戦場ジャーナリストが語るウクライナのネオナチ

海外
スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

米大統領のジョーが、余計なこと言っちゃったみたいですね。

 

「この男が権力の座にとどまり続けてはいけない」

 

という文章は台本には載ってなかったようで。

米政権がプーチン政権の体制転換を目指しているとも受け取られかねず、演説直後から波紋が広がっているんですってよ。

ジョーったら、気分が良くなっちゃたのかしら。

余計なこと言っちゃってねぇ。

にしても。

ポーランドに行ったジョーは本物のジョーなのか!?

って、テレビ見てて思いましたの。

どーも、最近のジョーは、見るたびに顔が違うような。

どーでもいいんですけどね。

 

んで。

キッシーは防衛大学校の卒業式に出席して、こんなこと言いやがんの。

 

展開次第で戦後最大の危機というのは、キッシーがまた余計なことをロシアと中国にしちゃう場合なんでしょうね。

そして。

キッシーに対する日本国民の評価は上がってるんですってよ。

 

日経もいい加減にしなさいよ、まったく。

たまには政府に刃向かった数字を出しなさいよ。

ホント、面白くない。

 

ウクライナとロシアがドンパチしてから、1ヶ月程度になるみたいですけども。

その影響で、原油や天然ガス、小麦など様々なモノの値段が上がってますよね。

日本はすでにスタグフレーション。

おそらく、他の国々でもその現象は出てきているんではないかと、マコちゃんは妄想しているのですが。

この人もウクライナとロシアのドンパチでスタグフレーションは起きないと言ってます。

 

どいつもこいつもまったく。

まぁ、スタグフレーションが起きるなんてことは言えないのは当たり前。

そんなことを言ってしまったら、金融市場がとんでもないことになってしまうでしょうからねぇ。

でもまぁ、ウクライナとロシアとのドンパチが長引けば長引くほど、世界の人々の生活が苦しくなっていくことは間違いない。

なので、さっさと終わりにしてもらいたいのですが。

コイツはまだドンパチを終わらせるつもりはないようで。

 

いい加減、物乞いするのはやめなさいったら。

自分達でなんとかしなさいよ。

んで、ゼレンスキーはアカデミー賞に出席するような話しまで出てきてます。

 

ったく、ひょっこりはんみたいにどこでも出てくるんだな、お前は。

まぁ、コイツもどーでもいいんですけど。

スポンサーリンク

 

そして。

YouTubeを見ていたら。

戦争ジャーナリストの人がアゾフ大隊のことについて、インタビューされている動画がありました。

これも見ておいた方が良い動画ですので、貼っておきますね。

 

アゾフ大隊は白人至上主義者でもあったというね。

そもそもナチスは人種差別主義ですからね。

動画の中でジャーナリストの人は、アゾフ大隊はイスラム国と同じような組織だと発言しています。

イスラム国もCIAが作り上げた組織。

アゾフ大隊もジョージ・ソロスがウクライナにいるユダヤの資産家、コモロイスキーに資金提供をしてコモロイスキーがアゾフ大隊に資金提供をしているという流れ。

まぁ、ヒドイ。

とにかくヒドイ。

白人至上主義者というのを聞いて、アングロサクソンミッションのことを思い出しましたよ。

以前にも載せた動画ですけど、まだYouTubeにありました。

 

シティ・オブ・ロンドンに集まった、いわゆるイルミナティのメンバーたちの会話の内容。

1時間程度と長い動画ですけど、見る価値はあると思うので、お時間があったらどーぞ。

中国から始まった新型コロナのパンデミック。

この動画がYouTubeに投稿されたのは2010年。

パンデミックはこんな前から計画されていたんだもんねぇー。

しかも。

アングロサクソンミッションということは。

シティ・オブ・ロンドンに集まったメンバーは、白人至上主義者でもあるわけですね。

 

アゾフ大隊が白人至上主義者の集まりだということは、ウクライナ政府もそうなんでしょう。

そんな闇深い政府に金を出している日本政府は、どーかしてますわ。

でも。

誤解してはいけないのは、ウクライナ人=白人至上主義者ということではないですからね。

アゾフ大隊の数は2000人ほどと動画では言ってます。

それに、彼らを支持する人たちなどを合わせると約2万人ほど。

ウクライナの人口が約4200万人なので、本当にごく僅かな人たちがネオナチであり、白人至上主義者ということなんでしょう。

そんな人たちがウクライナ政府の中枢にいるんだもんねぇ。

恐ろしい。

実に恐ろしい。

ただ、ネオナチは世界中にいますのでね。

動画でも言ってましたけど、ロシア国内にだってネオナチはいるんですよ。

支配者層の中にもそんな人たちがいる。

もし彼らのような人たちが世界を支配するようになってしまったら。

白人以外の人種はどうなるんでしょうねぇ。

妄想すると、恐ろしい。

実に恐ろしい。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました