ビットコイン

経済

エルサルバドル、ビットコインシティ建設へ。円の価値は下がる一方。

ビットコインを法定通貨として取り入れたエルサルバドルでは、仮想通貨推進都市、ビットコインシティの建設を発表。ビットコインシティでは、消費税以外の税金はないとしている。一方、日本の円は円安が続き、価値は下がる一方。円の実力は50年ぶりの低水準まで落ち込んでいる。
お金

財務省、金塊を溜めすぎて指摘される。日本の金保有量は意外と少ない。

財務省が金塊を溜めすぎて、会計検査院から指摘された。記念硬貨を作るために、金塊を購入したそうだが、近年の記念硬貨に使われる金は2t弱。どうしてこんなに金を溜め込んだのか。しかし、日本は意外にも金の保有量が少ない。そして、今、アメリカではビットコインが注目されている。
経済

世界規模でインフレ懸念。ビットコイン、仮想通貨市場が注目を集めている模様。

中国では不動産バブル崩壊の懸念、石炭不足によるエネルギー不足。エネルギー不足は、EU、インドでも。米、英、EUではインフレが進行中。このままエネルギー不足が続けば、世界規模でのインフレの可能性。そんな中、ビットコインをはじめとする仮想通貨市場が注目を集めている。
海外

中国、消費電力削減で世界経済をぶっ壊〜す!?全面禁止でも、中国政府はビットコイン保有量世界第2位。

中国では、石炭不足、そして中国政府による温暖化対策の一環で、電力消費削減を企業に要請している。そのため、工場が稼働できないなどの影響が出てきており、最悪、世界的品不足に陥る可能性も。つい最近、仮想通貨全面禁止になった中国だが、中国政府が多量のビットコインを保有していることが明らかに。
お金

ツイッター、ビットコインの投げ銭、決算可に。中国は仮想通貨全面禁止。裏にトランプ?

ツイッターは、暗号資産(仮想通貨)の投げ銭機能を追加、ビットコインの決算もできるようになった。その報道から、ビットコインの価格が上昇。しかし、その後、中国が仮想通貨の全面的禁止が報道されると、ビットコインの価格が一気に下がった。中国のビットコイン全面禁止の裏にトランプ?
経済

長引くコロナ禍で、ビットコインを支持する国が続々。世界経済、崩壊間近か!?

エルサルバドルでは、ビットコインが法定通貨として認められた。世界銀行やBISは、ビットコインを法定通貨として、認めていない。しかし、長引くコロナ禍で、ビットコインを支持する国が増え始めている。近い将来、世界経済の崩壊間近なのか!?
お金

ビットコインが500万円越え。インフレヘッジにビットコインは必須か?

ビットコインが過去最高値更新を連発している。コロナショックの時は、60万円まで下がったが、今では500万円近辺をウロウロ。テスラ社がビットコインを購入し、他の大企業も追随する見込みで、今後も値上がる可能性が高い。最近ではインフレヘッジとして購入も。
お金

仮想通貨に積極的なスイス。ビットコインで納税も。仮想通貨の未来は明るい?

スイスは仮想通貨に積極的。ビットコインでの納税も認められるようになった。ツーク州ではクリプトバレーと呼ばれる仮想通貨開発業者が集まっている。スイスはある意味、世界のお金の支配国。そんな国で、仮想通貨が受け入れらている。仮想通貨の未来は明るいのかも。
お金

インフレ、預金封鎖対策に、やっぱり仮想通貨かも。

金融緩和でインフレリスクが高まり、最悪、預金封鎖の可能性も出てくる。そうなると、自分の資産をどうやって守るかだ。金は現在高値で推移し、今後も値上がりしてくかも分からない。リーマンショックの時は、金も下げた。そうなると、やはり仮想通貨なのかも。その理由とは。
お金

紙幣変更発表は日本のデフォルトを前もって知らせてる?

んちゃ。 今月で平成が終わって、来月から『令和』。 マコちゃんは『昭和』、『平成』、『令和』の3時代を生きることになるんだけど、恐らく次の元号も生きてる可能性が高い。 昭和後期の生まれだからなぁ〜。ほぼ平...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました