スウェーデンが集団免疫獲得に成功?日本も感染拡大でチャンスかも!?

健康
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

新型コロナウイルスに飽き飽きしていますけど、今日も新型コロナウイルスの話題。

今日の状況はどうかというと。

 

東京は感染経路不明が179人も!?

こ、こ、怖いねぇ〜。

恐ろしいよ〜。

 

沖縄が東京、大阪を抜いて全国最悪だって!?

 

PCR検査に長蛇の列。

 

沖縄がパニックじゃんよ〜。

大変だ、大変だぁ〜!!

 

全国の感染者が4万人を超えてるってぇ〜!!

 

もうダメだ。

日本、終わった・・。

 

って、感じには全然ならんのよなぁ〜。

そりゃあ、日本全国各地で検査してるんだから、感染者は増えるでしょーよ。

なんの症状もないのに、検査してどうするのでしょうねぇ。

 

他人に感染させると迷惑がかかるからじゃんねぇ〜。

お前はバカか!!

 

な〜んて、キレられそうですけど。

そもそも。

免疫力の低い人は、新型コロナウイルスに限らず、他のウイルス、細菌にも感染しやすく、重症化しやすいんですよね。

そうなると。

新型コロナウイルスに限らず、他の細菌、ウイルスに対しても徹底した感染予防をしなければならない。

そういった人たちのことを考慮して行動しなければならないとするならば。

例え新型コロナウイルスが世界から消えたとしても、引き続きソーシャルディスタンス、自粛などをしなければならないということになる。

なぜなら、細菌やウイルスがこの世から消え去ることはないですからね。

 

自粛だの、ソーシャルディスタンスだの続けていれば、経済は悪くなる一方で、最悪、日本国民は食うのも困る事態に陥ってしまいますわ。

 

飲食店の倒産が増加中。

 

秋口から、大阪の観光・ホテル業は倒産ラッシュかも。

 

そろそろ、日本人も気付いても良いと思うんですけどねぇ。

テレビの報道を疑わないと。

昨日の記事にも書きましたけど、新型コロナウイルスに感染したとしても、半数以上は無症状で終わる。

しかも残りの80%以上は軽い風邪程度。

死に至るのは、ごく一部の人たち。

なんでそんなに大騒ぎしないとならんのかねぇ。

まぁ、それは何度も書いていますけど、利権絡みがあるからなんですけど。

スポンサーリンク

 

ちょっと前に、スウェーデンの新型コロナウイルスの対策が失敗というのが話題になりましたよね。

集団免疫獲得を目指してロックダウンも何もしなかったのですが、そのせいか、高齢者の死亡者が多数出てしまったんですよねぇ。

集団免疫獲得の傾向も見られず、

 

スウェーデンは失敗した

 

な〜んてことを言われてしまって。

ですが。

そのスウェーデンがどうも集団免疫獲得している傾向にあるようですよ。

 

新型ウイルスの免疫、予想上回る人が保持=スウェーデン研究

新型コロナウイルスの抗体検査で陰性とされた人でも、いくらかの免疫をもっている可能性があるとする研究結果が出た。

スウェーデンのカロリンスカ研究所の研究では、抗体検査で陽性と判定された人数の2倍の人々に、特異なT細胞が見つかった。感染した細胞を特定して破壊するT細胞だ。

これは、COVID-19(新型ウイルスの感染症)の症状が軽かった人や無症状だった人にすらみられた。

しかし、これがその個人を守るだけなのか、他人にCOVID-19をうつすのを防ぐ作用があるのかは、まだ明らかではない。

引用元:

新型ウイルスの免疫、予想上回る人が保持=スウェーデン研究 - BBCニュース
スウェーデンの研究で、新型コロナウイルスの抗体をもたいないとされる人にも、ウイルスをやっつけるT細胞をもつ人が多くいるとの結果が出た。

 

世界各国が感染拡大している中、スウェーデンは収束しているようですよ。

欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」のスウェーデンは収束へ

欧州各国で新型コロナウイルスの感染が急増し、第2波への警戒が高まるなか、ロックダウン(都市封鎖)を行わない「集団免疫戦略」を取ってきたスウェーデンでは、6月後半以降、新規の感染者数が大きく減少している。

WHO(世界保健機構)が今週29日に発表した最新の報告によると、29日までの14日間に確認されたスウェーデンの人口10万人あたりの新規感染者数は、それ以前の14日間と比べて54%減と大幅に減少した。

一方、スペイン、フランス、ドイツ、ベルギー、オランダなど他の欧州各国では、同時期の比較で新規感染者数が40~200%増加した。

スウェーデンでは、直近7日間の新規感染者数の平均値が6月29日以降、下がり続けている。また一日の新規感染者数も、6月24日に過去最多の1803人が確認されて以降は、大きく減ってきている。

直近7日間の死亡者数の平均値で見ても、スウェーデンでは1日の死亡者数が最多の115人となった4月15日前後をピークに減少傾向にある。最新の直近7日間の感染者数の平均値は154人、死亡者数の平均値は2人だ

この戦略は「成功した」?

しかしスウェーデンは、人口10万人あたりの死亡者数で見ると世界で第8位と高い順位にある。累計感染者数で世界第1位のアメリカと第2位のブラジルよりもその順位は高い。

同国の公衆衛生機関の主任疫学者で、ロックダウンを用いない「集団免疫戦略」を先導してきたアンデシュ・テグネルは、先週英ニュースサイト「UnHerd」のインタビューに答え、この戦略が「かなりの程度で」成功したと語った。

スウェーデンでは、他国のようなロックダウンは実施されていないが、テグネルは「社会全体の移動は大きく減少した。北欧諸国で比較すると、スウェーデンの国内移動は近隣国と同じくらい減少している。スウェーデンで実施された様々な自発的な対策は、他国の完全なロックダウンと同様に効果的だった」と語った。

そして「現在、新規感染者数は急速に減少している。医療体制は継続的に機能している。患者を収容する病床は常に余裕があり、病院が混雑して医療が逼迫する事態にもなっていない」と話している。

一方で、「(集団免疫戦略の)失敗と言えば、当然ながら死亡者数だ。これは高齢者ケア施設と大きく関連している。現状、施設の状況は大きく改善され、高齢者施設での死亡者は大きく減少した」と、戦略の失敗点についても語った。

またロックダウンが実施されていれば感染拡大は抑えられたかどうか質問されたテグネルは、「何らかの違いはあったかも知れないが、分からない。ロックダウンのマイナス効果も検証しなければならない。そうした検証はこれまであまり行われていない」と答えている。

引用元:
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/07/post-94077.php

 

もしかしたら、スウェーデンは集団免疫獲得が成功しつつあるのかもしれません。

まだ調査、研究の必要はあるでしょうけども、もし集団免疫獲得成功となれば、ワクチン接種なんて必要もなくなりますからね。

国が製薬会社に余計なお金を支払わないで済むわけですよ。

素晴らしい。

実に素晴らしい。

スウェーデンが集団免疫獲得成功したとなれば、世界はそっちの方向に動けば良いのですが。

でもしかし。

どっかの見えない力でそれをねじ伏せるのでしょーなー。

ワクチンいっぱい接種してもらえれば、お金がいっぱい入ってくるしねぇー。

 

日本も感染拡大しながら、そのうち集団免疫獲得ができるようになっちゃったりして。

でもまぁ、それを阻止するために徹底的にマスクをし、手を洗わせ、ソーシャルディスタンスさせているのでしょうね。

徹底的に防御、除菌、殺菌すれば、免疫獲得の機会を失わせることになりますからね。

しかも。

なるべくステイホームさせることで、運動機会を失わせてますます免疫力を低下させるというねぇ。

人を弱らせ、経済もダメにする。

実に恐ろしい事態ですわ、まったく。

早く、多くの日本人が気づいてくれると良いですけどねぇ。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリック願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました