ファーウェイスマホ
テクノロジー

ファーウェイのスマホはアメリカ製と日本製でできあがってる

スポンサーリンク

 

んちゃ!!

HUAWEI、ピンチ!!

Google先生はトランプ大統領のHUAWEI排除策を受けて、HUAWEIからAndroidライセンスを剥奪したそうですよ。

ホンマ、トランプ大統領は怖いの〜。

恐ろしいの〜。

 

 

中国ではGoogleのサービスは使えないし、Googleは中国向けのサービスを展開していないので、中国国内での影響はほぼないそう。

既に出荷されているファーウェイのスマホに関しても引き続き問題なく使えるみたい。

しかもアンドロイドOSはオープンソースなので、引き続きファーウェイはアンドロイドOSは使えるようだよ。

オープンソースってのは、簡単に書くと、アンドロイドのプログラムを誰でも自由に使ってオッケーという意味。

 

んじゃあ、誰が困るのかっていうと、もちろんファーウェイ。

ファーウェイは海外にもスマホ端末を輸出しているよね。最近、日本でもファーウェイの端末持つ人も増えてきてたよね。

その海外向けの商品にはGoogleが提供するGmail、Googleマップなどのソフトウェアが必要。

そのソフトウェアなどを端末に搭載するためにはGoogleのチェックが入って、Googleが許可したものにはGoogleのソフトウェアの使用ライセンスが発行されるそう。

 

要は、ファーウェイが新しい端末を海外向けに作ったとしても、GoogleがGmailなどのGoogleのソフトウェアの使用ライセンスを発行しなければ、海外向けの端末にGmailも、Google Play も、Google マップも搭載することができないってこと。

まぁ、Googleのソフトが一つも使えないスマホなんて、誰も使わんよね。

しかもGoogle Play も使えないとなると、アプリもダウンロードできないし。

こりゃあ、ファーウェイ大打撃だわぁ〜。

しかもね、明日、ファーウェイの新製品発表会なのであ〜る。

 

 

狙ったねぇ〜。

狙ったよねぇ〜、このタイミング。

怖いわぁ〜。

 

中国には他にもXiamoi、OPPO、vivoなどのスマホメーカーがあるけども、もしかしたらこれらのメーカーも標的になる可能性は十分にあるんよねぇ。

 

スポンサーリンク

 

そもそも中国のスマホ、カメラのレンズはソニー製だったり。

ディスプレイはサムスン製だったり。

プロセッサはクアルコム製だったり。

ファーウェイは独自のプロセッサを使っているけども、他の部品も海外の部品に頼ってばかり。

特にファーウェイは日本製の部品を多く取り入れているとか。

 

 

「日本の方々は、テクノロジーやイノベーションによく注目していますよね。ファーウェイ製品に搭載される新しいテクノロジーのかなりの部分は、日本からきています。カメラセンサーはソニー製、液晶パネルはJDI製です。時計などのスマートデバイスの中にも、日本の部品が多く使われています。Made in Japanと言えるくらい、日本の部品の搭載が増えているんです」

「日本メーカーのブランドはグローバルから消えつつありますが、ファーウェイはグローバルに展開しています。我々は日本の部品を搭載した製品を、グローバルに売っているんです」

 

engadget Japan より引用

 

ん??

なんか変だなぁ。

結局、中国のスマホは日本製に近いのか・・。

OSはアメリカ製。

部品は日本製。

で、中国製は?

なんて気になっちゃいましたけども。

 

ファーウェイがアメリカからフルボッコされたら、日本の部品メーカーも多少なりとも被害が及ぶんだろうか。

 

まぁ、今のところ、米中貿易戦争はアメリカが断然有利に見えますね。

今後、どうなることやら。

とりあえず、明日のHUAWEIの新製品発表、楽しみだなぁ〜。

 

でわでわ、今日はこの辺で。

ごきげんよ〜。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、クリックお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。