日本政府は東京オリンピック開催に向けて必死。裏には電通の倒産危機か?

雑談
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

IOCのバッハ会長が、こんなこと言ってますよ。

東京オリンピック、幹部「来夏に開催」発言→IOC会長「文脈の一部」と否定も肯定もせず

 

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は9日、オンライン形式の理事会後に記者会見を開き、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期した東京オリンピック(五輪)・パラリンピックについて、「約300日後のことは分からない」などとして、観客の有無などの開催形式や、開催するかどうかを判断する期限を設定するのは時期尚早とした。

引用元:

東京オリンピック、幹部「来夏に開催」発言→IOC会長「文脈の一部」と否定も肯定もせず
バッハ会長は幹部の発言について、「文脈の中の一部」として否定も肯定もせず、「コーIOCの誰もが目指しているのは参加者全員が安全な大会だ」と話した。

 

なになに??

IOCのバッハ会長は時期尚早って言ってんじゃんよー。

結局、これって日本政府が東京オリンピックを開催したいだけなんでしょ。

東京オリンピックを中止にしてしまうと、やはり電通がエライこっちゃになっちゃうのでしょうね。

無観客でも、大会参加国が少なくても開催・・そんなオリンピック開催しても全然盛り上がらなそう。

アメリカが東京オリンピックに参加しなければ、IOCの放映権収入は半分以下。

全てはアメリカにかかっているのは間違いないと思うのですがね。

 

電通は日本国民をうまく洗脳、コントロールするための機関であり、メディアの中心、トップ企業なのは有名ですね。

電通は日本国民をメディアでコントロールするため、国とずっと関わってきた会社なわけです。

そして、どれだけ電通が黒いのかというと。

電通の前身は満洲国で創設された、満洲国通信社。

設立させたのは、アヘン王と言われた里見甫を中心に、シンゾーの祖父にあたる岸信介、笹川良一、正力松太郎など。

満洲国で、ロスチャイルドに使われながら、世界規模でアヘンを密売していた人たちです。

戦後、A級戦犯として皆さん逮捕されたのですが、どういうわけかその後釈放されて、皆さん資産家に。

ほぼ確実に彼らはCIAエージェントになったからなのですがね。

読売グループの創設者、正力松太郎は公文書でCIAエージェントになっていたことが分かっています。

なので、他の人たちもCIAと密約をし、CIAエージェントになって資産家になったのでしょう。

その代わり、孫子の代までアメリカの犬として働くことになるわけですがね。

スポンサーリンク

 

満洲国通信社は一度解体されますが、戦後、GHQ、CIAの支援を受けながら電通が誕生しました。

CIAの上には国際金融資本家とか、グローバリストとか、闇の支配者とか言われているロスチャイルドさんがいらっしゃる。

そして、電通の親会社はアメリカの広告会社オムニコムグループ 。

そのオムニコムグループは世界第2位の広告会社。

そのオムニコムグループを牛耳っているのが、カナダのブロンフマン家なのだそう。

ブロンフマン家はアメリカの禁酒法時代に、密造酒で大儲けしたそうで。

まぁ、そんなことをしちゃうので、元はギャング、マフィアと呼ばれるような一族だったんですねぇ。

今はどうだか知りませんけども。

あの有名なギャング、アル・カポネの親分だそうで。

怖っ・・

そして、ロスチャイルド家とも親戚関係にあるそうですよ。

 

ちょっと前であれば、電通を叩くメディアは皆無だったのですが、今や叩かれ放題。

電通の親会社は、元マフィアの経営する広告会社ですよ。

普通だったら、電通を叩く日本のメディアがあれば、成敗されてしまいますわ。

それが、叩かれまくって、今は倒産を噂されるほどの会社にまで落ちてしまった。

噂では、ロスチャイルド家から電通は捨てられたとか言われていますしねぇ。

 

電通を失ってしまったら、日本政府も明るみになってしまったら困るようなことが次々に出てきてしまったり、電通の束縛から解放されたメディアが衝撃スクープを連発するのかも。

そして、国民のコントロールはうまくいかず。

日本もアメリカのようなデモが発生して、暴動に・・。

な〜んてことにはならないとは思いますけども。

 

まぁ、電通が倒産危機になれば、必死に国が支援することでしょう。

シンゾーの祖父が電通の前身を作り、シンゾーが愛してやまない昭恵夫人が元電通社員。

ん〜〜〜、闇深い感じしちゃって、ワクワクしちゃいますね。

それにしてももし、ホントに電通が倒産となれば、色んな意味で、衝撃的出来事になります。

まぁ、ないわな〜。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました