海外

中国、新型コロナの次はバッタ集団襲来、世界的食料危機へ。海航集団破綻で世界恐慌間近か。

スポンサーリンク

 

んちゃ。

最近はテレビを見ていても、中国での新型コロナウイルスの情報が少なくなりましたねぇ。

まぁ、日本が今、新型コロナウイルスで大変な状況になりつつありますからね。

 

 

中国のニュースなんてやってる場合じゃねー!!

 

 

ということなのでしょうか。

 

ただ、中国は新型コロナウイルスの次は、4000億匹のバッタの襲来でヤバイ状況になりそうですよ。

 

中国「イナゴ襲来」大飢饉ピンチ 新型コロナとのWショック

 

 中国にWショック。同国武漢で発生した新型コロナウイルスは中国政府の19日発表で、死者2004人、感染者も計7万4185人に増加した。感染の恐怖が世界中を震撼させるなか、今度はイナゴ(バッタ)の大群が押し寄せて大飢饉をもたらすとの情報が飛び出している。仰天の3600億匹のイナゴが、アフリカ東部から中東、インドを経て、中国に侵入する可能性があると国連の専門機関が警告したのだ。襲われた地域は壊滅的被害を受け、数千万人が飢饉など大災害の犠牲になるというから、未曽有の天災になりかねない。国連食糧農業機関(FAO)が、新型ウイルス感染の“震源地”となった中国当局者に、西部・新疆ウイグル自治区に、近くイナゴの大群が到達すると警告した。米CBSニュースが伝えた。これに対し、中国の当局者は「大群の足取りを追い、警戒しているので心配ない」と返答し「特に現在は冬季なのでイナゴは国境には到達しない」と続けたが…。
 
FAOによると、中東での記録的な大雨と、2回のサイクロンがもたらした大雨により、イナゴの大群はオマーンの砂漠で大繁殖。これまでイエメン、イラン、パキスタン、インドなどで、すでにイナゴの甚大な被害が報告されている。特にアフリカ東部のエチオピアやケニア、ソマリアなどが大被害を被っており、深刻な食糧不足が心配されているという。この地域では、穀物などの作付けから収穫を今の時期から6月にかけて行う。だが、すでに約2000万人の住人が食糧不足に苦しみ、再びイナゴによる被害が襲いかかれば、ここ数十年間で最悪の大飢饉が発生する危機に直面しているとしている。

 

引用元:

 

なんなんでしょうかね、今年は。

神様は2020年で人類を滅ぼそうとでもしているんかなぁ〜。

バッタの大量発生は世界的にけっこうあることのようですけど、ここまでの大量発生は珍しいとのこと。

まぁ、異常気象のせいだとか言っている専門家もいらっしゃるようですが。

これに関しても日本も他人事ではいられないのですよ。

 

日本の食料受給率は2018年度は37%。

6割以上は輸入に頼っているわけですわ。

野菜などももちろん輸入しているわけで、中国では冷凍野菜などを日本に輸出しているわけですよ。

中国は世界最大の野菜輸出国だとも言われていて、年間7億トンもの野菜を生産しているそうですよ。

その中でも生鮮・冷凍野菜に関しては、日本への輸出量がトップだそうで。

 

今後、バッタ集団が中国の畑にやってきて、農作物を食べていく。

そうすると、中国での野菜の収穫量が減る。

そして、輸出する野菜も減る。

もちろん日本への野菜輸出量も減る。

そうなるとどうなるか。

日本は深刻な野菜不足。

もちろん野菜の価格は高騰。

そして、外食産業は野菜の価格高騰のために、値上げ。

冷凍食品なども値上げせざるを得ない状況になるのでしょうね。

 

これから新型コロナウイルスの影響で、益々、日本の景気は悪くなっていくというのに・・。

スポンサーリンク

 

中国の不幸はまだ続くのですよ。

日本ではあまり報道されていませんけど、海航集団という中国の大企業が中国政府の管理下に置かれました。

中国政府の管理下というのは、事実上、倒産。

その海航集団というのは航空事業や不動産、ホテルなどの複合企業で、今回、負債返済のために航空事業を売却したようです。

ただ、負債額が半端ない。

その額、

 

 

16兆円。

 

 

前々から海航集団の経営が行き詰まっていたのようですが、今回の新型コロナウイルスの影響で、事実上、倒産。

海航集団が倒産したことで、今後も連鎖倒産していくでしょうね。

しかも、中国では銀行も次々と倒産しているわけでねぇ〜。

 

 

相当に中国経済はヤバイ。

 

 

そして、中国経済がヤバくなると、

 

 

ドイツがヤバイ!!

 

 

そろそろドイツ銀行が破綻するのではと言われていますけど、海航集団と密接な関係があったわけでしてね。

ドイツ銀行は海航集団に巨額の融資をしていたわけです。

海航集団はドイツ銀行の大株主の時もあったりして。

これ以上、中国企業が倒産を続けていくと、ドイツ銀行の破綻も間も無くなのかもしれません。

なぜなら、ドイツ銀行は債権保証保険(CDS)を大量に保有しているから。

CDSとは、取引先企業が倒産などにより販売代金の回収が不能になった場合、保険金によって損害をカバーしてくれる保険のこと。

 

ドイツ銀行に関してはコチラ。

まぁ、ドイツ銀行が破綻となれば・・

 

 

世界恐慌

 

 

というシナリオが濃厚になりそう・・。

2020年はこの先もまだまだ色々と大変なことが続きそうです。

スポンサーリンク

 

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、クリックお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。