社会

GESARA、NESARA発動間近か?世界的金融リセットに備えよ。

スポンサーリンク

 

んちゃ。

梅雨明けしてから、暑いわぁ〜。

もう、ホット、ホット。

そしたら、ホットな情報がマコちゃんのサードアイに突き刺さってきましたよ。

どうも、痛いと思った。

そんな事はどうでもよくて。

なんとまぁ、近々、あのNESARA、もしくはGESARAが発動される可能性が高いそうですよ、

奥さん!!

って、

 

 

ナニソレ??

 

 

だよね。

 

簡単に説明しておこう。

 

NESARAとは、

National Economic Security and Recovery Act(国家経済安全保障及び改革法)の略。
 

 

GESARAとは、

 Global Economic Security and Recovery Act(世界経済安全保障及び改革法)の略。

 

 

NESARA、またはGESARAが発動された場合、地球規模の大改革・・

いやいや、

もっと分かりやすく言うと、地球規模で

 

 

金融リセット!!

 

 

になるそうで。

なんかスゴそう。

 

 

NESARAとGESARAの違いは、文字の通り。

National、Global。

国家規模、地球規模。

その国家というのは、アメリカなんだけども。

NESARA法はアメリカの法律だからね。

ただ、NESARAが発動されても、結局はGESARAになるそうで。

 

NESARA法は2000年3月にアメリカの秘密議会で承認されて、その年の10月、クリントン大統領が署名後、合衆国最高裁判所により報道禁止命令(かん口令)が敷かれたということになっているそうでね。

まぁ、NESARA法は公にはなってないってことですよ。 

 そしてその後、アメリカで2001年9月11日に施行される予定だったにもかかわらず、それを阻止する目的で9.11同時多発テロ事件が起こされた結果、施行されることなく現在まで至った、とされているそう。 

 

 

ホンマかいな?

 

 

って、思うわな。

なんか陰謀論的な匂いがプンプンしますよ。

マコちゃんが大好物な匂いですわ。

そしてマコちゃんのサードアイもウズウズしますわ。

 

んじゃあ、実際にNESARA、GESARAが発動されたらどうなるかというと、以下のような事になるそうですよ。

スポンサーリンク

 

1.違法な銀行および政府による活動に由来する全てのクレジットカード、抵当、銀行債務の取り消し。

 

 

2.所得税の廃止。

 

 

3.国税庁の廃止。国税庁の被用者は米国財務省の国内売上税部門に異動する。

 

 

4.政府の歳入となる日常不可欠ではない新品のみに課される一律17%の売上税の創設。言葉を変えれば、食料品と薬には課税されない。
また、中古住宅のような中古品には課税されない。

 

 

5.お年寄りの社会保障給付の増額。

 

 

6.法廷と司法の憲法への回帰。

 

 

7.改変された称号および貴族階級の元来の状態への復帰。

 

 

8.GESARAの公式発布後120日以内の大統領および議会選挙の創設。暫定政府は非常事態を収拾し、憲法に則った法制下に復帰する。

 

 

9.選挙の監視と特定の圧力団体による非合法な選挙活動の防止。

 

 

10.金、銀、プラチナといった貴金属に資産担保された米国虹色通貨の創設。
フランクリン・ルーズベルトによって1933年に開始された米国の破産状態の終結。

 

 

11.米国運輸局による家畜資産債券としての米国出生証明記録の売買の禁止。

 


12.憲法に則った米国財務銀行システムの開始。

 


 
13.連邦準備銀行制度の廃止。連邦準備銀行発効の紙幣が金融システムから完全に排除されるまでの一年間の移行期間に限って、
連邦準備銀行制度は米国財務省の補助的手段として運営される。

 

 

14.金融上のプライバシーの回復。

 


15.憲法の下での全ての裁判官と弁護士の保持。

 

 
16.世界各地における米国軍隊の侵略的活動の中止。

 


17.世界全体における平和の達成。

 


18.人道目的のために集積された莫大な額に昇る前代未聞の資産の放出。


 
19.安全保障上の理由という見せかけの理由によって公開を制限されてきた六千以上にのぼる特許技術の利用可能な状態での公開。
これらの技術にはフリーエネルギー機器、反重力技術、音波治療機器などが含まれる。

 

 

20.現在および将来にわたる地球上でのあらゆる核兵器の廃絶。

 

 

借金もチャラになるし、所得税もないし、世界各地にある米軍基地もなくなるし、新しい平等な金融システムができるし。。

おいおい、なんだかいい事だらけじゃんねー!!

そう思うよねぇ〜。

さっさとNESARAだか、GESARAだかやっちゃってよ!!

そう思っちゃうわなぁ。

 

まぁ、NESARAを発動すれば、アメリカが金融リセット。

そうすると他の国々も

 

 

『じゃあ、うちも。』
『え、お前のところも?じゃあ、うちも。』
『それだったら、うちも!!』
『どうぞ、どうぞ・・。』
 

 

となっていくだろうからね、結局GESARA、地球規模で金融リセットになるってわけだ。

 

金融がリセットとなると、債務国は債務が0になり、債権国は返済されるはずのお金が返済されず。

債務国にとっては、ラッキー。

債権国にとってはアンラッキー。

なので、日本はアンラッキーなんだな。

だって日本は世界一の債権国だからねぇ。

 

ただね、金融がリセットされても、金融のシステムが変わるとすれば、日本国民にとったらどうでもいい事になる。

 

このNEARA、GESARAを発動しようとしているのが、トランプ大統領。

という事は、分かるでしょ。

この情報はQanonからの情報。

 

結局、今の金融システムはほんの一部のエリートが儲かるシステムで、この金融システムを変えない限り、貧富の差は生まれるし、格差も広がっていくわけ。

要は、カバール(闇の勢力)が儲かるシステムなわけだ。

結局、戦争なんてのは、カバールの連中が儲けるために色々と仕掛けるんだよね。

メディアを使って人々に恐怖を与えて、敵対意識を作り上げて。

原発なんて本来はいらないのに、なんで作るのか。

それは儲かる人がいるから。

米軍が世界各地に基地を作っているのはなぜだろう。

やっぱり、儲かる人がいるからだよね。

 

例えば、日本に米軍基地を作ると、色々な施設を作るよね。修繕だって必要だよね。じゃあ、その工事の請負はどこがやっているんだろう?

何も、米軍基地を作るから、アメリカ人にだけ恩恵があるとは限らないんだよね。

 

新しい経済システムが変わるという事は、今ある銀行は全て無くなる可能性もある。

そして、カバール絡みの企業は解体、閉鎖になる可能性もある。

 

なので、NESARAが発動された場合、しばらくは世界的に大混乱が生じる可能性もあるんだね。

まぁ、今まで人類が経験したことがない事が起こるわけだからね。どうなるか想像もつかない。

とりあえず、水、食料、現金は用意しとかないと。

経済システムが変わると、流通関係、小売りなどもどうなるか分からないもんね。

 

まぁ、NESARA法が発動されれば、前から書いているフリーエネルギーが登場する可能性が非常に高い。

フリーエネルギーが登場となれば、電気代はタダ。物価は大幅にやすくなる。他にも公に明るみならなかったテクノロジーも続々と登場する可能性も出てくる。

全人類には非常に有益なことばかり。

 

まぁ、いつものように、マコちゃんの妄想もふんだんに入ってますけどね。

もしかしたら、あなたの借金が消えて、消費税も所得税もなくなって、年金も増えて老後の心配も無くなる。

そんな未来がすぐそこまで来ているのかも。

 

ただね、NESARA、GESARAはだいぶ前からくるくる言われていたけども、なかなか来ずなんだわな。

 

まぁ、期待半分、話し半分程度で良いのかもしれないね。

そう書きながら、マコちゃんは全力で期待、備えちゃうというねぇ・・くほほ。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、クリックお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。