SNSの誹謗中傷防止対策の裏で、言論統制の動き?

社会
スポンサーリンク

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

SNSの誹謗中傷が話題になっているようで。

まぁ、SNSは昔からそんなのありますけどね。

日本でも海外でも最近になって大きな問題になってきている感じ。

 

日本でも、SNSで酷いことを書かれて亡くなった芸能人の方もいましたけども。

SNSは実名も顔も分からないので、気軽に自分の意見などを投稿できますからね。

誹謗中傷も気軽に投稿できてしまう。

そうなると、酷い誹謗中傷を受ける人が少なからず出てきてしまうわけでねぇ。

SNSをしてなくても、勝手に店の名前や、個人名や写真が載せられてしまうな〜んてこともありますしね。

実に、恐ろしい世界になったものです。

 

んで。

アメリカのトランプ大統領を含め、その仲間たちのツイートやフェイスブックの投稿が削除されるようになってます。

 

まぁ、フェイスブックやツイッター、YouTubeなどでは、新型コロナウイルス関連の投稿はWHOに準じていないと、削除したり、アカウントを停止する処置をするみたいですからね。

そのWHOが怪しさムンムンなんですけど。

ただ。

どうもトランプ大統領や、トランプ大統領を応援する皆さんには、SNS企業は厳しい対応をとる感じ。

つい先日も、YouTubeがトランプ大統領の熱烈支持団体のQanonの動画や、アカウントを大量削除しましたし。

 

ツイッターやフェイスブックも同様に厳しい対応をしています。

それはまぁ、簡単に言うと、それらの企業は民主党支持の企業だからなんですけどね。

というか、闇に支配されてしまっている企業というのが正しいのか・・。

 

一般人のアカウントでは、バイデン氏を叩くツイートや投稿が多く。

報道機関のアカウントでは、トランプ大統領をバッシングするニュースを多く取り上げる。

その報道機関も闇の勢力の支配下に置かれているので、そりゃあそうなるのでしょうけどね。

なんとな〜く、SNSも色々と情報操作が行われて、言論の自由もなくなる傾向になってきている感じがしますわな。

なのでアメリカでは司法省がSNS企業に対して、投稿削除の説明責任を求める案を提出してます。

スポンサーリンク

 

んで。

日本では、こんな感じになってきています。

 

日本では、被害者救済を前面に押し出してきている感じがしますけど。

良いっちゃ、良いんですけどね。

誹謗中傷も減少するでしょうし。

ただなぁ〜。

例えば、シンゾーが首相をやっていた頃。

毎週のようにツイッターのトレンドにシンゾーが載っていました。

それだけ、シンゾーはバッシングにあっていたんですよ。

それが彼のお役目だったりもするんですけど。

 

恐らく、こういったことが近い将来できなくなるんでしょーなー。

今の首相、菅ちゃんのバッシングをすれば、

菅ちゃんが、

 

『ワシの悪口の投稿は削除しろ。』

 

と言えば、削除されるのでしょう。

誹謗、中傷はなくなるかもしれませんけどね、政治に対する意見なども誹謗中傷とみなされて、削除されていくことになるのかも。

下手したら、

 

逮捕!!

 

な〜んてこともあるのかも。

ということは。

 

SNSの言論統制や〜。

 

というのが、本当の目的だったりして!?。

日本も徐々に管理社会になりつつある気配。

今日はそんな妄想をしてましたよ。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました