賃上げどころではない!?人員削減が本格化?いよいよAIが仕事を奪う。

スポンサーリンク
経済
スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

シャープが早期退職制度を導入しましたね。

 

人員削減が目的ではなく、社員が次のステップを支援するための福利厚生

 

なんて素敵なポエム。

まるで進次郎さんが言いそうなことをおっしゃってます。

でも、ちょっと何言ってるか分かりません。

6ヶ月分の給与を退職金に上積みって、だいぶ少ないですねぇ。

でも仕方ない。

だって、シャープは大赤字を出しちゃったんだもの。

 

シャープの経営陣は人員削減が目的ではないと言ってますけど。

決算を見ると、人員削減にしか思えません。

 

そして。

ソフトバンクGも人員削減。

 

そして、2期連続で大赤字。

 

どっかの金融爆弾が爆発したら、ソフトバンクGは吹っ飛びそう。

テレビでは円安の影響で、大企業の景気は良さそうな雰囲気を醸し出してますけど。

昨年度の決算が出揃って、大企業の景気も大して良くありません。

赤字決算が続々です。

 

赤字にはならなくとも、大幅に減益になっている大企業も多いです。

 

トヨタや任天堂など良い決算のところもありましたけどね。

2月の段階で、上場企業の2社のうち1社は減益、もしくは赤字でした。

 

大企業がこんな感じなので、中小企業はもっと悲惨でしょうねぇ。

日本の実体経済は、全然良くありません。

人手不足、賃上げがウンタラカンタラとマスコミは騒いでますけどね。

人手不足なんてのは安く雇える若者がいないだけで、中高年は余ってるくらいでしょう。

大企業がこんな感じなので、賃上げも続かないでしょうし。

マスコミが景気の悪さを伝えると、日本政府の立場が悪くなりますからねぇ。

テレビなんかは景気の悪さを極力伝えないようにしてるのでしょう。

スポンサーリンク

 

んで。

政府が昨年あたりから学び直しなんてことを言い出してますよね。

失業給付や休業手当の仕組みを見直し、働き手にリスキリング(学び直し)を促す。スキルに応じた成長産業への転職を後押しして賃金上昇につなげる。人材の流動化によって欧米に比べて閉塞感の強かった日本型雇用に風穴を開ける。

 

そろそろ本格的にリストラや倒産がで始めるのかもしれませんねぇ。

政府はその対策としてこんなものを用意したのかなと、マコちゃんは妄想しています。

 

平成の大不況の時を思い出すと。

どんなに資格を取ったとしても、どんなに優秀な大学を卒業していたとしても、多くの企業が求人を出してませんからね。

一生懸命に資格を取って就職しようとしても、就職することがそもそも難しい。

だって、求人が少なすぎるんだもの。

若いから大丈夫だろうと、若者は妄想するかもしれませんけども。

大丈夫ではない。

なぜなら超就職氷河期世代は、新卒の半数は採用されませんでしたからね。

バイトですら採用されない、そんな時代だったんです。

ということは。

これから世界規模の大不況が訪れれば、若い人であろうと仕事にありつけないということが妄想できるでしょう。

今の中国がそんな感じです。

 

成長産業への転職、賃金上昇なんて素敵なことを書いていますけども。

成長産業ではなく、求人を出しても人が集まらないような業種、介護関係くらいにしか行き場がなくなるんですよ。

景気が悪くなれば、飲食などのサービス業、観光、旅行、娯楽関係も軒並みダメになり。

不動産バブルも弾けるでしょうから、土木、建築なんかもダメになります。

こうなると、さすがにマスコミも人手不足の報道はできなくなるでしょうねぇ。

 

こんな状況になれば、就職というよりも、自分で何か仕事を始めるつもりでいないと、かなり厳しいかもしれません。

 

でも、一体何をやったら良いんだか・・

 

って、なるでしょう。

おそらく、多くの人が資格取得を目指すのでしょうけど。

それも良いと思いますけど、それ以上に学ばなければならないツールがあるんですねぇ。

ソフトバンクは従業員にこんなことを言ってます。

 

これからはAIを使いこなせないと、話しにならない時代になってきます。

一生懸命に資格取得に頑張ったとしても。

ChatGPTなどのAIツールを使えこなせる人間の方が、これからは需要があるかもしれません。

 

今のところ、chatGPTを使いこなせる人材はまだまだ少ないですからね。

ある意味、チャーンス!!

今のうちにChatGPTやその他のAIツールを使いこなせるように学習していれば、フリーランスで働くことも可能かもしれませんし、副業、仕事、就職に有利になるかもしれません。

ChatGPTは日常生活でも役にたつので、使えることにこしたことはないでしょう。

新時代はAI、ブロックチェーン、量子コンピュータですからね。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
経済
マコちゃんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました