ロックダウンの上海では食料の略奪が始まり、世界経済にも影響。

社会
スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

上海ではロックダウンが続いちゃって、食料の略奪が始まっちゃいました。

 

各地で暴動も始まってるんですって。

 

食料が行き渡らずにこんな事態になっちゃって。

上海市はロックダウン解除するのかと思いきや。

ロックダウンをさらに延長。

 

中国政府は本当に国民を飢え死にさせるつもりなの〜!?

こりゃあ、とんでもないことが起きそうな。

上海市はさすがにヤバ谷園だと思ったんでしょうねぇ。

コロナとの共生を考えていたようですけど、中国政府からの圧力があったようで。

やむなくロックダウン延長となった感じ。

 

ロックダウンは5月まで続くような感じなので。

イヤな予感しかしませんね。

ただでさえ中国人はよく食うし、感情高い人が多いのでねぇ。

下手したらとんでもないことになりそうな。

んで。

中国のロックダウンは、やはり世界経済にも大きな影響を及ぼしそうですよ。

 

おやおや。

もしかして・・。

妄想しちゃいますね。

きっと、読者の人たちも妄想しちゃうでしょう。

中国がゼロコロナを目指している理由は、やっぱりアレなんじゃないの?

そう、

 

グレート・リセット

 

なんじゃないのかねぇ。

中国政府だって、最初からゼロコロナが不可能だってことは分かりきってますでしょ。

でも、やっちゃうんだよねぇー。

だって、グレート・リセットのためだもの。

超絶厳しいロックダウンをすることができるのは、中国くらいなもんでしょう。

そして、感情高い中国人ですからね。

キレたら何しでかすか分かりません。

最悪、中国国内は大暴動が起きちゃって。

軍も出動する事態にもなっちゃうかもしれませんよ。

まぁ、それはちょっと妄想の行き過ぎかもしれませんけどね。

可能性はなくもないでしょう。

しかも。

支配者層って、混乱だとか暴動が大好物ですからね。

スポンサーリンク

 

んで。

中国の不動産市場はバブル大崩壊が着々と近づいておりま〜す。

 

日本では、住宅価格が上がってますけども。

アジアの住宅価格は下がっているようで。

中国人が海外の不動産投資から撤退しているからかも。

 

そして。

中国不動産関連の金融商品のトラブルが相次いでいるようですよ。

 

コロナのロックダウンと相まって、年内には中国の不動産バブルも本格崩壊となるのでしょうね。

そして、その影響は世界にも波及することに。

アメリカではインフレが止まりそうもありません。

https://twitter.com/goto_finance/status/1512033949056630784

 

需要が多いというより、圧倒的にモノ不足が続いている。

インフレが進行し続けてますね。

”露”と”ウ”のドンパチも長期化させようとしてますし。

中国のロックダウン、そして不動産バブルの大崩壊。

世界的にハイパーインフレとなって、グレート・リセットという流れになっていくのでしょうかね。

結局、支配者層は世界をリセットしたくてしょうがない。

庶民は支配者層に付き合って、右往左往してやってんだから、食料とか、生活用品くらいはちゃんとしてくれないとねぇ。

トイレットペーパーはWにしてもらわないと。

シングルじゃなくて、ダブル!!

しかも柔らかめね。

マコちゃんの黄門様は、とってもデリケートなんですから。

グレート・リセットに向けて協力してるんですから、それくらいのワガママは言わせてもらわないと。

でもあれか。

あんまりそういうこと言うと、彼らはすぐに人口削減を考えちゃいますからね。

お口にチャックしていた方がいいのかも。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました