陰謀論

新型コロナウイルス、10年前から計画されていたウイルステロだった!?

スポンサーリンク

 

んちゃ。

最近話題の動画なのですがね。

動画が撮影されたのは、2010年2月16日。

まぁ、陰謀論的な話しではあるのですが、今回の新型コロナウイルスに関することを言っているのではないかという内容。

 

 

1時間近くある動画で、字幕のスピードも早いので、集中して見ないと理解できないかもしれませんけど、時間のある方、興味のある方は見てみてください。

 

動画の内容は、ある一部の限られた人々が、自分たちの計画のために色々な事をやらかそうと、計画しているという内容。

その一部の限られた人々というのが、いわゆる

 

 

『イルミナティ』

 

 

わーお。

まさに陰謀論。

今回動画で話された彼らの計画が

 

 

『アングロサクソン・ミッション』

 

 

動画の内容を簡単に書くと。

 

イスラエルとイランが戦争を始める

 

そして、

 

中国にウイルスをばら撒く。

 

 

ん!?

あれ、これって、今起きてることなんじゃないの!?

って、気づくよねぇ〜。

 

 

イスラエルとイランの戦争はもちろん、そうなるように彼らが仕向けるわけです。

彼らが計画しているわけですから。

そして、

中国にウイルスをばら撒くというのは、彼らが

 

 

ウイルス・テロ

 

 

をやらかすという事です。

ちなみに。

動画での話によると、作られたウイルスは、中国人をピンポイントで殺すようにDNAをいじくった人工ウイルスなんだそう。

 

 

海外では以前から報道されているようですが、新型コロナウイルスには2種類あるそうですよ。

 

スポンサーリンク

 

以前に、ツイッターで、日本、台湾、イタリア、イランでの新型コロナウイルスのDNAを調べたら、それぞれ違う新型コロナウイルスだったというツイートを見た気がするんだけども。

そのツイート消えてしまったようですけどね。

 

確かに、ツイッターなどでは突然人が倒れる映像がけっこう投稿されてました。

以前にブログでも書きましたけど。

 

そして動画では、そのウイルスは中国から世界に広がり、

 

つまり

 

 

パンデミック!!

 

 

になるそうです。

あら・・。

すでにパンデミックも時間の問題みたいなもんですから、イルミナティの計画通りということなのでしょうかね。

 

そんじゃあ、どうしてそんな事をしてるのか。

しかもどうして中国でウイルス・テロを起こしたのか。

 

彼らの目的は、最終的には

 

 

New World Order

新世界秩序

 

 

新世界秩序とは、

 

世界政府のパワーエリートをトップとする、地球レベルでの政治・経済・金融・社会政策の統一、究極的には末端の個人レベルでの思想や行動の統制・統御を目的とする管理社会の実現を指すものとしても使われる

 

引用元:ウィキペディア

 

彼らは全世界、地球丸ごと、徹底した管理社会にするために、こんな事をしているようなんですわ。

以前、記事にも書いたように、彼らイルミナティにとって、

今の人類

 

 

多すぎる!!

 

 

やはり、徹底した管理をするのであれば、人口は少ない方が良い。

そりゃあ、大人数よりも少人数の方が目が届きやすですわな。

今の世界人口は

 

 

約76億人

 

 

彼らはどれくらいに減らしたいのかというと、

 

 

5億人

 

 

今の人類の95%を消したいようで。

うん、こいつら

 

 

相当、イカれてる。

 

 

どうして彼らは中国でウイルス・テロをするのかというと。

それは、中国が力をつけてきて、気に入らないかららしい。

意外と単純な理由で・・。

 

 

どうもイルミナティのメンバーは、白人至上主義の連中ばかりなようですよ。

だから、計画名も

 

 

『アングロサクソン・ミッション』

 

 

そして、彼らイルミナティは終末論的な考えで、今の世の中を終わりにし、自分たち、白人が新しい地球を作るのだという風に考えているようです。

 

まぁ、

 

 

キチガイ宗教

 

 

ですわ。

 

そして、イスラエルとイランの戦争について。

今まで、イスラエルとイランの戦争はないのですが、イラン革命からイスラエルとイランは敵対関係。

 

1979年にイラン革命が起こり、イスラム教強硬派が権力を掌握して以来、イランの指導者はイスラエルの排除を訴えてきた。イランはイスラエルのことを、イスラム教支配地域を違法に占拠する者と位置づけ、同国の存在権を否定している。

これに対してイスラエルはイランを、イスラエルの存在に対する脅威とみなし、イランは核兵器を得てはならないと力説してきた。イスラエルの指導者はイランの中東における影響力拡大を恐れている。

 

引用元:

 

 

今年の年明け早々、アメリカはイランを空爆しましたね。

その空爆で、イラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」のトップ、カセム・ソレイマニ司令官が死亡しました。

このままイランとアメリカは開戦するのかと思いましたけども、アメリカの大統領選が控えているためか、戦争には至らず。

 

もし、アメリカとイランが戦争を始めるとなると、イスラエルも参戦してイランを攻撃するでしょうねぇ。

しかもイスラエルは核兵器も所有しているとか。

そうなると、中東で核戦争が始まってしまう可能性もあるわけで。

 

動画の内容は10年前に撮影されたもので、動画で話しているビル・ライアンさんは自分が話している内容が実際に起きるかどうかは、分からない。でも、起きないだろうと言っている。

 

でも、10年後、彼が話しているような事態に世界はなってきている。

 

イランとイスラエルでは戦争にはなってはいないけども、イランは新型コロナウイルスで大変なことになっていますよね。

 

 

 

 

 

イルミナティの計画は変更されて、中国もイランも新型コロナウイルスで壊滅的な打撃を与えようとしているのかもしれないです。

 

そして、アメリカ大統領選が終わった後、来年の年明けには、アメリカは本気でイランに戦争をしかけるのかもしれませんね。

その時にはイスラエルも参戦し、その地域に絡む国々を巻き込み、

 

 

第3次世界大戦

 

 

に繋がっていくのかもしれません。

なぜかというと、新型コロナウイルスで世界経済は低迷。

景気の起爆剤として、戦争を起こす。

毎度、それが彼らのやり方だからです。

 

まぁ、あくまで陰謀論であって、妄想ですよ。

妄想です。妄想です。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、クリックお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。