国民に喧嘩うる麻生財務大臣。トンデモ発言しちゃった菅首相。

国内

 

スポンサーリンク

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


日記・雑談(40歳代)ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

 

んちゃ。

最近はアメリカばかりにマコちゃんのサードアイは注目しちゃって、すっかり日本のことなんて注目してませんでした。

ですが。

ひょっとこ太郎さんがまた、国民に喧嘩を売っているようで。

 

はい、出ました。

何かあれば、新型コロナのせいにする。

困った時の新型コロナ。

 

んもー、毎度毎度。

ホント、性格悪いし、態度悪いし、人相も悪い。

太郎ちゃん、良いとこ全然ないじゃんねー。

太郎ちゃんには金しかないじゃんよ、金しかさー。

どーして、太郎ちゃんがまだ政治家でいられるのか不思議でなりません。

 

太郎ちゃん、新型コロナよりも悪なのは、太郎ちゃんでしょ。

何言っちゃってるんだか。

後世に借金を残しても良いのかって、

バーカ。

太郎ちゃん、ホント、バーカ。

力一杯、バーカ。

そんなこと言って国民を誤魔化そうとしてんのか?

バーカ。バーカ。バーカ。

 

そもそも。

今の経済システムだったら、遅かれ早かれ、日本は破綻するでしょーがー。

他の国々だって同じでしょーがー。

国民が一大事な時に、金出さねーって、バカの極みじゃんよ。

さっさと、出すもん出さんかい!!

 

んで。

これは一時話題になったのですが。

太郎ちゃんの会社でもある麻生グループは、民間の火葬場を経営する東京博善を完全子会社化したんですよね。

それ、2019年のお話しですの。

まぁ、日本は高齢化社会がこの先もしばらく続いて行くので、火葬場は儲かるでしょうけども。

このタイミングで麻生グループが出てくるというねぇ。

しかも。

他にもHISの創業者や、村上ファンドの村上世彰氏も東京博善の買収に乗り出していたというんですからねぇ。

な〜んか、怪しい。

詳しくは、こちらをどうぞ。

多死社会の到来:コロナ騒動の裏側で麻生太郎の家業が「葬儀場利権」に触手を伸ばすワケ(後編)=坂田拓也 | 週刊エコノミスト Online
多死社会の超優良企業  都心の火葬を独占してきた東京博善は優良企業である。近年でも従業員200人余りで売り上げ約80億円に対し20億円の利益を出している。住民が反対するため都心で火葬場を新設するのは難しく、多死社会を迎える今後しばらくは利益の伸長が見込まれる。

 

まぁ、多くの人が妄想すると思いますけど。

2019年に火葬場を買収って・・

2020年早々に、新型コロナ、パンデミック・・

 

お前ら、

知ってたやろ?

 

って、妄想しちゃうよねぇ〜。

 

しかも。

太郎ちゃんの娘は、パリのロスチャイルド家に嫁ぎましたからね。

あらヤダ。

アメリカの不正選挙のことといい、新型コロナウイルスのことといい・・パリのロスチャイルド家が絡んでるような噂がありますけども。

んで。

太郎ちゃんの娘の旦那さんは、ヴェオリア・ジェネッツという民間の水道会社を経営してます。

知らない人もいるかもしれませんが、日本では、2018年に水道法が改正されましたよね。

上下水道管理を民間に任せてオッケーというやつです。

それで宮城県は、2022年から水道民営化が始まります。

まぁ、おそらく。

ヴェオリア・ジェネッツが宮城県の上下水道を管理することになるのでしょうな。

海外では水道民営化で、水道料金が上がったり、水質が悪化したりと、民営化は失敗しているところが多いようですけど。

水道民営化できるようにしたのも、太郎ちゃん一族、ロスチャイルド家が一儲けするためなんじゃないの?

な〜んて、妄想しちゃうわけでねぇ。

 

まぁ、以前から、日本の上下水道を民営化しろというお達しが闇の上司からあったのでしょうね。

そのおこぼれを太郎ちゃんがもらったという感じなのでしょうか。

って、ホント、タローちゃん、売国奴。

本物のワルです。

スポンサーリンク

 

そして。

最近、色々と大変そうなガースー。

2階にも気を遣い、太郎にも気を遣い。

福岡と静岡を間違えちゃったりして・・

お疲れのガースー。

そのガースーが思わず言ってしまったようで。

 

国民皆保険制度の見直しが必要みたいなことを言ってしまった。

あちゃー。

それ。

おそらく。

近い将来、国民皆保険制度の見直しをするってことなんでしょうね。

そして。

近い将来、国民皆保険制度の改悪ということになるのでしょう。

こりゃあ、ガースーやっちまったな。

翌日、加藤官房長官が、説明を補足する形でガースーの発言を訂正したようですけどね。

まぁ、国民皆保険制度を見直せと、CSISあたりからお達しがあるのでしょうかね。

ったく、国際金融資本家はやりたい放題だな。

 

近い将来。

新型コロナのせいで増税されて。

医療費がかかりすぎるから、国民皆保険制度が改悪されて。

年金が破綻しそうだから、年金が減らされて・・。

生きてて良いことないじゃんよ〜!!

って、自分から命を経ってしまうのは、太郎たちの思うツボ。

しぶとく生きて、太郎たちが落ちぶれるのを期待して懸命に生きていきましょう。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


日記・雑談(40歳代)ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました