新型コロナウイルス、夏でも流行!?男性ホルモンが多いと、重症化しやすい!?

健康
スポンサーリンク

 

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

 

んちゃ。

マコちゃんの嫌いな冬が終わったので、そろそろ新型コロナさんにも撤収していただきたいのですが。

世界では徐々にロックダウンが解除、規制緩和がされていますけど、解除するとクラスターが発生しちゃうよねぇ〜。

 

 

 

 

 

なんだかなぁ〜。

結局、暖かくなっても新型コロナウイルスはいなくならんのか。

期待外れだわ。

 

ただ。

今年の夏は

 

経験したことのない夏

 

になるそうですよ。

 

2019年は世界的に酷暑だったそうですけど、今年はそれを上回る記録的暑さになるんだそうで。

2020年 気温は史上最高になる
欧米の科学者らの大方の見方では今年、2020年の夏は全世界で酷暑だった昨年を上回る、記録的な暑さになる確率が高い。タイムズ紙が報じている。

 

もしや。

この暑さで新型コロナウイルスはいなくなるのではなかろうか。

と、期待しちゃうのだが。

そう甘くないのでしょうね。多分。

今年の夏は酷暑の上に、感染対策でマスクをする人は熱中症に要注意だそうですよ。

新型コロナウイルスに感染して、熱中症。

最悪だわ。

 

スポンサーリンク

 

んで。

なんとな〜く、マコちゃんは、真夏になっても新型コロナウイルスは蔓延っているのではないかと妄想しているのですよ。

 

なぜか。

 

熱帯・亜熱帯地方では、インフルエンザのピークが1月〜2月。

そして、

 

初夏〜夏にかけてもう一つのピークがくるのだそう。

 

なので、沖縄では真夏でもインフルエンザが流行しているのであ〜る。

ですが。

インフルエンザがなぜ、夏に流行するのかは解明されていないんだとか。

そもそも、冬にインフルエンザが流行するのも温度・湿度がインフルエンザの伝播に関連するなど様々な要因が考えられているようですけど、実は正確には分かっていないそうで。

 

暑くなれば、ウイルスもいなくなると勝手に妄想していましたけど、どうやらそうではないらしい。

ということは。

引き続き、新型コロナウイルスは夏でも

 

絶好調!!

 

なのかも。

 

日本でも休業要請の解除が徐々に始まっているようですけど、油断すると、また集団感染なんてことに陥る可能性はかなり高そう。

現に、海外では徐々に経済活動を開始した結果、クラスターが発生していますからね。

油断はできませんわ。

 

そして。

 

新型コロナウイルス感染で、症状が悪化するのは、男性ホルモンが関与しているのかもしれないですよ。

 

 

アンドロゲン遮断療法とは、男性ホルモンを抑制させるホルモン療法のこと。

もし、コレが本当だとすると。

男性ホルモンがドバドバ放出している人は、新型コロナウイルスに感染すると、重症化しやすということか。

うむ・・

なんとなく、分からなくもない。

 

 

石田純一氏。

歳をとっても男性ホルモンの放出は20代並みなのかもしれない。

そう考えると。

若い男性諸君、感染すると非常に危険だ。

 

やはり、新型コロナウイルスは人口削減を目的としたウイルスだな。

生殖能力の高い男子を抹殺する、恐ろしいウイルス。

やはり、マコちゃんはそう妄想、いや、確信しておりますよ。

厚生労働省のこのツイートCM。

 

 

アマビエさんを利用して、

 

好きな人とも2m

 

イチャイチャ、チョメチョメするなということですわ。

新型コロナウイルス、恋愛をも自粛させるというね。

マコちゃんの妄想では、今年から世界人口は減少すると見ています。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

 

タイトルとURLをコピーしました