トランプ大統領の戒厳令協議にマスコミが騒つく。いよいよか?

海外
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

スポンサーリンク

 

んちゃ。

とうとうマスコミも、トランプ大統領の戒厳令について報道し始めましたよ。

 

トランプ大統領は戒厳令の協議について、報道陣に対し、

 

フェイクニュース

 

と言っているみたいですけどね。

どうなんでしょうねぇ。

戒厳令出しちゃうんかしら。

んも〜、ハラハラドキドキ、ワクワクじゃんよ〜。

 

ただ。

来年の1月6日、次期大統領が決定する選挙人投票の開票日。

ペンス副大統領が選挙人投票の結果を開票するのですが、いつも通りであれば、セレモニー的な感じで終了。

でも今回、ペンス副大統領は今回の大統領選は不正があったとして、開票を拒否することができる、

な〜んてことも言われているんですよね。

ちなみに。

ペンス副大統領は、上院議長という役割もあるのであ〜る。

なので。

上院議長の立場として、不正選挙を理由に開票しないという可能性もあるのだそう。

そうなると。

議会で次期米大統領を選出するということになるわけなのですが。

それまで待つのか。

それとも戒厳令を出して、軍の監視下で選挙をやり直すのか・・。

戒厳令を出したら、アメリカどうなっちゃうんかなぁー。

Twitterなどでは、戒厳令を期待する声が多数ありますけども。

スポンサーリンク

 

トランプ大統領は、現時点でも敗北を認めてませんからね。

土壇場になって、敗北宣言をするとも思えず。

おそらく、何かしらのアクションは起こすと思うんですけどねぇ。

 

もし、戒厳令を発令してもアメリカは大混乱になりそうだし。

ペンス副大統領が不正選挙を理由に、選挙人投票の開票をしなければ、それはそれで大混乱になりそう。

アメリカ国民も大変だ。

すでにアメリカのスーパーでは、商品が品薄になり始めているそう。

 

アメリカ国民も気が気じゃないでしょうね。

アメリカ国内が以前よりも増して、カオスな状況に陥る可能性もありますからね。

米大統領選に、中国やイラン、ドイツなどの海外の国々が干渉していて、国家機関でもあるFBI、CIAの一部の人間も不正選挙に関与していた証拠もありますし。

どうやら連邦最高裁も、奴らのコントロール下にあるようですからね。

トランプ大統領の味方は、軍と一般国民のトランプ支持者。

となると、やっぱ戒厳令出しちゃうかぁ〜?

アメリカ国民の皆さんには申し訳ないですけど、マコちゃん個人的には戒厳令出してもらいたいかも。

米大統領選でこれだけ盛り上がることなんて、普通はないでしょう。

どうなるか、見てみたいですからね。

 

あ、そうそう。

ドイツのフランクフルトで、ドミニオン社のサーバーを押収する際、米軍とCIAが銃撃戦になったという話しがありましたよね。

ブログにも書きましたが。

その映像がTwitterにありました。

ですが、本物かどうか定かではないですよ。

https://twitter.com/kenken_patent/status/1337643215491452928

 

こちらはYouTube。

銃撃音が入ってます。

もう戦争じゃんよ。

この映像がもし本物だったとしたら、一切報道しない日本のメディアがホント、恐ろしい。

おそらく、この情報を知っている日本人なんてほとんどいないでしょう。

いや〜、日本人は完全にメディアにコントロールされてるんだわなぁ。

日本のメディアはこんなんですからね。

 

テレビでコロナコロナ騒いでますけど、こんなことやってたら報道なんて信用できませんわ。

 

それにしても。

2020年も残りあとわずか。

トランプ大統領は年内に戒厳令を出すのか、それとも年明け早々に出すのか。

それとも戒厳令を出さず、ペンス副大統領も何もアクションせず、次期大統領はバイデンに決まってしまうのか。

いよいよ佳境に入ってきましたよ。

ということで、

ぐわしっ!!

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

タイトルとURLをコピーしました