お金

税率世界第2位の日本だけど、未来は明るいかも

スポンサーリンク

んちゃ。

つい最近、ネットでは税金に関する情報で少々話題になってましたよ。

なんと、

税率が高い国ランキングで日本が堂々の第2位!!

税金が高いと言われている北欧勢を抑えての堂々の第2位!!

素晴らしい!!実に素晴らしい!!

日本国民は国への奉仕が半端ない!!

世界を見てもこんなに国に奉仕できる国民はいないでしょう。

って、讃えても虚しくなるし、なんだか気持ちも重くなるし、ムカつくし。

で、追い討ちをかけるようにこんなニュースも。

おいおい、なんだ、なんだ、消費税20%〜26%って。

そんなことしたら、ダントツ世界第1位じゃん!!

全然うれしくないんですけど。

働いても働いてもお金が足りない。

こんな状況になったら、人は最終的に真面目に働かなくなるんじゃないかな。

真面目に働くのがバカバカしくなるもんなぁ。

お給料、ほとんど税金か社会保険料に取られていくんだもんねぇ。

そんでもって、こんな事も言い出してる。

https://twitter.com/wanpakutenshi/status/1118680332885090304

年金が少ない老人が、老体に鞭打って働いてたら、厚生年金を搾取されてしまう。

すでに介護保険料も取られてるのに。

恐ろしい。実に恐ろしい。

で、しまいにはこんな日本に嫌気がさして若者は海外へ。

日本に残るのはほとんどが中高年。

なんてシナリオになったりして。

そもそも税金で国の借金を賄うだなんて無理な話し。

結局最終的にはデフォルト起こして、借金チャラに。

そんでもって新しい紙幣を刷って一からやり直し。

そしてまた借金が積もっていって、またデフォルト。

この繰り返し。

前回書いたように、そろそろ日本はデフォルトになったりして!?

というか、そろそろこの経済システムやめてもらえないだろうか。

誰かとっても賢い人が、うまい経済システムを考えてくれたら良いのに。

なんて、マコちゃんは思うのです。

で、バシャールは地球の経済システムについて、どういっているかというと。

この地球上の経済システムも、少しずつ変わっていき、最終的には今とはまったく違ったものになるでしょう。

日本は、そのような変化が非常に早く進む場所のひとつではあります。でも、そのような変化が起こる必要があると気づくのは日本だけではありません。

そのような変革がどのように起きるか、短く説明しましょう。

まず、地球の人たちは、すべての人々、すべての国々に機能する『普遍的な交換の形』を探すようになるでしょう。

また、経済は、物ではなくて、人間そのものを原資としてベースに置く必要がある、と理解するようになるでしょう。

地球上の技術も、フリーエネルギーを使うアイデアや物質とエネルギーを交換する方法を発見しはじめます。

そうすると、現在の経済状態というものは、まったく変わったものになっていくでしょう。

バシャールペーパーバック⑧ より引用

なるほど〜。

って、ことは、今の日本は、経済システムの転換期に差し掛かっているのかもしれない。

ある意味、大変な時期なんだろうけど、それほど深刻に考えることもなさそう。

だって、ほとんどの人が気づくよね。

こんな経済システムがおかしいって。

みんな今体験しているし。

多くの人がオカシイって、気づけば、そのうちこの経済システムは崩壊に向かうことになる。

そう考えると、日本の未来は明るいかもしれないね。

スポンサーリンク

そして、バシャールが言っているフリーエネルギー。

ほとんどのモノはエネルギーがないと作り出せない。

原発や、火力、水力などで電力を発生させる電気が欠かせない。

その電力を発生させるには膨大なコストがかかる。

でも、フリーエネルギーはほぼゼロに等しいほどのコストで、膨大なエネルギーを半永久的に供給できるというシステム。

しかも送電線も必要なし。電波で地球の何処へでもエネルギーを送れるというシステム。

フリーエネルギーが完成されると、人々の暮らしは一変すると言われているんだよね。

フリーエネルギーといえば、ニコラ・テスラ。

すでにこのシステムは出来上がっているとも言われているんだけど、

未だにこの世には出てきてない。

マコちゃん的には、すでにこのフリーエネルギーは出来上がっているんでないかい??って、思ってる。

実は電気はとっても儲かる商売。

生活にも製造にも必要不可欠。

それを牛耳っている輩がフリーエネルギーが出てきたら、どうなる?

儲けられなくなるよね。

したら、フリーエネルギーは無かったことにしたい。

その証拠に、ニコラ・テスラの研究所は原因不明の火事にあってしまった。

フリーエネルギーに関与するテスラ・コイルなるものも消滅、研究所も消滅してしまったのでした。

そして、テスラの研究所にあった研究資料などが綺麗サッパリなくなったとも言われているんだよね。

そんなこと、誰がやったか。

一説に言われているのが、トーマス・エジソン。

エジソンは電気の商売は儲かると分かっていたからね。

電気を儲ける商売から、ニコラ・テスラのフリーエネルギーは電気をタダにしてやるという、エジソンと真逆の考え。

エジソンにとったら、ニコラ・テスラは邪魔でしょうがないでしょ。

やっちゃうよね〜。

燃やしちゃうよね〜。

消しちゃうよね〜。

エジソン、怖いよね〜。

そして現在においても、エネルギービジネスは儲かる商売になっている。

原発は危ないのは分かっているのに、なんで未だに原発を稼働させようとしているんだろう。

それは誰かがものすごい儲かるからだよね。

『儲かる』というシステムが存在している限り、フリーエネルギーのシステムが出来上がっていも、

フリーエネルギーは出てこない。

フリーエネルギーなんて出させない。

でも、今の経済システムが変わってしまったらどうだろ?

フリーエネルギーが突如出てきて、私たちの生活は一変するかもね。

ああ、やっぱり、ポジティブな妄想はワクワクしちゃうよね〜。

なんだかんだで、未来は明るい。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。