アメリカのデモは戦争、超監視社会へのきっかけ作り!?

海外
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク

 

んちゃ。

アメリカのデモ・・というより、暴動は収束しませんねぇー。

ワシントンが燃えてますよ。

燃えてます。

 

 

そしたら、軍が出動したみたいで。

 

 

こんな事態になれば、そりゃあ軍隊も出動させるわなぁ〜。

この暴動の主犯格とされるAntifaというのも、明るみになってきたようで。

計画された暴動というのも明るみになってきた感じです。

https://twitter.com/mel_faith1/status/1266685722469306369

 

 

どういうわけか、街中にレンガがセッティングされているんですよね。

しかも、本物の警察なのか、警察に扮した偽物警察官か分かりませんけど、トラックからレンガを下ろしてる。

これ、完全に暴動を起こす準備じゃんよ。

んで。

暴動している中に、中国人らしき人たちが。

 

 

やっぱりいたか。

んも〜、結局裏には中国共産党がいらっしゃる。

暴動は海外にも飛び火。

 

フランスでも・・

 

イギリスでも・・

 

アマゾンでは催涙スプレーがバカ売れだそうで。

 

新型コロナウイルスの時も銃がバカ売れしましたけど、今回の暴動で引き続き銃がバカ売れ。

よって、銃器メーカーの株価は上がり続けているそうですよ。

 

 

 

ここから、マコちゃんの妄想が始まりますよ。

そして、マコちゃんがどっかから、聞いた話し。

準備はよろしいか?

 

スポンサーリンク

 

新型インフルエンザで、ロックダウン。

家にに閉じ込められて、倒産、廃業、失業。

世界の多くの人々はイライラ、ムカムカですよ。

これも闇の奴らの狙い通り。

人々にストレスを与えるわけですね。

そこに、計画的にデモと称した暴動を起こすわけですわ。

そうするとどういうわけか、ストレスと、不満や不安、怒りに溢れた人々が自然と参加するんですねぇ。

ただ、多くの人々は恐怖に怯える。

そしたら自己防衛するのに、催涙スプレーや銃など買いますわ。

他人は怖いし、不信感。

そうなると、人々はお互いに対立するようになる。

そして最終的にはどうなるかというと。

 

殺し合いが始まる

 

な〜んて事を聞いた事がりますよ。

 

そして。

闇の奴らが戦争を起こすのもどうやるかというと、きっかけを作るだけなんだそうで。

デモやら、暗殺やら・・

とにかく国民が怒り狂うようなきっかけを作るだけなのだそう。

そうすると、国民感情は自然と戦争へと向かっていくのだそうですよ。

 

今回の暴動を仕掛けたのがAntifa、そしてその裏で操っていたのが中国共産党だということだとしたら、アメリカ国民の感情はどうなるでしょうね。

今度はアメリカに住んでいる中国人やアジア人が今以上に差別にあうでしょうし、暴行されるでしょうね。

その報道を中国国内で流せば、多くの中国人はアメリカに対してどんな感情になるでしょうね。

ね。

想像つくでしょ。

 

そうやって、闇の上の人々はきっかけを作っていくだけなんですって。

あとは各々の国民感情に任せるだけ。

 

それから。

これだけ暴動が酷くなれば、多くの国民は

 

もっと防犯を徹底してもらわないと!!

 

って、なるよねぇ〜。

したら、街中に監視カメラを付けたり、個人が特定できるようなシステム作りに賛成する人が増えるでしょう。

体内にチップを入れられても、

 

しょうがない。

 

なんて人が増えるかもしれない。

というか、増えるでしょう。

 

犯罪が減るなら、

別に良いじゃん。

 

という感じに。

つまり、超監視社会に移行するようなきっかけ作りもしているのでしょう。

犯罪が減るかわりに、個人が何処にいて、何を買って、誰と話したか、誰と過ごしたか、ほぼ全て分かってしまう。

着実に、そんな社会に近づきつつあるような感じがしますよ。

でも大丈夫。

マコちゃんがどっかから聞いた話しと、妄想の話しだから。

安心して、今夜もゆっくりお休みなさい。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

タイトルとURLをコピーしました