トランプ支持者、ワシントンに集結。BLM創設者、バイデンに見返り要求。

海外
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

米大統領選は、ほぼバイデンに決まり・・というようにしたマスコミですが。

でもまだ次期大統領が確定したわけではなく、トランプ大統領の大逆転、再選の可能性も出てきているようですよ。

んで。

ワシントンでは、大規模なデモが行われているようです。

https://twitter.com/Ayaka_TRUMP2020/status/1327753250095808513
https://twitter.com/LaraLeaTrump/status/1327687246233935872

 

トランプ大統領はこの状況を見て、感動して涙を流したとか。

https://twitter.com/sonkoubun/status/1327859920759263238

 

トランプ支持者のデモの現場にトランプ大統領本人が車で登場・・いや、通過。

 

その後、やはりゴルフを楽しむのでした。

 

まぁ、これといってやることもないのでしょうね。

訴訟や、諸問題は部下の皆さんが奔走中でしょうけど。

それにしてもこの余裕っぷり。

もしかしたら、再選する自信があるのかも。

 

トランプ大統領が再選するには、538人いる選挙人のうち過半数、270人以上獲得すれば良いそうなのですが。

 

マスコミが報道しているのはこんな感じ。

 

こんな数字見ると、トランプ大統領の再選はほぼ不可能に見えますけども。

しかし。

実は、まだまだ集計中、提訴している州もあり、まだバイデンが次期大統領というのは言えないのであ〜る。

スポンサーリンク

 

マスコミ、SNS各社はどーしても、トランプ大統領の再選を阻止したいようで。

アメリカのあゆこと、マケナニー報道官もゲキオコです。

 

でも、アメリカ国民も色々と気付き始めたようです。

高須医院長も感動している、なう。

 

12月8日までに選挙人の過半数をトランプ大統領は獲得しないといけないので、厳しいといえば、厳しい。

でも、大逆転の可能性も少なからずあり得そう。

 

そして、バイデンにはもう一つ、ヤバ谷園になりそうな気がかりなことが。

それがこれ。

米BLM運動の創設者がバイデン陣営に書簡「投票した見返りを」
米人種差別反対運動「黒人の命を大切に(Black Lives Matter、BLM)」グローバル・ネットワークの共同創設者、パトリッセ・カラーズ(Patrisse Cullors)は11月7日、大統領選の民主党候補のバイデン氏らに対して書簡を送り、同組織がバイデン陣営に「6000万票」をもたらしたとし、「お礼がほしい」...

※大紀元 エポックタイムズは、会員登録しないと閲覧できないようになりました。会員登録は無料なので、興味のある方はどうぞ。

 

大紀元によると、BLM運動の創設者が、6000万票をバイデン陣営にもたらしたんだから見返りをくれと、言っているようです。

ん・・。

やっぱり、BLMはやらせか。

BLM運動と称して、アンティファが暴動、破壊行為を行ったのは、やはり民主党が大いに絡んでいたわけですね。

アンティファは、ジョージソロスがバックで操っていたのは、本当なのでしょう。

お金を使って、彼らに破壊行為、暴力行為を行わせた。

全くマスコミは報道しませんけどね。

だって、全米の主要メディアは民主党系ですからね。FOX以外は。

唯一、必死に事実を報道する台湾メディア。

台湾はバイデンが大統領になれば大ピンチ。

そりゃあ、必死に事実を報道するでしょう。

日本のニュースを見るよりも、大紀元やNTDジャパンを見ていた方が、事実を知れると思いますよ。

大紀元時報 | グローバルニュース
世界30カ国以上のグローバル・ネットワークで中国や世界の出来事を、迅速かつ正確に報道しています。特に中国の政治、社会、環境、人権問題など、中国共産党が隠蔽する中国の真実を日本語で伝えるとともに、中国共産党の影響を受けない正統な中国伝統文化の魅力を日本の皆様にご紹介します。
NTD Japan|グローバルメディア
NTD Japanは国内外のニュース、感動・楽しい・ほっこりする記事や動画、役立つ情報をお届けするウェブメディアです。

 

もし。

バイデン陣営がBLM運動の創始者をぞんざいに扱ってしまったら。

彼らはまた破壊行為、暴動を起こしかねない。

今のところ、目立った暴動は起こっていないようですけど、今後はまたアメリカ国内は酷い暴動が起こってしまうのかもしれません。

そうなってくると、もしかしたらトランプ大統領にとったら追い風なのか??

いやいや、そうなると、本当にアメリカ国内は内戦状態になってしまうがな。

怖い、怖い。

んで、遠くの方で、中共がニンマリしてたりして。

あー、ヤダヤダ。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリック願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました