アーロン・サケット准教授)

 楽しい時間はアッという間に過ぎていくというのは本当は正しくなくて、実はその時間をめいっぱい余すことなくギリギリまで楽しんでいるのであって、後から思い返すとアッという間だったように思える体験ということになる。一方でボンヤリと考え事をして過ごした時間などのほうが実際は“アッという間”なのだ。

引用元:

 

実は。

楽しい時間がアッという間に過ぎていくのは正しくない・・。

時間がアッという間に過ぎていくのは

 

『ボ〜〜〜』っと、したり、

ぼんやり考え事したりしてる場合か・・

 

ということは、多くの人は日々、つまらない1日を過ごしているということなのか。

多くの人が日々

 

『ボ〜〜〜っ』としているのか・・。

 

あっ!

どおりでチコちゃんに叱られるわけだ。

 

 

『ボーッと生きてんじゃねーよ!!』

 

 

なんて5歳児に叱られるわけだね。

確かに、自分が子供の頃は時間が過ぎるのが遅く感じていたのだけど、歳をとるごとに時間が過ぎるのが早く感じる。

 

ん?

これって、マコちゃんたら、大人になるにつれて、妄想ばかりしてるからかも。妄想ばかりしているから時間の経過が早く感じられるのかもしれんなぁ。

ちょっと言わせてもらうけどもだね。

決してボーッと生きてるわけではない。

妄想に明け暮れているだけなんだわ。

 

ただね、もし時間の経過が早く感じられるのであれば、日々の生活の中で楽しいことを常に選択して生きていくのが良いのかもしれない。

これ、バシャールさんが言っていることね。

 

 

『ワクワクすることをしてください。』

 

 

って、やつ。

※バシャールさんについてはコチラ。

 

 

例えば、昼休みに、とある定食屋に行ったとして。

本当はA定食を食べたいけど、B定食の方が50円安いからB定食にする。

な〜んてのは、時間が過ぎるのを早くしてしまうわけですよ。

50円高いA定食を頼んでいれば、自分が食べたいものを食べる楽しみが発生して、時間が過ぎるのが遅くなる。

つまり、A定食を頼んだ方が、とても楽しい充実した昼休みを過ごすことができるということなわけだ。

 

人生の中で、自分が自由にできる時間が少ないのであれば、毎瞬、毎瞬、自分のしたい方、好きな方を選択して生きていくのが、より時間が長く、充実した人生を過ごすことができるということなのでしょうね。

そして、Naokimanさんがバシャールとの対談本を出したみたいです。

 

 

Naokimanさんの動画、なかなか面白いのだけども。

ただ、Naokimanの動画で時間を無駄にして良いものなのだろうか。

そう考えると、マコちゃんの大好きなNetflixは・・相当にNetflixに時間を使っている気がするな・・

ま、楽しいからいっか・・

ん!?良いのか!?

ま、いいや。

だって、人間だもの。。マコちゃん。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッとクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました