MEGA地震予測の村井教授がツイート。1週間、警戒。

自然災害
スポンサーリンク

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


日記・雑談(40歳代)ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

 

んちゃ。

東大名誉教授で、MEGA地震予測をしている村井教授がこんなツイートをしていましたよ。

 

あらまぁー。

どこだか分からんの!?

そりゃ困った。

たしか、村井教授のやっているMEGA地震予測は、70%くらいの確率で地震予測ができているとか言ってましたっけ。

教授がこんなツイートをすると、

もしかして・・

な〜んて、思ってしまいますわ。

でも、どこで起きるかは分からないっていうのがなぁ・・。

まぁ、ピンポイントで当てるなんてことができれば、神ですわな。

スポンサーリンク

 

んで。

年明けに、Yahoo!ニュースの記事で、2021年の巨大地震の予測を村井教授がしてました。

長年懸念されている「南海トラフ」地震は起こるのか? 2021年の巨大地震を専門家が予測(HARBOR BUSINESS Online) - Yahoo!ニュース
’21年は日本列島に激震が走る!? 長年懸念されている「南海トラフ」「首都直下型地震」の兆候は出ているのか? 今もっとも危険な地域はいったいどこなのか? 逃げ場のないコロナ禍のニッポンで、我々が生き

 

その記事に、村井教授が懸念している場所がいくつかあるので、載せておきますね。

昨年9月ごろから観測されていた静岡県沼津市の沈降傾向が大きな地震に繋がらないかと心配しています。富士山周辺、駿河湾沿い、房総半島には警戒が必要です

 

’21年巨大地震予測マップに掲げたうち

③信越地方・群馬県と

⑤房総半島周辺と

⑥富士山周辺・駿河湾沿いが、

村井氏が独自に提唱する「ミニプレート理論」から導き出された、’21年にリスクが高まる地震予測エリアだ。

「日本列島の地下で同一方向に動くいくつかの塊を『ミニプレート』として8つに分類。この動きで境界部にひずみが溜まり、地震が発生するのが『ミニプレート理論』です。現在、信越地方から群馬県にかけてミニプレートの境界に異常変動が見られる。’21年にこの地域に巨大地震が訪れる可能性は高いと考えます」

 

引用記事には、村井教授以外の専門家の見解も掲載されているのですが、結局、日本列島全体で警戒なんですの。

大体こういう記事って、そうなるんだよなぁー。

まぁ、村井教授は、

長野、群馬、千葉、静岡あたりが地震リスクが高いと見ているようです。

 

年初のマコちゃんの妄想予想では、2021年は巨大地震は起きないとしているんですけどねぇ。

妄想予想は、マコちゃんの希望的観測たっぷりですが。

 

東京オリンピック前に巨大地震が起きてしまったら。

さすがに東京オリンピックは中止でしょう。

ひょっとしたら、そんな未来シナリオになっちゃったりして。

そんな未来シナリオは、マコちゃん好きではないですけどね。

もしそんなことになってしまったら。

日本政府の言い訳の選択肢に、巨大地震というのが加わっちゃうからなぁー。

日本政府が事あるごに、新型コロナのせいにしたり、巨大地震のせいにするんですよ。

 

未曾有の大災害。

自然には勝てない、仕方ない

 

とか言っちゃって、

 

日本国民、頑張ろー

 

な〜んて、言っちゃってねぇー。

んで。

まーた税金を上げたりするんでしょ。

復興税あたりが上がるんでしょうかね。

 

まぁ。

1週間ほど、地震を気にしてみても良いかもしれません。

東大名誉教授の方がツイートしてますし。

マコちゃんの妄想では、起きないとしてますがね。

もちろん、希望的観測です。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


日記・雑談(40歳代)ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました