仮想通貨に積極的なスイス。ビットコインで納税も。仮想通貨の未来は明るい?

お金
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

最近、マコちゃんは仮想通貨の動向にちょっと注目しておりますよ。

日本では仮想通貨の話題が全然なくなってしまいましたが、海外では活気付いてきている感じ。

そんな中、仮想通貨、ブロックチェーンの先進国スイスがますます積極的な動きをしています。

納税で仮想通貨の受付開始へ

スイスのツーク州で、来年からビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)で税金を支払えるようになることが分かった。

利用できる上限を10万スイスフラン(約1167万円)までとし、個人でも企業でも2021年2月から納税に利用できるようになる。州都のツーク市では、2016年からBTCで税金を支払えるようになっているが、受付を州全体で展開し、ETHを追加する。

引用元:

スイスのツーク州、ビットコインとイーサリアムで納税可能に
スイスのツーク州で、来年からビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)で税金を支払えるようになることが分かった。同国の大手仮想通貨ブローカーBitcoin Suisseがスイスフランに両替する枠割を果たす。

 

ビットコインとイーサリアムで支払い

スイスの保険会社Atupri Health Insuranceは、20万人の顧客に対し仮想通貨ビットコインやイーサリアムでの決済を可能にした。

31日に発表されたプレスリリースによると、仮想通貨を受け入れた保険会社としてはスイス初となる。

仮想通貨ブローカーのビットコインスイス(Bitcoin Suisse)との提携により実現したもので、Atupriがビットコインを保有することはなく、Bitcoin Suisseが支払いソリューションを提供する。

引用元:

スイスの保険会社、ビットコインとイーサリアムでの「仮想通貨決済」可能に
スイスの保険会社Atupri Health Insuranceは、20万人の顧客に対し仮想通貨ビットコインやイーサリアムでの決済を可能にした。仮想通貨ブローカー「ビットコインスイス」との提携で実現した。
スポンサーリンク

 

スイスのツーク州には、仮想通貨企業がたくさん集まっているんですよね。通称、クリプトバレーとも呼ばれています。

 

スイスがこれだけ仮想通貨に前向きだということは、これからの流れは仮想通貨の流れなのではないかと、マコちゃんは妄想しております。

妄想というより、マコちゃんの中では確信に近いような感じです。

なぜなら。

そりゃあ、お金に関することはスイスだからです。

スイスと言えば、山とチーズとアルプスの少女ハイジと、時計と・・まぁ、自然豊かな所って感じですわな。

ただ、日本人にはイメージすらない、黒い部分があるんですねぇ。

 

中央銀行の中央銀行とも呼ばれる国際決済銀行(BIS)は、スイスのバーゼルにあります。

世界各国の中央銀行を束ねる銀行が、スイスにある。

な〜んか、怪しい匂いがプンプンするでしょ。

しかも、世界のVIPがお金を預けていると言われているスイス銀行もありますしね。

スイス銀行には、世界の皇室、エリザベス女王や、ローマ法王もお金を預けているとか。

スイス銀行はマネーロンダリングを行っているのではないかと、よく噂されていますしね。

実は、スイスは非常に黒い国だったりするのです。

 

歴史を遡ると、お金のことはスイスということがなんとなく分かるのですよ。

神聖ローマ帝国時代全盛の時、ハプスブルク家が皇帝位を独占してました。

それに使える貴族たちは、ハプスブルク家に支配されるのを気に食わなかったんですよねぇ。

んで、貴族たちは皇帝に仕えないでも、自分たちは独立してやろうと考えるようになったわけです。

その結果、わざと戦争を起こさせるようになったんですねぇ。

自分たちが戦争をするわけではなく、皇帝に戦争をさせるわけです。

皇帝も戦争ばっかり起きるもんだから、お金が足りなくちゃって。

貴族たちにお金を借りるようになるんですよ。

皇帝は土地を担保に、貴族たちにお金を借りまくるようになります。

 

そのうちに貴族たちはスイスに集結。

スイスはすでにヴェネチアと姉妹都市になっていて、交易が盛んに行われていました。

スイスでは武器の製造、火薬原料の採掘、金属加工が発達。

貴族たちは、農民を傭兵としても育成します。

貴族たちは戦争を起こし、武器を売り、傭兵を貸し出し、戦争を起こしている両者にもお金を貸すということもしていたわけです。

これでスイスの貴族たちは莫大な富を作り上げることに成功したわけですねぇ。

戦争を起こして一儲けという手段、どっかで聞いたことがありますよね。

そう、ロスチャイルド、ロックフェラーも同じことをしていました。

その手法は結局、スイスの貴族たちがやっていたことと同じこと。

ロスチャイルド、ロックフェラー、実はスイスの貴族たちの子分なのでした。

 

そのスイスの貴族の代表が、シェルバーン一族。

シェルバーン一族は今でもスイス金融界のドン。

シェルバーン一族は、ロスチャイルド、ロックフェラーを使って戦争を起こさせ、各国VIPから預かったスイス銀行のお金を使って、戦争を起こしている国々にお金を貸すということを盛んに行ってきたんですねぇ。

 

なんとな〜く、スイスに中央銀行の中央銀行、国際決済銀行があるのが分かるでしょ。

なんとな〜く、スイスが永世中立国なのも分かるでしょ。

世界のお金はスイスに集まっているのであ〜る。

 

そのスイスでですよ。

そのスイスが仮想通貨に積極的なんですからねぇ。

スイスのツーク州では納税をビットコイン、イーサリアムでできてしまう。

ということは、スイスでは、今のうちにビットコインやイーサリアムを確保しようとする動きに出てきている感じがしないでもない。

イーサリアムは発行枚数に制限はありませんけど、ビットコインの発行枚数は2100万枚まで。

世界がビットコインの価値をますます認めるようになれば、その価値はうなぎ登りですよ。

ロスチャイルド、ロックフェラーをアゴで使うシャルバーン一族がいるスイスで、そういった動きになっている。

世界の中央銀行を束ねているスイス、もっというと、世界のお金を発行するスイスが、仮想通貨の価値を見出しているということは・・

 

仮想通貨の時代、

くるんじゃないの?

 

な〜んて、マコちゃんは妄想してます。

 

まぁ、どうなるでしょうねぇ。

ビットコインを5万円でも10万円でも買っておけば、ひょっとしたら将来、100倍、200倍の価値になっているかもしれません。

でも。

無価値になる可能性も十分にあり得ます。

でも。

安いうちに買えるのは今のうち。

庶民は安いうちに買っておかないと、大きい値上がりは期待できません。

それなりの金持ちになれるチャンスか、金を吸い取られるだけか、そのどちらかですけどね。

その判断と、責任はご自分で。

決して、マコちゃんはアナタに仮想通貨の購入を勧めているわけではありませんからね。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました