トランプ

雑談

トランプ元米国大統領、Twitterに戻らず。イーロン・マスクは米国大統領の座を狙ってる!?

Twitter社を買収したイーロン・マスクは、トランプ元米国大統領のTwitterアカウントを復活させた。しかし、トランプ大統領はTwitterには戻る理由がないとのこと。自身が作ったSNSを今後も利用していくと発言した。元外務省の原田武夫氏によると、イーロン・マスク氏は、米国大統領の座を狙っているとのこと。
社会

トランプ氏、2024年の大統領選に出馬。2023年は、量子コンピュータの時代が到来!?

トランプ元米国大統領が2024年の米国大統領選に出馬することを表明した。エコノミストが来年年の指標とも目される2023年の表紙を公開。表紙には、習近平国家主席の横に、人工衛星が。中国は、世界初の量子暗号通信衛星の打ち上げに成功している。2023年は量子コンピュータの時代が到来か。
海外

米国、いよいよ中間選挙。共和党が勝てばねじれ議会に。そして、アメリカはデフォルトに!?

11月8日、いよいよ米国は中間選挙。共和党が有利と言われているが、共和党が勝てば、ねじれ議会となり、バイデン政権の政策がなかなか進まない可能性が高い。そして、債務上限問題も浮上するリスクが高まる。政府機関の閉鎖、債務不履行(デフォルト)に陥る可能性も。
海外

邪魔者は排除。3期目の習近平政権がスタート。トランプ元米国大統領が逮捕の可能性!?

習近平氏が正式に3期目の国家主席に就任した。今日から3期目の習近平政権がスタート。団派、上海閥をも最高指導部から排除し、習近平氏に従う人物で、側近たちを固めた。そんな中、FBIがトランプ氏の家宅捜索で押収した文書に、イランと中国に関するセンシティブな情報が含まれていたとのこと。トランプ元米国大統領が逮捕の可能性!?
海外

トランプ氏、FBIから家宅捜索を受ける。中国の制裁で、ペロシ氏の夫の会社が突然の閉鎖。

米国元大統領のトランプ氏は、政府の公文書持出しの疑いで、FBIから家宅捜索を受けた。中間選挙も間近に迫り、民主党からの差金か。台湾を訪問した米国の下院議長のペロシ氏。中国はペロシ氏の台湾訪問の制裁として、香港にあるペロシ氏の夫の会社を閉鎖した。
海外

ウクライナ・ロシア問題は米英が戦争したいだけ?ロシアは戦争する気がない模様。

ロシア・ウクライナ問題で、米国とウクライナで確執が起きている。ウクライナ大統領は欧米が戦争を煽っていると発言。ロシアは再三ウクライナ侵攻はあり得ないと表明しているが、欧米メディアはロシアのウクライナ侵攻はいつ起きてもおかしくないと伝えている。ロシア外相は、戦争は起こらないとも発言している。
海外

米軍トップ、中国に攻撃する前は事前通知すると中国側に連絡。アメリカも2大勢力が対立激化!?

米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長が、昨年10月と今年の1月に、中国側に米軍が攻撃をする際は事前通知すると、連絡をしていた。当時大統領だったトランプ氏に背く行動をしたとして、米国ではミリー氏の退任の声が増している。アメリカでも2大勢力の対立が激化している模様。
社会

トランプさん、若返る。新型コロナワクチンを打てば打つほど、死ぬ確率が上がる!?

中央日報がトランプ元米大統領が若返ったと報じた。比較写真を見る限り、別人に見える。それとほぼ同時に、北朝鮮の金正恩氏がまるで別人だと報じられた。そして。ワクチン接種が進む国々で新規感染者が急増。ワクチン接種すれば、するほど死亡する確率も上がる可能性も。
海外

バイデン、米大統領に無事就任。でも、アンティファが大暴れ。なぜ?

バイデンが無事に米大統領に就任した。2万5000人の州兵がワシントンD.C.に集結したが、一体あれは何だったのか。トランプ大統領は愛国者党という新党を立ち上げる予定だとか。バイデンが大統領に就任下にもかかわらず、またアンティファが暴れ出している。なぜ?
海外

アメリカに向けて、南米から移民が移動中。アメリカは嵐の前の静けさか。

南米から、移民がアメリカに向けて移動中。次期大統領、バイデン氏が移民に対し、市民権を与える法案を提出。その影響かと思われているが、また混乱を起こさせるための企てか。ワシントンD .C.が物々しい雰囲気になる中、街中は静まりかえっている。嵐の前の静けさか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました