新型コロナウイルスの経済対策費108兆円は嘘。対策費に太陽光発電、5G、レアメタル。

経済
スポンサーリンク

 

んちゃ。

日本政府は、新型コロナウイルスの経済対策に108兆円ということで、

 

 

ひょっとしたら、給付金貰えるんじゃないの?

 

 

って、期待してたりする人、けっこういるんじゃな〜い?

マコちゃんもその一人だったのですけどね。

でも、貰えないというのが分かったので、今、アタマの中でシンゾーと太郎ちゃんの鼻の中に割り箸を突っ込んで、グイグイ押し付けているところですよ。

 

 

新型コロナウイルス対策で国がお金出すの、実質、

 

 

最大で、

 

39兆円

 

 

なんですって。

 

 

実際に政府が支出するのは最大39兆円?

 

108兆円というのは、この金額を政府が財政支出すると誤解されがちですが(誤解を狙っているのではないかという感もありますが)、実際に政府が支出する金額は39兆円であり、これも実は確実に支出する額という訳ではなく、最大で39兆円規模になるということです。

政府による財政支出が39兆円(何度も繰り返しますが、最大でこの金額です。なおこの政府の財政支出の部分は真水と呼ばれます)で、それに財政投融資(政府が特別な国債を発行して集めた公的な資金を貸し付ける制度)等を加えたものが政府による財政措置になります。

政府による財政措置に政府系金融機関による融資や民間の負担分を加えたものが、事業規模と呼ばれるものです。

簡単に言いますと、政府は最大39兆円の財政支出(真水)をすることを呼び水として、108兆円規模の事業を作り出そうというわけです。決して政府が108兆円を財政支出するわけではないのです。

 

 

一律ではなく「貧困世帯の救済」が狙い

 

それでも最大39兆円の財政支出というのは、過去最大規模の額ではあります。

ただその内訳を見ますと、39兆円のうち26兆円が法人の社会保険や納税の猶予に充当されると言われています。

法人の社会保険や納税の猶予というのは、あくまで猶予であり、どこかでは納めなければいけなくなります。(報道では1年間の猶予と言われていますが)これは実体的には、金利が無いということ以外には、1年返済で納税資金を借りて納税するのとほぼ変わりませんし、純粋に民間の資金が26兆円増えたということにはなりません。

また、6兆円強を低所得者や中小企業に給付すると報道されています。

低所得者への給付ですが、年収換算で住民税非課税水準まで落ち込む世帯が主な対象であり、収入が半分以下となった場合も一定の要件を満たせば対象となる可能性があります。

年収換算で個人住民税非課税の水準まで落ち込む場合、東京23区内に住む会社員で単身世帯は年収100万円以下、専業主婦と子ども2人の4人世帯では年収約255万円以下であれば住民税が非課税となると言われており、アメリカで行われる国民一律の給付とは異なり、貧困世帯の救済という色彩が強いようです。

また収入が大幅に減った中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円の現金を給付するようです(減収幅などの条件はこの原稿を書いている4月7日現在では調整中の様です)。
 
 
 
 

現金給付は6兆円規模に達しない?

 

上記の個人向け、中小企業、個人事業主向けの給付はともに申請制です。

現実にはいろいろな理由で申請しない個人や中小企業、個人事業主は結構多く、6兆円の規模には達しないのではないかという人もいます。

この申請制にするというのは役所がよく使う手であり、申請書自体が複雑だったり、エビデンスを求められたりして断念してしまう人も結構います。

このような役所の申請制による給付は、必ずと言っていいほど複雑な申請内容になります(なぜかと言いますと、虚偽申請等の問題が起こった時、公務員は自分たちの責任にならないようにちゃんと厳しい制度で申請を受けて審査したというエビデンスを残したいためです。今のような危機に瀕した状態でも、このような役所の常とう手段を使ってくるのかと残念な気持ちになりますが…)。 

 

引用元:

 

 

オリーブの木の黒ちゃんが、YouTubeでわかりやすく解説、そして、シンゾーと官僚にとっては余計なことを言ってますので、貼っておきますね。

 

緊急経済対策108兆円の中身を徹底解説!緊急事態宣言::::日経平均、下落、ダウ平均、日銀、FRB、金融緩和、GDPマイナス、円高、株安、破綻、地銀、MMT、現代貨幣理論、金融資産課税

 

ただ、ちょっと対策予算の内訳が、なんとなーく引用元と違う感じなのですが、まぁ、そこは気にせずに。

引用元も、黒ちゃんも

 

 

政府は108兆円も出してねーよ。

 

 

ということを言ってます。

そして、オリーブの木の黒ちゃんの動画、30分程度なので、見るのを諦める人がほとんどでしょう。

なので、画像引用させてもらって、ざっくり解説しましょうね。

 

スポンサーリンク

 

まずはコチラ。

 

 

新型コロナウイルスの対策費用に、

 

 

レアメタルの確保・備蓄

5G設備を促進する金融支援

 

 

なんで、レアメタル?

新型コロナウイルスにレアメタルが効果でるのか??

5Gって、陰謀論では新型コロナウイルスが5Gの電波で感染拡大するってあるけども。

5Gで日本人を新型コロナウイルスに感染させる気か!?

あの、知的好奇心満載のTOCANAだって、こんなこと言ってんだぞ!!

 

 

まぁ、

どさくさに紛れて、通信事業者への支援ということなんでしょうね。

ドコモだとか、auだとか、SoftBankだとか。

 

 

 

続いて、コチラ。

 

 

実際に30万円貰える世帯はどれくらいいるのでしょうねぇ。

そして、新型コロナウイルスの感染が拡大している中、対象者は面倒な手続きをしに、役所へ。

そしたら役所は人でいっぱい。3密の条件が揃っていたりして。

そしたら、なんだか喉が・・なんだか、味覚が・・あ、匂いまで・・

なんてことになったりして。

それを政府は狙ってたりして!?

※追記:オンライン申請もできる様にするそうです。申請する場合は、オンライン申請した方が良いでしょうね。

 

はい、続いてコチラ。

 

 

 

GIGAスクール構想ねぇ・・。

学校に行けなくて、子供たちがホント可哀想・・

なんて言わされているマスゴミ。

マコちゃんからしたら、今の学生諸君は

 

 

幸せ者だよ!!

 

 

と、思うのですが。

学校に行かないで良いなんて、こんな幸せなことないでしょーがー。

学校に行きたくて、勉強したくてしょうがない子供なんて、ほんの一部ですわ。

ほとんどのちびっ子はお家でゆっくりファンタでも飲みながら、ニンテンドースイッチでもして、キャッキャしている方が幸せでしょうよ。

新型コロナウイルス渦で、Eラーニングのシステムを導入って。

それ、できるようになるのいつ??

それ作ったら、今後、学校に登校しないでもよくなるの?

新型コロナウイルス収束してから、システムができ上がっても遅いじゃん?

新型コロナウイルス収束した後も、そのシステム、使われるの?

黒ちゃんが言う様に、NTTに援助してるだけじゃないの??

 

 

 

続きまして、コチラ。

 

 

新型コロナウイルスが収束して、武漢のようにお祝いムードになったら、

 

 

GO TO キャンペーン。

 

 

Twitterでは『GO TO』って、

 

 

命令形かよ!!

 

 

と、突っ込まれてましたけどね。

なので、国民に強制的にどっか地方の観光地に行かせようというキャンペーンなのでしょう。

 

国からの命令ですので、会社は休業補償して、従業員にどっか旅行に行ってこいということになるのですかね。

 

新型コロナウイルスが収束して、なんとか生き残った中小企業も、このキャンペーンで倒産なんてことになりますわな。

中小企業にとってこのキャンペーンは、

 

 

GO TO Bankruptcy(倒産)

 

 

まぁ、この様に黒ちゃんの動画、非常に面白い。

マコちゃんにとってはですけど。

黒ちゃんは、オリーブの木という政党を立ち上げる前、ピープルパワーTVという名前でユーチューバーしていましてね。

あまりに、真実を語っちゃうので、

 

 

コイツ、頭大丈夫か?

奴らに殺されないか?

 

 

って、心配しておりました。

でもまぁ、生きてらっしゃるので、大丈夫なのでしょうね。

黒ちゃんの言っていることは非常にわかりやすく、真実なので、日本国民は皆知っておいた方が良い。

陰謀論だとかで片付けられていた事が、実は真実だったり。

 

つい最近、本も出した黒ちゃん。

今後起きる経済危機など、今、知っておいた情報が詳しく書かれていますよ。

非常に読みやすく書かれています。

ちなみに、予約時点でベストセラーだったのだそうで。

まぁ、それだけ黒ちゃん注目されているのでしょうね。

読むのが苦手な方は、YouTubeで黒ちゃんの動画を見てみるのが良いですよ。

 

 

※画像をクリック、またはタッチすると、Amazonの売り場へジャンプします。

 

 

まぁ、とにかく。

シンゾーは国民にお金を渡すことをしない様なので、みなさん、期待しない様にしましょう。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました