新型コロナで、中国 VS アメリカ、ヨーロッパ勢。中国はアメリカに嵌められたか?

海外
スポンサーリンク

 

んちゃ。

イギリスのジョンソン首相が回復して何よりでしたけども。

ただ、イギリスは新型コロナウイルスの中国の検査キットが使い物にならず、返金要求してますよね。

 

 

そんな中、今朝、こんなニュースを見て、おったまげましたよ。

中国の新型コロナウイルスの検査キットに、ウイルスがすでに付着していたとか。

 

 

ですが、このニュースに対して。

フェイクニュースという人たちがツイッターで現れましてね。

 

 

 

 

なんだかよく分からん。

まぁ、大手のメディアが報道していませんからね、フェイクニュースなのかもしれないし。

でも、報道規制がかかっていて、報道してないだけなのかもしれないし。

 

ただ。

大手メディアが報道している内容が全て正しいのかといえば、それが何とも言えないわけで。

 

つい前に、ネットではこんな動画が話題になりました。

 

市民レポーターたちの逆襲 (NY / LA)

 

この動画、大手メディアが報道する新型コロナウイルスに関して、真実かどうか市民レポーターが確かめに行くという動画なのですが。

これ、かなり衝撃的ですよ。

 

まずはコチラ。

 

 

この画像、上の部分の画像はアメリカのテレビ局CBSが3月25日にニューヨークの病院の状況を放送したもの。

そして、下の画像はスカイニュースというロンドンに拠点を持つ24時間専門のニュースチャンネルが、3月22日のイタリアの病院の状況を放送したもの。

 

全く同じ。

なぜ?

 

続いて。

コチラ。

 

 

 

翌日、現場のエルムハースト病院に行ってみると。

 

 

すっからかん。

どこ?行列どこよ??

 

スポンサーリンク

 

続いて・・

コチラもエルムハースト病院。

 

 

 

実際に行ってみると。

 

 

続いてはハワイ。

 

 

 

実際に現場に行ってみると・・

 

 

いないじゃんねー。

テストなんてしてないじゃんねー。

 

続いてイギリス。

検査が行われているという仮設の検査テントに行ってみると。

 

 

 

誰もいないし、

検査なんてしないじゃんよー!!

 

なんだかおかしい。

アメリカもイギリスも、新型コロナウイルスの感染者が増えすぎちゃって、大変な事態になっているはずなのに。

って、それはインターネットやテレビでそういう報道がされているから、そう思っているのですけどね。

 

アメリカ、ヨーロッパは、日経の報道だとこういうことを言っているのですが。

 

 

 

アメリカ、60万人も感染者いたら、病院は大変なことになっているはず。

しかも、特にニューヨークは感染者が多いはずなのに、病院には誰もいない。

 

 

なんだか、妄想が・・妄想が行き過ぎてしまう・・。

 

スポンサーリンク

 

マコちゃんの妄想ですと。

 

もしかしたら、アメリカやイギリス、イタリア、スペインなど感染者や死亡者が多い国々。

実は新型コロナウイルスの感染者も死亡者もそれほどいなかったりして??

 

アメリカは中国政府に対して、集団訴訟を起こそうとしてますね。

 

NHKニュース
 
“対応遅れで感染拡大” 米で中国政府を相手に集団訴訟の動き | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200328/k10012355231000.html
新型コロナウイルスの発生源などをめぐってアメリカと中国の両政府が非難の応酬を続ける中、アメリカでは、中国政府の対応の遅れ…

欧州でも中国政府に対して、かなり怒っております。

 

 

マコちゃんの妄想としては。

感染者、死亡者が多く出ている国々が。

 

 

おい、中国!!

テメェ〜、いい加減にせーよ!!

わしの国の国民が新型コロナウイルスでこんなに亡くなってしもうたやないか!!

国民は国の宝や、宝やでぇ〜〜!!!

賠償や、賠償金請求やぁ〜〜!!

 

 

ということを、企んでいるのではなかろうかと。

イタリア、スペインは国の財政が大変な状況だというのは有名ですね。

中国から多額の賠償金を請求し、それを補填するとか企んでいたりして。

アメリカとイギリスにとっては、中国が世界のリーダーになろうとしてるのが気に食わない。

ここで、叩いて、押して、引き伸ばして、ズタズタに引き裂いておかないと、なんて考えているのではないでしょうかね。

 

ドイツは感染者数に対して、死者数が少ないと報道されていますよね。

日本では、ドイツの医療体制が素晴らしいからだとか、報道されていますけども。

確かにそうかもしれませんが、ドイツ、中国と大の仲良しですからね。

中国がコケれば、ドイツもコケてしまう。

なので、アメリカ、イギリスなどのこの企みには、ドイツは参加できないのでは?

マコちゃんはそんな妄想をしてるのであ〜る。

 

 

そして中国は核実験をしたとの報道が。

 

 

 

これも真実かどうか分かりませんけども。

どーも、中国。

アメリカ、ヨーロッパ勢に嵌められているかもしれません。

 

こんな感じだと、ひょっとしたら、アメリカの大統領選が終わった頃、戦争が始まっちゃうのかもしれません。

 

でも、安心してください。

これはあくまでマコちゃんの妄想です。

 

ただ。

報道されるニュースが真実なのかどうか、それも信用できませんからね。

これは以前にも記事にしてますけども。

 

日本のテレビなどの情報を鵜呑みにはしてはいけませんよ。

メディアは国民をコントロールするのにも使われいるのですからね。

それは忘れずにいましょう。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました