ミャンマーの民主化、クーデターも茶番なのか?

海外
スポンサーリンク

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


日記・雑談(40歳代)ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

 

んちゃ。

今度はミャンマーでクーデターですね。

そのクーデターをきっかけに、エアロビお姉さんが世界的有名人になっちゃいました。

 

BBCも大々的に報道。

 

このエアロビダンス。

井森美幸のエアロビダンスを思い出してしまいますの。

ダンスwww 井森美幸(4ループversion】

 

ミャンマーのお姉さん。

クーデターが起きている最中だというのに、歴史に残るようなダンスで世界を和ませていただいて、実にありがたいことです。

 

んで。

ミャンマーといえば、アウン・サン・スー・チー氏。

ノーベル平和賞も獲得したスー・チーさん。

日本人の多くは彼女の印象は良いでしょうね。

でも。

こんな写真がTwitterで拡散されてました。

 

うっわぁ〜。

オバマとヒラリー。

あらやだ。

スー・チー、やっぱりアンタもあっちの人なんか。

って、おそらくそうなんでしょうね。

スポンサーリンク

 

ミャンマーは昔からアヘンで有名。

今でもミャンマーでは、アヘンでお金を稼いでいるとか。

軍人さんは、アヘンで小遣い稼ぎをしているとかって聞きますからね。

実に闇深い、ミャンマー。

そして、ロスチャイルドとの絡みもある国。

それについて、クロちゃんが詳しく解説してます。

アウン・サン・スーチー拘束!ミャンマー国軍がクーデター、非常事態宣言!中国共産党とズブズブ、イギリスのスパイ説【ノーベル平和賞,習近平,バイデン,MI6,ロヒンギャ】

 

ノーベル平和賞を獲った人は悪人なのかもしれませんね。

マザー・テレサは子供の人身売買に関与していたというのは、有名な話しですしねぇ。

 

んで。

G7は今回のクーデターに関して、非難してます。

 

でも、あの国は非難せず。

 

そう、ミャンマーは中国と仲が良い。

なので、スー・チーさんは中共と仲が良いのであ〜る。

 

今回のクーデターで、ロヒンギャの皆さんは歓喜。

 

今回のクーデターがなぜ起きたのかというと。

不正選挙が行われたというのが理由なようで。

あら。

どっかの国でもそんなようなこと言われてましたけど。

 

ミャンマー軍も中国と仲がよろしいようでねぇ。

んで、ミャンマー国軍と対立を見せているスー・チーさんですけど、そんなスー・チーさんも中国共産党と仲が良い。

って、結局はスー・チーさんと、ミャンマー軍は実は繋がっているんでしょ。

マコちゃんの妄想では、クーデターも茶番にしか思えません。

ミャンマーの民主化なんてのも、茶番でしょう。

スー・チーさんは今頃、ミャンマー軍の幹部と一緒に談笑してたりするんじゃないでしょうかね。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


日記・雑談(40歳代)ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました