介護保険料が20年前の2倍に。それでも特養老人ホームの利用料を値上げ。

社会

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

高齢者の介護保険料滞納が過去最高だったそうですよ。

 

これ、2019年度の話しなんですよねぇ。

ってことは、コロナ前ってことですわ。

今は65歳以上でも働いている人は、たくさんいらっしゃいますからね。

新型コロナの影響で、雇い止めにあった人たちも多くいるのでしょう。

そんなことを妄想すると、2020年度、2021年度は、2019年度よりも高齢者の介護保険料の滞納は増えているんじゃないかしら?

介護保険料は20年前と比較して、2倍になっているようでねぇ。

年金も減らされて、介護保険料は2倍って・・。

払いたくても払えない人たちの方が多いと思うんですけど。

高齢者にもなって資産の差し押さえって、キッツイというか、ヒドイ話しだわ。

 

そもそも。

老人になっても介護保険料とられるのも、おかしな感じしますけどね。

現役世代に負担をかけないためとか言ってますけど。

現役世代は高齢者も介護保険料を当然納めるべきだと思うかもしれませんけどね。

この感じでいくと、現役世代も高齢者になったら、介護保険料は納めないといけなくなるわけでねぇ。

恐らくその時には、今よりも高い介護保険料を取られるんですよ。

しかも。

もらえる年金額は今の高齢者よりも低いでしょうからねぇ。

今の高齢者よりも生活は厳しくなるのでしょう。

トホホ〜、オヨヨ〜ですよ、まったく。

スポンサーリンク

 

んで。

介護保険料が高くなっているのに、特別養護老人ホームの利用料金が値上がりしてますの。

 「特別養護老人ホームで暮らす母の月額利用料が急に2万2千円も上がった。なぜ今」―。広島市安佐南区のタクシー運転手の男性(53)から編集局に戸惑いの声が寄せられた。8月に介護保険制度の変更があり、所得の低い人向けの食費・居住費の補助が縮小されたという。「あまりに負担が重い」。制度見直しが一部の高齢者の暮らしを直撃している。

 9月下旬、男性は認知症の母(81)が入所する施設の利用料領収書に目を見開いた。8月が3万2120円だったのに対し、9月は5万4130円と1・7倍になっていた。

▼1日の食費が650円から1360円に

▼介護保険料、制度開始時の2倍に

 

こりゃあ、キツイわぁ〜。

特養に入れる人は、ホント限られたラッキーな人たち。

利用料が安いから、多くの人が特養に入りたいわけでねぇ。

でも、これだけ値上げされてしまうと、所得の低い人たちは利用料金が払い切れないでしょう。

特養で暮らす人と、自宅で暮らす人との負担を公平性を図るためとか書いてありますけど。

特養に入所したい人たちが多すぎるから、利用料金を上げて足切りみたいなことしたんじゃないの〜?

って、妄想しちゃいます。

日本国民には生存権があって、国家には生活保障の義務があるんですよね。

日本政府は、その義務を放棄し始めてないかい?

 

そして。

老人を介護するのは、4人に1人が老人でした。

 

介護する人の人材が増えないのは、単純に高給ではないからでしょう。

介護職の平均年収が1000万円だったら、人材の確保はできるでしょうねぇ。

介護職は、キツイ、汚い、危険という3Kが伴うんですよ。

それだけ大変な仕事なのに、給料が低い。

だからほとんどの人がやりたがらないんですよね。

でも〜。

年金だけでは食べていけない65歳以上の人たちが、勤める場所もないので、介護の仕事をしている

な〜んていうケースが多そうな気がします。

 

2025年には団塊の世代が75歳になり、2025年問題なんてことが言われているようで。

今後は老後破綻、介護破綻なんていう言葉が増えてくるかもしれません。

あ、でもアレだ。

最近の日本政府ったら、ネガティブなことは報道させないようにしてますからね。

こういった問題も、蓋をするのでしょう。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました