竹中平蔵氏、ベーシックインカム月7万円。でも、生活保護、年金はなし。

国内
スポンサーリンク

本日も閲覧していただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

コロナで失業した人が6万人超えになってしまったようですよ。

 

この統計は、失業保険の申請、ハローワークでの登録した人の中での調査結果なので、実際はもっと多いとのこと。

まぁ、アルバイトやパートの雇い止めはもっといるでしょうからねぇ。

 

そして。

求人も未経験者の採用は縮小している模様。

企業は即戦力を欲しがっているそうですよ。

 

企業は人を育てている余裕がないそうで。

う〜〜〜ん。

なんか懐かしい響き。

即戦力・・。

マコちゃん就職活動の時によく聞いた言葉ですわ。

まさに就職氷河期じゃんよ〜〜。

って、マコちゃんはすでに妄想済でしたから、驚きもしませんが。

恐らく、新卒の皆さんは採用人数で、

 

若干名

 

という言葉を企業説明会でよく聞くようになると思いますよ。

そして、誰かしら質問するんですよ。

 

若干名って、何名採用するんですか?

 

という感じで。

んで、大体採用担当者は、

 

例年だと、1名か2名です。

 

という具合に応えます。

まぁ、1名か2名と言われた場合、恐らくコネ採用で埋まると思います。

くれぐれもガッカリしませんように。

 

そして。

夢の国、ディズニーリゾートの契約社員も大変なようですよ。

「半年で収入22万円」ディズニーランドが契約社員に事実上の“退職勧奨”

社員や嘱託社員の冬のボーナス7割カットが報じられた、東京ディズニーランドなどを運営するオリエンタルランド。契約社員には説明会で、勤務の継続を希望する場合の収入は「半年で約22万円」などと厳しい条件を突きつけていたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

 オリエンタルランドは、9月7日から1000人におよぶ契約社員を対象とした説明会を行った。集められたのは、パレードやショーで踊る「ダンサー」や、ミッキーなどに入る「キャラクター」を務める「出演者」と呼ばれる、いわゆる契約社員。千葉県浦安市にある本社の会議室で、契約社員が2、30人ずつ集められ、今後の処遇について説明を受けた。

「週刊文春」はその説明会の音声を入手した。会議室の正面に据えられたスクリーンには次々とスライドが映し出され、音声が30分にわたって流された。

10月以降の勤務について、次の3つの選択肢が提示された。

「出演者を継続する」

「(窓口業務等を担当する)準社員として再入社する」

「9月末に退職する」

 それぞれの収入イメージについて、出演者を継続する場合は「2021年3月までの半年間で約22万円」、準社員で再入社の場合は「約66万円」、9月末で退職する場合は「80万円となります」と説明をされた。あわせて、9月27日11時までにメールで回答するよう指示があった。

説明会では撮影や録音が禁じられ、守秘義務を強調されたという。キャラクターの30代女性が語る。

「この収入では死ねと言われているようなもので、退職するしか道はない。私たちはディズニーが大好きで、子供の頃からここで働くのが夢でした。ゲスト(来場者)の笑顔を見ると辛いことも忘れてしまうから、この仕事を続けてきたのに」

引用元:

「半年で収入22万円」ディズニーランドが契約社員に事実上の“退職勧奨” | 文春オンライン
社員や嘱託社員の冬のボーナス7割カットが報じられた、東京ディズニーランドなどを運営するオリエンタルランド。契約社員には説明会で、勤務の継続を希望する場合の収入は「半年で約22万円」などと厳しい条件を突…
スポンサーリンク

 

ミッキーとその仲間たちも大変ですわ。

いつもゲストの皆さんには笑顔を振りまいて、元気いっぱいなミッキーとその仲間たちですけど。

ゲストが帰った後は、辛い表情を浮かべているのかもしれません。

 

ツイッターのトレンドにも載りましたけど、竹中平蔵氏がまたバカなことを言ったそうで。

 

ったく、へーちゃんもしぶといなぁー。

まだいるのか。

ベーシックインカムが月7万円って、少ないわ!!

最低でも月20万円は欲しいところなんだけど。

って、そんなにくれることはないでしょうけどね。

 

月7万円やるから、

年金と生活保護はなしな

 

って、こと??

若い人は働けばなんとかなるでしょうけど、年寄りは死ねってことなのでしょうね。

へーちゃん、相変わらずワルよの〜。

 

そんでもって、へーちゃんはマイナンバーと銀行口座を紐付けすると言ってます。

というか、近い未来はそうなるということでしょうね。

デジタル庁の設置はそのためにあるのでしょうし。

これで日本国民の財産を一括管理。

税金も取りっぱぐれなし。

ついでに金融資産税もいただきます。

と、いったところでしょう。

管理社会って感じしちゃうわぁ〜。

もうすでにほぼ管理社会なのでしょうけどね。

今以上にすごいことになるんですからねぇ。

恐ろしい。

実に恐ろしい。

 

ただ、こうなってくると、働くのが馬鹿馬鹿しくなってきてしまうよなー。

例えば、地道に会社員として働いたとして。

年齢が上がっても給与が上がらない。

しかも税金だけは毎年高くなる一方。

年金は果たしていくらもらえるのか、いつもらえるのかも分からない。

退職金はいくらもらえるのかも分からない。

そう考えると、恐らく、多くの会社員の人たちは、一生懸命に働いて、真面目に税金を納めたとしても、老後の安泰な暮らしは待ってないと考えるでしょう。

そうなると、ほとんどの人が退職しても働き続けることになってしまう。

つまり。

一生働き続けることになるのですよ。

 

そして。

企業の平均寿命が30年にも満たないって、ご存知?

倒産企業の「平均寿命」 2018年は23.9年:3年ぶりに前年上回る
東京商工リサーチの調査によると、2018年に倒産した国内企業の「平均寿命」は、前年より0.4年伸びて23.9年となった。前年を上回ったのは15年以来3年ぶり。

 

働く多くの人が、中小企業にお勤めしてますよね。

ということは、同じ職場で定年まで働き続けるというのは、難しいというのがよく分かると思います。

一生懸命に会社にしがみついても、倒産してしまえばどうにもならんのですよ。

会社が倒産して、40代、50代、60代・・再就職は厳しいでしょうねぇ。

 

ほらほら。

なんか、将来が怖くなってきたでしょ。

不安になってきたでしょ。

でも、安心していただきたい。

恐らく、このままの経済システムでいけば、多くの日本人が貧乏まっしぐになってしまう。

ということは、今の経済システムはそのうちにぶっ壊れるとマコちゃんは妄想してます。

なので、近い将来、新しい経済システムが出てくるのではないでしょうかね。

それまで、だいぶ大変な時代になりそうですけど。

 

今は闇の支配者の皆さんが、一生懸命に人口削減、自分たちの都合の良いような経済システムを構築するのに躍起になっているのでしょう。

それに争う勢力もいたりするのでしょうしね。

どうなることやらですけども、頑張りすぎず、不安になりすぎず、穏やかに乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2箇所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました